え!そうなの?妊婦のインフルエンザで気をつけたいこと

結婚してしばらく経ち、ようやく待望の妊娠!
でもインフルエンザにかかってしまって体調は最悪・・・
今までどおりの治療でいいの?それとも何か特別にすることがある?
そんな疑問をまとめました。

view2093

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 予防接種は普通にやっていいの?

  • あまりおススメはできない予防接種

  • 妊娠中の内服薬の使用に関しては胎盤通過性の問題や、安全性が十分確認されていないため今のところ「妊婦には投与しない」、投与する場合にも「催奇形性の危険が少なくなった妊娠末期に使用する」というのが現状です。なかには催奇形性の問題で「妊娠もしくは妊娠している可能性がある場合には投与しない」とされている薬もあります。つまり、妊婦さんはもしインフルエンザに罹ってもクスリものめず、何日も高熱にうなされじっと我慢する他にはありません。「インフルエンザに罹らないように注意しましょう!」といって帰宅したら「うがい」と「手洗い」を習慣としても、なかなか防ぎきれないのが実際です。
    出典 :公益財団法人 仁泉会
     

    これは結構厳しい意見。妊娠したら、これまで以上に生活の中での予防が不可欠のようです

  • インフルエンザワクチンが原因で流産する確率が高いとも言われていませんが、母体が安定する中期になってからの接種の方がより安心です。海外でも妊婦は妊娠中期以降の接種が目立ち、妊娠初期の接種は控える傾向にあります。

    病院によっても妊婦へのインフルエンザ予防接種は、考え方が様々です。予防接種で悩んでいる場合は、病院に妊娠週を伝えて相談してください。
    出典 :eにんしん
     

    やはり、あまりよくはないようですね。

  • 妊婦さんが新型(季節性)インフルエンザワクチンの予防接種を受けて、重大な副作用を引き起こしたという報告はまだありません。インフルエンザワクチンの予防接種を受けると、二週間ほどでママの体内に抗体が作られます。この抗体は、胎盤を通して赤ちゃんにも送られ、生後6ヶ月頃までママからもらった抗体に赤ちゃんは守られる事になります。インフルエンザワクチンを受ける最大のメリットと言えるでしょう。ワクチンには2種類あり、あらかじめ注射器にワクチンが入っているタイプの「プレフィルドシリンジ」と、小瓶から注射器へ取り分けるタイプの「バイアル」があります。「プレフィルドシリンジ」は、防腐剤が使用されていません。どちらか選べる病院であれば、防腐剤が使用されていない「プレフィルドシリンジ」がいいでしょう。もしも、「バイアル」しかない場合でも、防腐剤の心配よりもワクチンを接種する方のメリットが大きいので出来るだけワクチンを接種するようにしましょう。どうしても防腐剤フリーのワクチンがいいという方は、あらかじめ病院に確認して受診する事をオススメします
    出典 :Babys-room.net
     

    様々なワクチンはありますが、まずは病院で相談を。

  • このように、医師によって意見は様々ですが、あまり良くはないみたいですね。予防はもちろん大切ですので、妊娠中は普段からの意識をより強く持つ必要があります。

  • 基本の予防をしっかりと!

  • 妊娠中、インフルエンザにかかってしまったら・・・

  • 妊娠中にインフルエンザウイルスに感染したら、強い薬が処方できません。対処療法で優しい効果の薬を服用するケースが多くなります。
    インフルエンザウイルスが胎児に直接悪影響を及ぼすことは報告されていません。インフルエンザウイルスの感染で母体が弱ること・治療に使用する強い薬がお腹の赤ちゃんに影響することの方が危険です。
    出典 :eにんしん
     

    赤ちゃんのことを考えると、キツイ薬は使えません。

  • インフルエンザの症状が出た場合、早めに病院へ連絡し受診するようにしましょう。インフルエンザ発症から48時間以内だと抗インフルエンザ薬(タミフル)が重症化防止に最も効果があります。病院を受診する場合は、いつも受診している産婦人科は避け一般病院へ受診するようにしましょう。産婦人科へ受診してしまうと他の妊婦さんへうつしてしまう可能性があります。あらかじめ、感染してしまった事を想定して受診する病院を決めておく事が大切です。もしも、一般病院へ受診が出来ない場合は、かかりつけの産婦人科へ事前に電話をしてから受診するようにしましょう。電話をすることで、他の妊婦さんへの感染を防ぐ事が出来ます。
    出典 :Babys-room.net
     

    かかりつけ医への連絡がまずは第一。

  • 最終的にはインフルエンザになったとしても、あわてないような心を身につけることや、そもそもインフルエンザに負けないような抵抗力を身体につけてあげることが大切です。ですから、しっかりと普段からの食事で栄養素をしっかりと摂ってあげることが需要になるのです。
    出典 :妊婦さんの為の知識
  • インフルエンザは、風疹などと違い、妊娠中に感染しても胎児への大きな異常の報告はほとんどありません。心配なさらないで、経過を見ればよいと思います。
    出典 :妊娠中の心配事
     

    慌てず適切な処置を!