何とかしたい! 妊娠中の胃痛。原因と対策法まとめ

つら~い妊娠中の胃痛。何とかしたいですよね

胃痛を乗り越えるための対策法をまとめてみました

view41870

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の胃痛、どうして起こるの?

  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響
    妊娠すると、子宮を広げる働きをもつプロゲステロンが分泌されます。
    これにより、全身の筋肉がゆるみ、胃と食道をつなぐ括約筋にも影響が出て、胃酸が逆流して胃痛を引き起こすことがあります。
    出典 :妊娠中の胃痛の原因とは?対策、解消法 | にんぷぶっく
  • 黄体ホルモンの副作用として全身のほかの筋肉も緩んでしまい、食道と胃の間で胃酸の逆流を防ぐ筋肉の弁の緊張も緩めてしまいます。

    そのため胃酸の逆流が起こりやすくなり胃酸が食道を傷つけ胸焼けや胃のむかむか感をおこします。
    出典 :妊娠中に胃痛?妊娠中のひどい胃痛や吐き気の治し方: 妊娠中の胃痛とその原因 妊娠後期の胃痛の原因
  • なるほど、妊娠初期からでも妊婦さんが胃痛を訴えることがあるのは赤ちゃんを育てるための体の変化が思わぬ場所で影響を及ぼしてしまうからなんですね。

  • ストレスが原因かも・・・

     

    妊娠中は精神的にも不安定になりがち。

    ストレスを敏感に感じ取る臓器である胃が、そんな妊婦さんのストレスに反応してしまっていることも・・・

  • 逆流性食道炎になっていることも・・・

     

    胃が圧迫され、胃酸が逆流しやすくなっているので、途中から逆流性食道炎になってしまうことも・・・

    元々、逆流性食道炎をもっている妊婦さんはさらに悪化させてしまうこともあるので注意が必要です

  • 子宮が胃を圧迫してしまう

     

    赤ちゃんの成長と共に大きくなっていく子宮が胃腸を圧迫してしまいます

  • 妊娠後期ともなると、今度は大きくなった子宮に圧迫されちゃうんですね・・・
    妊娠中の胃痛はどうやら避けては通ることができないようです。

    でも、何とか少しでも楽に過ごすことができる方法はないのでしょうか。

  • 妊娠中の胃痛、解消法

  • 消化のよい食べ物を食べる

     

    お腹に優しい消化の良い食べ物を選ぶようにしましょう

  • 食べる量を減らして回数を増やす

     

    1度に食べる量を減らしましょう

    一気に食べるのではなく、少しずつ食べることで胃に負担がかかりにくくなります

  • ヨーグルトを食べる

     

    胃酸をコントロールしてくれる効果があります。
    実際、妊娠中に胃痛を感じていた妊婦さんが胃痛対策としてヨーグルトを食べていることは多いです

  • 胃酸過多が原因の場合は、胃酸の分泌をおさえるのに効果的な食品があります。代表的なものがヨーグルトです。乳酸が胃酸の分泌をコントロールしてくれます
    出典 :妊娠初期 胃痛
  • 胃酸過多に牡蠣も効果あり

     

    牡蠣に含まれているカルシウムには神経を沈静化する作用があるといわれています。
    また、胃酸過多にも効果があるとも。


    ただし、食べるときはしっかりと火を通すことを忘れずに・・・

  • 横になるのではなく、座る

     

    横になると胃酸が逆流しやすくなるのでよけい胃痛をひどくしてしまうことがあります。

    食後すぐも横にならず、しばらく座っておくようにしましょう

  • お腹をあたためてあげる

  • 妊娠中の胃痛は、いわば赤ちゃんがしっかり成長している証拠。
    とはいえ、やはりつらい症状ですよね・・・
    自分にあった解消法を見つけて、胃痛を軽減し、マタニティライフを楽しみましょう。