無事に出産するために、妊婦さんの時期を安全安心で過ごしましょう

赤ちゃんがおなかにいるという事は、赤ちゃんをお母さんが育てているという事です。お母さんが吸う空気も食べ物も、全てが赤ちゃんの体つくりに関係してくるのです。神経質になることはありませんが、赤ちゃんにとって最良の環境を作ってあげましょう

  • pocca 更新日:2013/12/31

view426

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦として心がけるコト!!

  • 【癒しの動画】 海・波の音・砂の音・水の音 - YouTube

     

    心を優しく保ちましょう。

  • ストレスをためない!!

  • 悩んだりくよくよしたりをしない!!

  • 【癒しの動画】高原に響く小鳥達の声と爽やかな画像18枚 - YouTube

     

    マイナスイオンがあふれている感じがいいですね

  • 葉酸をいっぱい摂取した方がいい

  •  

    食べ物なら、ほうれん草やモロヘイヤがお勧め

  • に妊娠初期は子供の臓器が形成される期間なので、一番大事な時

  •  

    妊娠初期は、飲み薬はもちろん、塗り薬にも木を付けた方がいいようです。目薬も体に吸収されるものですから、妊娠初期に使用する薬に置いては、お医者さんに聞いてみましょう

  • 砂糖と塩の取りすぎ??もダメ(カロリーオーバーと妊娠中毒症を防ぐため)

  •  

    当たり前ですが、タバコは厳禁です。受動喫煙もダメ

  • 接種しすぎはなんでもダメ!

  •  

    私事ですが、妊婦のときに毎日牛乳を1リットル飲んでいたら、子供が牛乳アレルギーになってしまいました。

    真偽はお医者さんに聞いてもよく分かりませんが、過度な摂取はよくないようです…

  • 赤ちゃんの事を想ってほんわかした気持ちで過ごす。

  • 妊婦の時期は10か月ほど、長い人生の中でそう長いものではありません。子供の一生にかかわると思えば、10か月の間、赤ちゃんの為の大切な時期を過ごしてみましょう。

    10か月後、可愛い赤ちゃんの顔が見れる幸せを日々感じてみてください(*^_^*)