アルツハイマー病って一体どんな病気なの?気になる病気の症状とは?気になるアルツハイマー病まとめ!!

アルツハイマー病って一体どんな病気なの???
気になる症状とは???
アルツハイマー病まとめ☆☆

view247

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルツハイマー病って一体どんな病気なの???

  • アルツハイマー病とは???

     

    アルツハイマー病とは、認知症における中核となる病気です。

  • アルツハイマー病は、1906年にドイツのアルツハイマーによって初めて報告されました。最初の症例は51歳の女性で、嫉妬妄想しっともうそうと進行性の認知症にんちしょうを示し、大脳皮質に広範に特有な変性病変が見つかり、従来知られていない病気であることがアルツハイマーによって報告されたのです。この症例は初老期の発病でしたが、アルツハイマー病は高齢者に発病するほうが多く、高齢者の認知症では最も頻度が高い疾患で、全体の50~60%を占めます。
    出典 :アルツハイマー病| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • アルツハイマー病の原因って一体何なの???

  • アルツハイマー病については、1980年ごろの「コリン仮説」以来の活発な研究にもかかわらず、いまだ原因は不明のままです。
    出典 :アルツハイマー病| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • どのようにして進行していくの???

  • アルツハイマー病では、多くは物忘れで始まります。それが徐々に目立つようになり、見当識けんとうしきの障害、判断能力の障害なども加わり、認知症が着実に進行して最後は寝たきりになり、5~15年の経過で肺炎はいえんなどを合併して亡くなります。
    出典 :アルツハイマー病| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    最期は死に至る病気なのです!!

  • アルツハイマー病には程度によって症状が違ってきます!!!

  • アルツハイマー病は60歳前後で発症することが多い病気です!!!

     

    アルツハイマー病の経過はすべての人で同じではありませんが、症状は共通の段階を経て現れると考えられています。ほとんどのアルツハイマー病の人では、最初に症状が現れるのは60歳以降です。

  • きわめて早期にみられる徴候および症状

    記憶障害は、多くの例で、アルツハイマー病の最初の徴候のひとつです。時には、他の思考に関する問題、例えば適切な言葉が出てこなかったり、判断力が低下したりといったことが、早期に最も目立って現れる場合もあります。
    出典 :アルツハイマー病の症状 - アルツハイマー病情報サイト
  • 軽度アルツハイマー型認知症

    アルツハイマー病が進行するにつれて、記憶障害は悪化し、他の認知能力の変化がはっきりとしてきます。問題には以下のようなものが挙げられます。
    ◦迷子になる
    ◦お金の取扱いや請求書の支払いに問題が生じる
    ◦質問を繰り返す
    ◦普通の日常作業をこなすのに時間がかかるようになる
    ◦判断力の低下
    ◦物をなくしたり、おかしな場所に置き忘れたりする
    ◦感情および人格の変化

    多くの場合、この段階でアルツハイマー病と診断されます。
    出典 :アルツハイマー病の症状 - アルツハイマー病情報サイト
  • 中等度アルツハイマー型認知症

    この段階では、言語や論理的思考、感覚処理および意識的な思考を制御する脳の領域に障害が起こります。症状には以下のようなものが含まれます:
    ◦記憶障害や錯乱が悪化する
    ◦家族や友人を認識しにくくなる
    ◦新しいことを覚えられない
    ◦複数の手順による作業(着替え等)が困難になる
    ◦新しい状況へ対応しにくくなる
    ◦幻覚、妄想およびパラノイア
    ◦衝動的行動
    出典 :アルツハイマー病の症状 - アルツハイマー病情報サイト
  • 中等度アルツハイマー型認知症

    この段階では、言語や論理的思考、感覚処理および意識的な思考を制御する脳の領域に障害が起こります。症状には以下のようなものが含まれます:
    ◦記憶障害や錯乱が悪化する
    ◦家族や友人を認識しにくくなる
    ◦新しいことを覚えられない
    ◦複数の手順による作業(着替え等)が困難になる
    ◦新しい状況へ対応しにくくなる
    ◦幻覚、妄想およびパラノイア
    ◦衝動的行動
    出典 :アルツハイマー病の症状 - アルツハイマー病情報サイト
  • 高度アルツハイマー型認知症

    高度のアルツハイマー型認知症の人はコミュニケーションをとることができなくなり、自身の世話を他人に完全に依存するようになります。最終的には、身体機能の低下に伴い、ほとんどをベッド上で過ごすか寝たきりになる場合があります。よく見られる症状は以下の通りです。
    ◦コミュニケーション能力の喪失
    ◦体重減少
    ◦痙攣発作
    ◦皮膚感染症
    ◦嚥下困難
    ◦うめき声をあげる
    ◦睡眠時間の増加
    ◦排便・排尿障害
    出典 :アルツハイマー病の症状 - アルツハイマー病情報サイト
  • アルツハイマー病の危険因子と予防について!!!

  • 様々な事が危険因子になっています!!!

     

    まだ解明されていないことも多いですが生活習慣の見直しなどをしてみましょう!!!

  • アルツハイマー型認知症は、認知症の原因疾患の中では最多です。しかし、アルツハイマー型認知症の病気の原因は、現在まだ分かっておりません。危険因子としては、遺伝因子と環境因子に分けることができます。近年の研究では、遺伝因子よりも環境因子による影響の方が発症に大きく関わっていると考えられています。
    出典 :認知症の危険因子
     

    心当たりがある人は生活習慣の見直しなどをしてみましょう!!!