間違ったシャンプー選びをしていませんか?

テレビCMを観て、サラサラヘアー、キラキラヘアーになれると思って買ったシャンプー
なんだか、いつも最初は良いと思うのに、綺麗にならない。

なぜ?

  • eve 更新日:2014/03/04

view566

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シャンプーの成分をよく見る。

  • 水・BG・コカミドDEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・ジラウレス-10リン酸Na このあとは、植物由来のエキスなどが並んでいて、真ん中あたりに〇〇メチコンが入っていて、そのあと、また植物エキスが書いてあり、最後にフェノキシエタノールでした。



    これって・・・ずらっと化学物質なのです!!
    水・・・何も書いてなければ水道水あるいは工業用水
    BG・・・ブチレングリコール 接触性皮膚炎増加中の化学物質 (天然もありますがほとんど石油合成)
    スルホン酸・・・硫酸  たんぱく質を破壊します。(たんぱく質変性作用=化学薬品ヤケド)
    コカミドDEA・・・増粘剤や起泡剤、界面活性剤の補助として使用 

             ヤシ油脂肪酸とジエタノ-ルアミンから作られる化学物質

    TEAなどの英語3文字は石油合成 旧指定成分です。
    メチコン・・・シリコンのこと。化学物質です。
    フェノキシエタノール・・・パラベンに代わる防腐剤 化学物質です。


  • キラキラツヤツヤの正体

  • キラキラ、つやつやヘアーの正体はシリコンです。
    メチコン は、シリコンのこと

    ジメチコン、シクロメチコンなどと書いてあります。
    頭にほかの文字がくっついています。

    シリコンは、ガムテープのつるつるした面
    髪の毛が傷んでいても、綺麗に見せてくれます。
    河川に流れても、分解しないそうです。
    皮膚呼吸しないものを、シャンプーなどで使って
    はたして、体が喜ぶのか?を考えて避ける方がベターでしょう。




  • シリコン(メチコン)が取れる時期

  • 頭皮に詰まっていた石油硫酸系の成分、
    中でも、有名なものはシリコンですが、頭皮や髪から抜ける日数は、人によって様々。
    その期間に、きしむ感覚が出ることがあります。
    中には、本当の髪に戻るのに、1年
    また、人によっては3年かかる人もいます。

    それだけ、長い年月、頭皮を痛めつけて来たと言うことです。
    身体は慣れようと必死に耐えているのですが、本人も気づかない。
    早く出してしまいましょう。
    体内で複合汚染にならないために。






  • きしむのはいや・・・?

  • その間の対策は、
    良質なオイル等をシャンプーに混ぜて使ってみたり
    ノンシリコンのヘアパックやトリートメントなどで調整しましょう。

  • シリコンとは、メチル基、フェニル基などの有機基のついたケイ素と酸素とが化学結合で交互に連なってできたポリマーのことです。簡単に言えば、ガムテープのつるつる面です。
    皮膚呼吸しません。
    シリコンは豊胸、隆鼻術の材料として広く用いられていたものです。
    液状のものは血管内に取り込まれると免疫異常や発癌性の可能性があるとして、現在使用をさしひかえられています。
    シリコンは、表皮に吸い付くように密着して、顔の形や肌の個人差に関係なく肌に良くなじむ性質のため、ヌーブラや、美容パック、マッサージ基材などにも使用されています。
    化粧品で一般的なものとしては、シャンプーリンスなどのヘアケア製品に多く使われており、帯電防止・サラサラ感を出すといったスプレーにも使用されています。
    髪の毛が傷んでいても、シリコンでくっつけてしまうから、綺麗に見えてしまいます。       

  • シリコンだけでなく、シャンプーの原料をよく見よう

  • 〇〇硫酸などの、たんぱく質(遺伝子も皮膚も細胞もたんぱく質でできていることを覚えて置くほうが賢明です。)を破壊してしまう成分も、体内に血管から入っていくため、避けたいものです。生理痛や、婦人科系の苦しみの原因にもなっていることは、よく知られています。人体には、有害なものを通さないような関門があるそうです。脳と赤ちゃんを守る為の子宮。けれども、その関門すら、するすると入ってくる化学物質があるとは!                                

  • 安全な環境で美しい髪に

  • タンパク質変性作用が理解できると、家の中の生活面全体が安全になってきます。
    さあ、綺麗な髪美人だけでなく、健康的な髪、身体を取り戻しましょう。