脚の不快感で眠れない!! むずむず脚症候群ってどんな病気なの??

名前は聞いたことがあるかもしれないむずむず脚症候群って実際どんな病気なの???
そしてどんな症状が出るの??
気になる情報についてまとめてみました!!

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • むずむず脚症候群って何???

  • じっと座っているときや横になっている時に、脚(時には腕にも)に不快感が起こり、「脚を動かしたい」という強い欲求が現れます。この不快感は「むずむずする」「虫が這っている」「ピクピクする」「ほてる」「いたい」「かゆい」など、さまざまな言葉で表現されます。この病気は徐々に進行していくと言われており、一般の方はもちろん医師の間でもまだあまり知られていないため、自分の症状が病気であると気づいていない場合や、病院に行っても医師に理解してもらえないことも少なくありません。
    出典 :どんな症状?|「むずむず脚症候群」って何?
     

    不眠になってしまう人も多いようです!!

  • むずむず脚症候群はこんな感じです!!

     

    中々人に理解してもらえないことが多く辛いようです!!

  • 気になるむずむず脚症候群の症状の特徴!!

  • 脚の不快な感覚と、脚を動かしたいという強い欲求がある
     
    脚の不快な感覚は、「ほてる」「虫が這う」「痛い」「かゆい」などさまざまな言葉で表現され、その感覚は脚の表面ではなく、奥のほうに感じます。また、脚を動かしたいという強い欲求にかられます。
    出典 :むずむず脚症候群の症状 - 4つの特徴 | むずむず脚解消ナビ
  • じっとしている時に症状があらわれる、または強まる
     
    むずむず脚症候群の症状は、ゆっくり座っている時や横になっている時にあらわれたり、強まったりします。また、じっとしていても仕事や趣味などに集中している時は、症状があらわれにくいことがわかっています。
    出典 :むずむず脚症候群の症状 - 4つの特徴 | むずむず脚解消ナビ
  • 脚を動かすことで症状が軽くなる、または消える
     
    脚をこすり合わせたり、さする、たたく、足踏みをする、ひどい場合は歩き回るといった「脚を動かす」ことで、症状が軽くなったり消失します。
    出典 :むずむず脚症候群の症状 - 4つの特徴 | むずむず脚解消ナビ
  • 夕方から夜にかけて症状があらわれる、または強まる
     
    症状は通常、夕方から夜間にかけてあらわれたり、強まります。とくに夜寝る時にあらわれやすいため、不眠の要因にもなります。病気が進行すると、昼間にも症状がみられることがあります。
    出典 :むずむず脚症候群の症状 - 4つの特徴 | むずむず脚解消ナビ
  • 何が原因で起こる病気なの???

  • 続発性むずむず脚症候群の原因となる病気には、鉄欠乏性貧血や葉酸欠乏、糖尿病、慢性腎不全、パーキンソン病、関節リウマチ、下肢静脈瘤、ガン、高コレステロール血症などがあります。特に高齢者や妊娠中の女性は、 むずむず脚症候群 になりやすいので、注意が必要です。
    出典 :むずむず脚症候群の原因・メカニズム [不眠・睡眠障害] All About
  • 高齢者や妊婦の人は特に注意が必要です!!

     

    妊婦の場合は妊娠してる期間だけで後は治ってしまう人も多いようです!!

  • アルコールやカフェインが原因になる場合もあるので注意!!!

     

    アルコールやカフェイン、フェノチアジン系抗精神病薬が、誘因となることもあります!!

  • どうやって治療するの???

  • 治療では、まず、貧血や糖尿病など、原因となる病気をしっかりコントロールします。元の病気が良くなるだけで、むずむず感がなくなってしまうこともあるからです。
    また、カフェインやお酒、タバコがむずむず感を引き起こしやすくするので、これらの嗜好品は避けるようにしましょう。
    出典 :むずむず脚症候群の治療 [不眠・睡眠障害] All About
     

    原因を取り除いてあげると解消される場合も多いようです!!

  • クスリを使って治療することもあります!!

  • それでもまだ、症状が取れないときには、ドーパミンアゴニスト という薬が、まず使われます。むずむず脚症候群の原因は、脳内のドーパミンが少なくなってしまうことです。そのドーパミンと同じような働きをするドーパミンアゴニストを補うことで、症状を軽くするものです
    出典 :むずむず脚症候群の治療 [不眠・睡眠障害] All About