妊娠中期の低血糖に注意しましょう!

妊娠中期に低血糖を起こしてしまうってほんと?
妊娠初期と比べて摂取するべきエネルギーが不足しているのかも
しれません。対策についてもまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/02/11

view847

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期の低血糖とは?

  •  

    心と体のバランスは血糖値にも繋がっているのですね。

  •  

    低血糖症の症状が少しでも感じられたら素人判断せずに
    きちんと血糖値を測定してもらいましょう。

  • 「飴やジュースを摂る」というのは、低血糖で起きた症状をすみやかに解消するので、処置としては正しいと言えます。しかしまず大事なのは、本当に低血糖で起きている症状なのか、かかりつけ医に相談して確認すること。そして、もしそうした症状が本当に摂取するエネルギーが足りなくて低血糖になって起こっているのであれば、食事を見直して食事で摂るエネルギーを足すことで、症状も出なくなるし、飴やジュースも不要になってくると思います。
    出典 :低血糖になるのはなぜ? 対策は? - gooベビー
     

    自分の体が今どれくらいの血糖値なのかを採血時に聴いておくとよいでしょう。
    体調の変化と比較しやすいからです。

  • 妊娠中期の心配な低血糖について

  • 妊娠糖尿病は妊娠中に糖尿病(耐糖能異常)が判明した場合を言い、妊娠前に糖尿病であった可能性もあります。お産で妊娠が終わると血糖値は正常に戻ることもあります。ただし、妊娠糖尿病になった人は将来、中高年になってから糖尿病になりやすいので、注意が必要です。
    出典 :妊娠中の血糖検査|プレママタウン
  •  

    一番心配ですよね。

  • くよくよせずにきちんと治療しましょう。

  • 妊娠糖尿病の危険には、どんなものがあるでしょうか?
    ○ 妊娠中毒症になりやすい、 胎児が4キロ以上の巨大児になり難産になりやすい
    ○ 流産・早産の可能性が高くなる。 目や腎臓の合併症が悪化する
    ○ 赤ちゃんが産まれた後にすぐ低血糖や呼吸困難になりやすい
    ○ 発育不全や奇形になりやすい
    出典 :妊娠糖尿病について取り上げています【糖尿コラム】
     

    危険な症状です。早期発見が大事なのです。

  • 妊娠中期の低血糖を起こさないための工夫

  • 食事を一日しっかり3食ではなく、5・6食に分けて少しずつ摂ることです。
    なぜなら、身体にとってあまりに長い間食事をしないせいで、体内でブドウ糖を使い果たし、低血糖になるからです。
    出典 :注意!低血糖を防ぐつわり対策の誤った方法|80%の妊婦がつわりを軽減!! つわり対策コンサルタント★ユアンの悪阻対策法
  •  

    安心したマタニティーライフを過ごせますように。

  •  

    いつも繋がっているのです。