どうにかしたい!睡眠中の歯ぎしり

夜寝ているとき、ギリギリ…という音が聞こえて来た事はありませんか?
家族が歯ぎしりをしている音です。
もしかしたら自分もしているかもしれません。
あまり人には聞かれたくないですよね…歯ぎしり対策をしましょう!

view459

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯ぎしり、そのメカニズム

  • 歯で音を立てている?

     

    自分でも気付かない歯ぎしり。どうなっているのでしょう?

  • 歯ぎしりとは睡眠中に、「ガリガリ」「ギリギリ」と歯を擦り合わせてしまう現象を指します。

    歯ぎしりをしている方は、寝ている時に何度もしてしまう特徴があり、歯や歯周組織を傷つけてしまうだけではなく、全身にも影響が起こる怖い現象の一つです。
    出典 :歯ぎしりの原因
  • 歯ぎしりが起こるメカニズムはまだ不明な点が多いため、完全な予防法がないのが現状です。
    出典 :あなたの歯ぎしりはどのタイプ?その原因と予防法|ヘルスケア情報|eo健康
  • なんと!現代の医学でもまだ歯ぎしりのメカニズムははっきりとはしていないのだそうです!では歯ぎしりをしていたらどうしたらいいのでしょう…

  • 歯ぎしりの影響

  • 様々な悪影響が

     

    歯に力を入れてギリギリと擦る行為が、体にいいわけはないんですよね…

  • 肩こり、偏頭痛、アゴの疲れ、目の奥の痛みなどの原因となることがある。
    歯が削れたり、割れたりすることがある。
    歯科治療で入れたセラミックなどのクラウン(被せ物)が割れることがある。
    歯周病が進行しやすくなる可能性がある。
    顎関節症が悪化する可能性がある。
    横で寝ている人の迷惑になることがある。
    睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている。
    出典 :歯軋り-原因、治療・対策、歯ぎしり防止マウスピース
  • 歯が擦れたところから神経がむき出しになり、知覚過敏にまでなる可能性もあるのです。
    それに、歯ぎしりをすることで睡眠が阻害され、熟睡できないということも考えられます。
    出典 :歯ぎしりの原因
  • 歯に悪いだけではなく、その他色々な面で悪影響があるのですね。私の身内にも歯ぎしりが凄い人が居ますが、確かに歯は脆くなってしまっています…

  • 歯ぎしり対策

  • 防止用グッズを利用する

     

    寝ている時の無意識な状態ですから、なかなか防ぐのは難しいですよね。

  • 歯ぎしりを予防したり、症状を改善したりする代表的な方法に、「スプリント療法」があります。これは睡眠時にマウスピースのような器具をはめて、上下の歯が直接当たらないようにする方法です。健康保険が適用されるので、歯ぎしりがひどい場合には歯科か口腔外科で相談してみるといいでしょう。
    出典 :はじめよう!ヘルシーライフ|「歯ぎしり」の影響と対策|オムロン ヘルスケア
  • 歯ぎしり防止法としては、睡眠姿勢を正すことが重要です。良い睡眠姿勢は上向きで、鼻呼吸による深い呼吸が自然にできることです。
    出典 :自分でできる歯ぎしり対処法2
  • 昼間の難しい出来事、悩みなどは眠る時には考えないようにし、入浴やアロマの香りなど、自分の好きな方法でリラックスしてから気持ちよく眠りに入るようにすることも効果があるでしょう。
    出典 :自分でできる歯ぎしり対処法2
  • 精神状態というのは、睡眠時に大きく影響を与えますね。ストレスを発散してから、リラックスして眠るように心掛けましょう。また、マウスピースは市販の物もあるのでそちらを試してみるのもいいですね。