モデルの間で流行!玄米甘酒健康法。玄米甘酒と甘酒の健康効果の違いって?

最近モデルや芸能人の間で話題の玄米甘酒。玄米甘酒と甘酒の健康効果の違いや
玄米甘酒の特徴についてまとめてみました。

view1019

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • Amazake by nobihaya

  • 甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもある[3]。ブドウ糖以外は製法(後述)による差異も少ない。
    出典 :甘酒 - Wikipedia
     

    まずは甘酒全般の栄養素です。

  • 玄米と玄米麹のみで作られた純正甘酒です
    出典 :マルクラ有機玄米甘酒 自然食品・自然化粧品の通販なら【ナチュラルハウス】
     

    玄米と玄米麹で作られた甘酒を玄米甘酒と言います。

  • 砂糖等を一切加えない古伝の三分搗き玄米仕込みですので麹酵素による自然の甘味と玄米独特の香ばしい風味が特徴です。
    玄米の表皮部分や胚芽部分がのこることがあります。
    出典 :備前長船名刀味噌本舗
  • 玄米甘酒と白米甘酒では白米の方が甘味が強く、玄米の甘酒の方が香りが良いのが特徴でございます。

    玄米麹と白米麹によってどのようにちがうの?という事をまとめた記事もございます。

    参考までにしていただくとよろしいです。オススメの使い方としては白米は甘味が強いので、甘味を活かした料理などに向いております。

    玄米の甘酒は玄米のふくよかな香りがしますので、甘味と香り、そして、茶系の色合いを付けたい時に使うとよろしいかもしれません。


    出典 :砂糖を使わない 麹から作った白米甘酒 | 越前有機味噌蔵 マルカワみそ
     

    玄米甘酒は甘みが少なく、香りが芳醇なのが特徴です。

  • 特に玄米甘酒の糖質は、吸収が穏やかで体に負担をかけない性質があり、
    その自然な甘味は、マクロビオティックのデザート作りには欠かせません。

    市販の甘酒の中には、酒粕に砂糖を加え、
    水で薄めたものもありますから注意してください。

    玄米甘酒に含まれる生きた乳酸菌などは、
    お腹の調子を整えてくれますから、
    これからさらに暖かくなって夏に近づいて来たら、
    俳句の季語の通りに玄米甘酒が大活躍することでしょう。

    食医 中広行
    出典 :食医 中広行のマクロビ健康相談 ~玄米甘酒~: 食医 中広行のマクロビ健康相談
     

    市販の白米の甘酒には酒粕や砂糖を使われたものもあります。

  • 玄米甘酒には美容に良い栄養素(ビタミン、ミネラル、カルシウム、酵素)が豊富に含まれています。また、甘酒は発酵食品なので体内で消化吸収しやすく、お腹に優しい飲み物です。美肌や美白にも良いとされているので、紫外線の強い今の時期に最適です。

    出典 :玄米甘酒 | マクロビオティック | 会員制ウェルネスリゾート「ルラシュ癒しの杜」
     

    生きた麹の醗酵パワーと、美肌や美白効果が特徴です。


  • 糖分子がたくさん結合し、ブドウの房のように200個、300個と連結しており、ミネラル分を多く含んでいます。
    身体の中でひとつひとつ燃焼・分解されていくので小腸まで届き、しっかり栄養になってくれ、小腸の中で分解することで腸内細菌の活動を助けてくれます。
    このように、徐々に分解され、徐々に吸収されるから体に優しいです。

    おわかりいただけましたか?玄米造り甘ざけは、後方の多糖類です。

    糖質なのにミネラルに富み、多くの糖分子が結合した食品なのです。
    そのうえ効率よく多糖類・アミノ酸・食物繊維質・ミネラル分・豊富なビタミンB1・B2等を摂ることができます。
    優れた栄養バランスを持ち、手軽に飲める玄米食であり、デザートなどにも活用してお楽しみいただけます。
    出典 :鮎正宗酒造 玄米造り甘ざけ「妙高玄気の舞」
     

    玄米の糖分は多糖類なので吸収も穏やかです。

  • 果皮と種皮には、脂肪、たんぱく質、セルロース(繊維)があります。セルロースはこれ自体では消化しにくいですが他の食物の消化吸収を助け、腸の働きを促進します。また、セルロースは腸内細菌の作用でビタミンB1.ビタミンB2.ビタミンB12などに生合成されるのです。
    湖粉層と胚芽には、脂肪、たんぱく質、ビタミン、ミネラルのカリウム・マグネシウムなどがあります。
    胚芽は米の生命の宿っている最も大切な部分で、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、ビタミンEなど含んでいます。
    その他、ガンマーオリザノール、イノシトール、フイチン酸なども玄米は含有しています。
    出典 :玄米
     

    玄米は白米より栄養豊富なのは常識ですね。

  • 米糠の繊維はダイオキシン類の排泄作用が強いため、カネミ油症事件でも有効な治療法の一つとして考えられている[5]。
    出典 :玄米 - Wikipedia
     

    玄米に多く含まれる繊維質には排出作用があります。

  • そうした高い栄養価に加え、最近明らかになったのが「γ-オリザノール」の効果。米ぬかや胚芽の部分に含まれる成分で、これが過食をストップさせることで肥満防止につながるという研究結果が発表された。脂肪分や糖分がたっぷりの食欲をそそるメニューには中毒性があり、食べると脳から「もっと食べたい!」と指令が出ることで、過食につながるとされている。γ-オリザノールにはそうした脳ストレスの一種である欲求を抑制して、食の悪循環を断ち切ることがわかったという。つまり、脳細胞レベルでストレスを抑え込み、高脂肪食嗜好をリセットしする効果があるのだ。
    出典 :【ELLE】食ストレスをリセットするγ‐オリザノール|エル・オンライン
     

    玄米に含まれる米ぬかには、それ自体にダイエット効果が!

  • 玄米は、ビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれることからも、女性を中心に人気の高い健康食材ですが、じつは、自律神経の働きの低下やバランスの乱れに効果を発揮するポリフェノールが含まれています。
    出典 :玄米ポリフェノールの効果効能、注目成分オリザプラスのちから|老化を、科学する。|サントリーウエルネス
     

    玄米には自律神経の働きをサポートする力もあります。

  • 自然の恵みであるお米の、糠や胚芽の部分には、ビタミン類、各種ミネラル分、アミノ酸、食物繊維質、酵素類などの栄養素がバランスよく含有されており、玄米は完全食品ということが言えます。その栄養素豊富な玄米を無駄なく使い、発酵させることによりアミノ酸や多糖類が加わり、さらに栄養価が高くなり、吸収しやすくなっております。
    出典 :おすすめ商品
     

    ただ玄米を食べるのではなく、醗酵する事によって更に健康効果が増大します。

  • 玄米に備わっている抗酸化機能

     ビタミンEが「不老のビタミン」と言われるのは、活性酸素・フリーラジカルによる体内組織の変質を妨げ、老化を予防するためです。
     活性酸素やフリーラジカルの人体に与える害は、それらが人体に欠かせない物質でもあるためどうしてもその害を完全に避けることはできません。しかし、活性酸素・フリーラジカルの害を受けにくい生活をしている人と、受けやすい生活をしている人では、特に中高年以降の人生に大きな差が生じてくる可能性が高くなります。つまりガン、心臓病、アレルギー性疾患、ボケ等々の現代病にかかって悩み苦しむのか、健康に元気に死ねるのか、の差です。

    出典 :玄米に備わっている抗酸化機能・玄米(吉備王国)
     

    玄米には抗酸化作用も期待できます。

  • 麹と水だけで作る玄米甘酒の作り方