イギリスで人気NO.1のダイエット・ローファットダイエットって何?

イギリス人の中で人気のダイエット・ローファットダイエット、これ簡単に言えば炭水化物を抜くダイエットなんです。日本でも知名度が出てきていますが、太る要素である炭水化物の摂取量を減らして健康的にダイエットしようというもの。本まとめではこちらの情報をまとめます。

view589

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ローファットダイエット=炭水化物抜きダイエットとは

  • どういうダイエット?

     

    炭水化物抜きダイエットは、低炭水化物ダイエットとも言われます(ローカーボダイエット・アトキンスダイエットとも言われます)。

    アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

  • なぜ効果があるの?

  • 1日に必要なエネルギーのうち、半分程度(理想は50~70%)は、炭水化物から摂取します。

    この炭水化物を全く摂らないことでカロリーを抑え、脂質を代謝させるということで効果が期待されているダイエットですが、本来は抜いた分のカロリーを脂質とタンパク質で補う必要があります。

    正しくおこなえば、炭水化物中毒の改善、血糖値コントロール(糖尿病などの場合)に役立ちますが、炭水化物(米、パン、麺類、イモ類、お菓子類、砂糖)を抜いただけでは血糖値の低下や急上昇などが起こり、体調を崩す場合があります。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
  • 炭水化物抜きダイエットの手順

  • 1、炭水化物(糖質)の多い食材(ご飯、パン、麺類、イモ類、果物、砂糖のはいったお菓子、飲料)を抜く。
    ※ 炭水化物は体に必須の栄養素ですので、完全に「抜く」よりも「少なくする」方法のほうが安全で効果的です。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
  • 2、おかずや野菜は何をどのくらい食べてもOK!
    ※ 炭水化物を抜いた分のカロリーをタンパク質(肉・魚・卵・大豆製品など)、または脂質(油脂類)から摂る必要があります。
    出典 :炭水化物抜きダイエットの方法、効果、口コミの紹介:@niftyダイエット
  • 注意事項を含め説明します。脂肪を減らし炭水化物を多くした食事を摂る
    摂取する総カロリーの内、炭水化物で摂るカロリーを60%程度確保する
    1日に1時間以上の運動をする
    炭水化物は精製されていないもの(白米よりは玄米、パンなら小麦粉ではなく全粒粉)を摂る(できれば半分以上)
    となります。 低炭水化物ダイエットが合わないという方は試してみてはいかがでしょうか。
    出典 :ダイエット ヘルス:☆★Beauty Mark★☆
  • 炭水化物ダイエットの注意点

  • 1. 炭水化物は必ず太るわけではない

     

    低炭水化物ダイエット、ローファットダイエット、地中海ダイエットを比べても、体重の減少度合いは変わりません。
    ダイエットには、カロリーが最も重要だからです。炭水化物以外の食べ物でも、カロリーを多く摂取すれば太りますよね?自分の消費カロリーに合ったカロリーを摂取しましょう。

    特にでんぷん質の炭水化物はカロリーが高めなので、量をコントロールする必要があります。ご飯、パスタ、じゃがいもなどは、一回の食事で、テニスボールの大きさの量までにしておきましょう。お腹が満たされない場合は別のもので満たしてください。

  • 2.炭水化物は穀物(パスタ、パン、お米など)だけではない

     

    「炭水化物=穀物」というイメージが強いですが、野菜、フルーツ、乳製品にも炭水化物は含まれています。特にじゃがいも、トウモロコシ、えんどう豆、栗、カボチャには多くの炭水化物が含まれています。穀物は、他の食品に比べて炭水化物の量が多いだけです。

    1日の食事量は、食べたいだけの緑黄色野菜・葉物野菜・きのこを食べてください。それでもまだお腹が減っているようなら、フルーツなら2つまで、でんぷん質の野菜か穀物なら3人前分までを食べて下さい。
    1人前の量とは、ご飯やパスタなら2分の1カップ、パンなら1枚、小さなじゃがいなら1個です。また夕食の炭水化物の量は少なめにしましょう。

  • 3、全粒小麦・玄米を食べる

     

    全粒の小麦や玄米は質の良い炭水化物で、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富です。また血糖値の上昇は緩やかなので、すぐにお腹がすくことはありません。ただ注意してほしいのは、茶色のパンやクラッカーは全粒という思い込みがある人もいますが、茶色だから全粒とは限りません。製品表示を見て確かめましょう。

    全粒の炭水化物は粘着性が強く、食べにくいと言う人が多いです。
    まずは普段の炭水化物に、半分混ぜるようにしましょう。パスタを食べる時は、半分を全粒のパスタにしてください。シリアルも、全粒小麦のブランフレークを半分混ぜて食べましょう。

  • 体にかかる負担も大きいダイエットなので注意が必要です。

    ・肝臓での糖新生が繰り返し行うため、肝臓に大きな負担を与える。
    ・炭水化物を抜き、必要摂取カロリーが不足すると筋肉などを分解しエネルギーにするため、筋肉がやせることがあります。
    ・消化吸収に手間のかかるタンパク質や脂質しか食べないというような食事をしていたのでは内臓に負担がかかってしまいます。
    出典 :低炭水化物ダイエット 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)
     

    これらの事項に注意して、ダイエットを進めて下さい。