ダイエットが成功しないあなた!ホルモンが邪魔している?

女性には、ホルモンのバランスにより、エクササイズやダイエットに適した時期とそうでない時期がある様です。
ダイエットとホルモンの関係についてまとめました。

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性ホルモンのリズムについて

  • 女性のからだはホルモンバランスの変化によって、卵胞期、排卵期、黄体期、そして月経という4段階の周期があります。この女性ホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類。月経の周期は人によって20~40日と個人差がありますが、基礎体温をつけると自分の女性ホルモンの周期やリズムがつかめるようになります。
    出典 :女性のダイエットチャンスっていつ? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ダイエットに適した時期は?

  •  

    エストロゲン分泌量が増える生理後10日間がダイエットに適した時期!

  • ダイエットをするとエストロゲンが低下?

  • ダイエットで栄養不足になっていると、体は生殖機能を低下させようとします。エストロゲンの分泌は生殖機能のバロメーターとも言えるものなので、ダイエットをするとエストロゲンの分泌量が低下しやすくなるのです。更に、ダイエットを行っていると食べたいものを我慢し、運動が嫌いでもダイエットのためにと、ストレスによってエストロゲンが低下します。
    出典 :エストロゲンとは?女性ホルモンをダイエットに生かす | かしこく痩せるダイエットWeb
  • 大事なのは、増えたエストロゲンの量をキープしつつダイエットすること!

  • エストロゲンの低下を防ぐには?

  • エストロゲンを十分に分泌させるためには、ストレスが禁物です。それは、栄養でもそうですし、心も同じです。ストレスよりも快感を多く感じるようにして、十分な栄養を摂取することが、エストロゲンの分泌に繋がります。ダイエット中の生活習慣を見直してみましょう。生活のリズムも見直してみましょう。
    出典 :エストロゲンとは?女性ホルモンをダイエットに生かす | かしこく痩せるダイエットWeb
  • エストロゲンを増やす食べ物!

  • エストロゲンを増やす食べ物は大豆イソフラボン。ダイエットに欠かせない大豆イソフラボンの化学構造式は、エストロゲンにそっくりであり、その働きもエストロゲンに非常に似ていますので、美肌に導いてくれたり、身体の機能を調整してくれる働きがあります。
    出典 :エストロゲンとは?増やす方法は食べ物で増やせる?大豆がすごい? | トレンドNEWS ざっぷくん
  • イソフラボンの含有量参考

  • ゴマには、ゴマリグナンという抗酸化物質が含まれています。最近よく耳にする「セサミン」はゴマリグナンに含まれている成分のひとつです。このゴマリグナンの別名は、ファイトエストロゲンというんです。ファイトとはギリシャ語で植物のことだそうです。植物性であり身体の中で女性ホルモンと似た働きをすることからその名がついたとか。
    出典 :セサミンはエストロゲンだった?! | 女性ホルモンを増やすには?
  • ダイエット時期に効果的に痩せるポイントは?

  • 普段より運動量を増やしましょう。特に排卵日直前は、筋肉量を増やすために最適なホルモンバランス!筋トレを取り入れましょう。食事は3食をバランス良くしっかりと食べ、間食はいつもより減らしましょう。毎食「主食」「主菜」「副菜」をそろえてバランス良く食べましょう。
    出典 :女性のダイエットチャンスっていつ? : タニタ運営[からだカルテ]
  • 血糖値のコントロールが脂肪をためにくくします。そのためにも食物繊維の多い野菜やきのこ類、海藻類などの副菜から食べ、次に主菜の魚や肉、最後に主食のご飯などの炭水化物をとり血糖値をゆるやかに上げる食習慣を。
    出典 :2/3 生理周期に合わせて1ヶ月ダイエットプログラム [食事ダイエット] All About