【読み聞かせの効果】幼児期の読み聞かせはこんなに良いことづくめだった!!

読み聞かせは良い。

実は幼児期には読み聞かせがとっても大事な役割を担っているんです。

人間形成のうえでも大切な時期なので、是非小さいお子さんには本を読んであげて下さいね。

  • honey 更新日:2013/12/13

view486

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 読み聞かせとは

     

    絵本などを見ながら音読すること。

    集中して話を聞く訓練にもなるんです。

  • 読み聞かせの効果

  • ママの声は赤ちゃんがお腹の中でずっと聞いていた、とてもなじみのある声。側にいるだけで子どもは安心し、親子の絆をより一層深めていく効果があります
    出典 :読み聞かせ、子どもへの8つの効果!
  • 寄り添ったりスキンシップをする中で、自己肯定感や自己信頼感が育ちます
    出典 :読み聞かせ、子どもへの8つの効果!
  • 絵本の中で繰り広げられるストーリーを通して、子どもの想像力が育ちます。想像力はその先に起こることを予測したりイメージしたりする力、さらには先を読む力にもつながる大切な心の筋肉です。
    出典 :読み聞かせ、子どもへの8つの効果!
     

    良い絵本というのは本当に世界に引きこんでくれますよね。


  • 聞く力を育てる。
    言葉から想像する力を育てる。
    本に対する興味を育てる。
    読み手と聞き手の交流

    出典 :読み聞かせ - Wikipedia
  • 登場人物の喜怒哀楽といった心の変化を感じることで脳の大脳辺縁系が働き、子どもの心の情操教育に役立ちます。
    自分の気持ちを踏まえて相手の気持ちを考えられる子に育つため、将来の犯罪予防にも役立ちます
    出典 :読み聞かせ、子どもへの8つの効果!
  •  

    最新の研究によると同じ本を繰り返し読み聞かせた方が、子どもはより速く新しいことを学ぶことがわかったそう。

    なん度も読むと大人になってからも深く思い出に刻まれますよね。

  • 読み聞かせの注意点

  • 大げさに読まず、淡々と。読み手の過度の感情移入は聞き手の想像の余地を狭めるため
    出典 :読み聞かせ - Wikipedia
  • 一語一語はっきりと。子どもに聞きやすく真似しやすいように
    出典 :読み聞かせ - Wikipedia
  • 小さな子どもはまだ心に感じたことを正しく表現する言葉を知りません。せっかくお話で手に入れた感動が、現実にひきもどされるとしぼんでしまいます。感想はできるだけ聞かないようにしましょう。
    出典 :絵本の読み方7つのコツ | ミーテ 絵本読み聞かせ情報
     

    うっかり感想を聞いてしまいそうですが、たしかに現実に引き戻す感は否めないですね。

    余韻にひたらせることが豊かな想像力を育むのでしょうね。

  • どんな本がいい?

  • 聞き手の興味に合わせて選択する。
    出典 :読み聞かせ - Wikipedia
     

    子供は正直なので興味のないものには関心をしめさず、集中力がとぎれてしまうかもしれませんね。

  • 幼児の場合、同じ本を繰り返し読むようせがまれれば、これに応じる
    出典 :読み聞かせ - Wikipedia
  •  

    赤ちゃんの場合は色がキレイで絵が大きいものがいいですね。

  •  

    子供が主人公になって楽しめるお話や、嬉しい、悲しいなど、想像を膨らませる絵本も心の世界を広げていきますね。