「ホルモン療法剤」について

乳がん時に用いられる「ホルモン療法剤」
いくつか種類もあるので、まとめました。

  • S 更新日:2013/12/06

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳がんとは

  • そもそも乳がんとは、悪性の乳腺細胞が増殖したものです。
    女性ホルモン濃度が高い場合、リスクが上がる可能性があります。

  • ホルモン療法剤の種類

  • エストロゲン産生を抑えるなどの、がん細胞の増殖を抑制する必要のある人もいます。
    その場合に使用可能なホルモン療法剤は、以下の通りです。


  • 「LH-RHアゴニスト製剤」
    「アロマターゼ阻害剤」
    「抗エストロゲン剤」

  •  

    作用する順番も決まっています。

  • 抗がん剤と比べると、副作用が現れにくいです。
    この方法は、ホルモン感受性乳がんに効果があり、術後の補助療法や再発乳がんの治療に用いられています。

  • ホルモン療法剤は、乳がん時にも使用されている

  • 閉経前と閉経後とでは、少し異なります。
    それぞれの方法などを記載します。

  • 閉経前の場合。
    卵巣からエストロゲンが分泌され、乳がん細胞の増殖を止めます。

  • 閉経後の場合。
    アロマターゼ阻害剤投与により、エストロゲンを減らし、乳がん細胞の増殖を止めます。

  • 投与期間

  • 閉経前か閉経後かにより、投与期間も異なります。
    また、途中で切り替える事も可能です。

  • 閉経前は、月1回ないし3カ月に1回、皮下に注射。
    閉経後は、1日1回の服用。

    術後補助療法にLH-RHアゴニスト製剤を使用する場合、2年間投与。
    抗エストロゲン剤は5年間投与。