患者さんとご家族の明日の為に【食道がん】

食道がんになると色々な機能が使えなくなる場合が
あるのです
まとめてみました

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食道がんとは

  • 食道はのどと胃をつなぐ管状のぞうきです
    食べ物が通りやすいように内側が粘液を分泌うる粘膜でおおわれています
    食道がんはこの粘膜の表面にある上皮から発生します

  • 日本では

     

    食道がんの約90%は
    扁平上皮癌というがんですが
    欧米では
    腺癌が増加しており胃の食道下部に発生します

    食の欧米化により
    この【腺癌】が増加すると言われています

  • 原因とリスクは

  • 女性よりも男性に多い癌であり、喫煙や大量の飲酒によってリスクが高くなる事がわかっています
    熱い飲食物がリスクを上昇させるという結果も報告されているようです

  • 症状

     

    食べ物を飲み込んだ時に胸の奥が痛む
    熱いものを飲んだ時にしみる
    食道で食べ物がつまる
    体重の減少、胸や背中が痛む、むせるような咳
    血痰が出る、声がかすれる
    などの症状があります

  • 検査と診断はこれらを使う

  • 食道造影検査
    内視鏡検査
    CT,MRI検査
    超音波内視鏡検査
    超音波検査
    腫瘍マーカー
    PET
    があります

  • PETとは

     

    放射性ブドウ糖液を注射し
    取り込みの分布を撮影する事で
    全身の癌細胞を検出する事です

    これはめったに行われませんね

  • 治療法は4つ

  • 内視鏡治療
    手術
    放射線治療
    抗がん剤治療
    があります

  • 対症療法として

     

    食道をそのまま残して、食べ物の別の経路をつくる
    バイパス手術もあります
    十分に食べる事が出来なくなるなどの
    弊害を軽減するために存在しているのです

  • 食道がんの治療では

  • 食道を切除しない科学放射線両方でも
    手術と同等の効果が得られた事もあり
    食べたりという不安があまりない、方法を取る事が
    おおくなりました 

  •  

    しかし、どのような状態であっても
    がんはがんなので転移などが起きていないか
    必ず定期健診をオススメします

    予防として出来るのは
    喫煙と飲酒を適度にする事
    禁煙はする方が良いとされています