【脳のトレーニング方法】ラジオを聴いて脳トレ!

ラジオは視覚情報がないため脳のある部分を活性化させるようです。ラジオを使った脳のトレーニング方法とは?

view397

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ラジオが脳のトレーニングになる!?

  • テレビをつけっぱなしにして、ぼーっと見ているのはいちばん脳にとってよくありません。パターン化されたテレビドラマや、同じ芸能ニュースを何度も見るというのもよくありません。脳の同じ部分だけをゆるく刺激するだけで、使われない部分が多い。最近は画面に説明の文字が出ますが、あれも想像力をじゃまして単に情報を受け取るだけになってしまいます。 つけっぱなしのテレビを見ながら居眠りをするようになったら危険信号。認知症の前触れです。
    出典 :ラジオで脳を鍛える: すべて夢のように
  • ラジオは想像力を喚起し、脳を活性化させるのに役立ちます。

     

    ある医科大学附属病院の院長で脳神経外科医の博士である板倉徹教授のお話より

  • ラジオはテレビやゲーム(ビデオゲーム)とは違い、音だけの情報のため、足りない情報を想像力で補おうとし、「非常に広く脳を活性化することになる」というものです。そのなかでも前頭葉にある「前頭前野」という部分が特に重要だそうです。
    出典 :芸能問題総合研究所Journal:ラジオと「ニセ科学」
  • 前頭前野

     

    意欲や意志を司る部位で、思考や想像をする機能を担っています。記憶を司る「海馬」とも密接に関わっています。他人の気持ちを理解するのも前頭前野の働きで、この働きが低下すると人付き合いができなくなり、社会性が失われると考えられているそうです。

  • 集中力を鍛えるのにもラジオは効果的

  • 情報が少ないから、集中して聞かないと数字などは聴き逃してしまいます。天気予報・ニュースなどはけっこう数字が出てきますが、意識して聴かないと覚えることはできません。毎日ラジオを聴くだけで、集中力のトレーニングになります。
    出典 :ラジオで脳を鍛える: すべて夢のように
  • 何か他のことをしながら聴くことができます

  • ラジオは、何か他のことをしながら聴くことができます。これも、脳の訓練にはとても良い。なぜかというと、同時に二つのことをするというのは、脳にとって負荷になります。初期のアルツハイマー症では、同時に二つのことができなくなります。靴のひもを結びながら人と会話したり、同時に二つのことができるかどうかを診断に入れているお医者さんもいます。
     最初はラジオの内容が頭に残らないかもしれませんが、続けているうちに内容を覚えているようになります。何かをしながらでも、ラジオで関心のあることが出たときに反応できるのは脳が活性化しているからです。
    出典 :ラジオで脳を鍛える: すべて夢のように
  • ニュース・ラジオドラマ・トーク番組が脳のためにはおすすめ

  •  ニュースは、天候の情報や犯人像などを想像してみます。ラジオドラマも、効果音や会話などからその場面を映像としてイメージしてみる。ラジオショッピングなども、その商品をイメージしてみたり、知っているモノであればどう説明するのかを気にして聴いてみるとおもしろい。こういう点では、トーク番組が多いAM放送がいい。
    出典 :ラジオで脳を鍛える: すべて夢のように
  • 効果的に、ラジオを聴く方法

  • ラジオのニュース番組を聴きます。だいたい、5分から15分程度の番組を集中して聴いたら、ラジオを消して、ニュースの内容を箇条書きにします。すべてのニュースを漏らさずに書き出せるようになることが最初のステップ。
     これができるようになったら、箇条書きにしたニュースの内容を絵に描いてみる。誰かに見せるわけではないので、下手でも良い。窓が割られて、宝石店からダイヤが盗まれたというニュースがれば、それを一枚の絵にしてみる。こうすることで、手を使って書くことと描くことをするので、より脳が活性化します。
    出典 :ラジオで脳を鍛える: すべて夢のように
  • スマホユーザーにはラジコが便利!

     

    日本国内どこでもラジオが楽しめます。

  • インストールはこちらから♪

  • ラジオを聴いて脳のトレーニング♪

     

    集中力と想像力を養いましょう!