ネバネバが効く!?オクラ、長芋などネバネバ食材&レシピ集 その2

意外とネバネバ食材ってたくさんあったので、その2で紹介します。

view354

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まだまだあります。ネバネバ食材。これらで食生活に変化をつけてみては?

  • なめこ

     

    なめこ
    台湾や日本などに自生するモエギタケ科のきのこで、天然に育ったものは、湿度が高いと、表面におびただしいぬめり(ムチン)を分泌するため「ヌメリタケ」などとも呼ばれる。
    スーパーなどで手に入る栽培ものは、さっと水洗いし、火に通せばすぐ食べられるので大変手軽。加熱するほどとろみが出るのでご心配なく。

    出典:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1109/spe2_02.html

  • とろろ昆布

     

    とろろ昆布
    酢に浸して柔らかくした昆布の表面を薄く削ったもの。
    表面の黒い部分を削ったものは黒とろろと呼び、酢に浸した時の酸味が残る味わい。表面をはぎ、中の芯だけ削ったものは白とろろと呼び、口当たりのよい高級品とされる。
    即席のお吸い物に入れたり、おにぎりに巻くなど様々な使い方が楽しめる昆布加工品だ。

    出典:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1109/spe2_03.html

  • もずく

     

    もずく
    日本全国の沿岸で冬から春にかけて生育する、細い糸状の海藻。
    食材としては沖縄県の沖縄もずくが全体の8割を占める。
    水で洗ってもなかなか取れないこのぬめりに豊富なフコイダンが含まれている。
    食べるとヌルヌルとシャキシャキが同時に味わえる食感が人気。
    酢の物、スープなどにあう。

    出典:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1109/spe2_03.html

  • もずくてんぷら

     

    洗ってザルに上げて水けをきり、ほどよい長さに切ったもずくに小麦粉を振り掛けると、うまくなじんで扱いやすくなります。
    色味に千切りのにんじんを加えて混ぜ、天ぷらの衣をつけたら、かき揚げ感覚で一口大ずつ揚げましょう。
    外はサクッと、中はトロっと不思議な食感です。

    出典:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1109/spe2_03.html

  • もずくてんぷら。これはうまそう!

  • ネバネバの王様!納豆

     

    ◆納豆のネバネバが骨を鍛える
    納豆はカルシウム補給に優れているだけでなく、あの独特のネバネバ成分には、骨を強くする働きがあるのです。その正体は、ポリグルタミン酸。
    アミノ酸の一つでうまみのあるグルタミン酸が、約三千個もつながっているため、強い粘りがあり、糸を引くのです。

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/298573/

  • 納豆のパワーを引き出す食べ方
    ●購入してすぐ食べるよりも、少し日をおいたほうがより効果的。発酵が進むほどナットウキナーゼやビタミンK2が増えるからです。
    ●ネバネバをよりたくさん出すなら大粒より小粒。表面積が大きいので、納豆菌が増殖し、ポリグルタミン酸やアミノ酸が増えて、粘りもうまみも強くなります。
    ●塩分や酢は、粘りが出にくくなるので、先に納豆をよーく混ぜて粘りを充分に出してから、調味料を入れましょう。
    ●ナットウキナーゼは熱に弱いのであまり長く加熱しないこと。納豆菌やビタミンK2は揚げても失われません。
    出典 :3/3 納豆のネバネバが骨を鍛える [食と健康] All About
     

    こういったポイントも大切ですよね。

  • 「納豆」なんて人間の食いもんとちゃいまっせ! よくもまああんなもん喰えまんなぁ!

    という書き出しで始めましたが、和歌山在住者で、以前埼玉で生活した時期があります。その時、会社の昼食時に「納豆」がいつも出て来ましたが、全く口に出来ませんでした。

    子供は埼玉育ちなので、平気で食べますが、私は食べられません!
    出典 :関西の人は本当に納豆が嫌いなの?(1/3) | その他(ライフ)のQ&A【OKWave】
     

    関西人に納豆が苦手な人が多いようですが、ぜひ、食べてみてください。

  • ネバネバ食材をたくさん使ったレシピ集!

  • 山形のだし

     

    透明なパックに入っているのはキュウリ、みょうが、ししとう、なす、ねぎ、大葉、昆布、唐辛子などのみじん切り、これを独特の出汁で和えたもの。塩味がきいていて、そこに昆布ベースの出汁、ご飯にのせて噛むほどにキュウリやナス、ネギなどの野菜の味わいが浮き上がってくる。

    出典:http://umai.zukan-bouz.com/2006/08/post-66.html

  • ネバネバ丼

     

    材料(2人分)
    オクラ・・・・・・・・1パック
    納豆・・・・・・・・・1パック
    山芋・・・・・・・・・10cm長さ
    青じそ・・・・・・・・10枚
    イカ(刺身用)・・・・・200g
    ウズラ卵・・・・・・・2個
    お醤油・・・・・・・・適量
    ごはん・・・・・・・・2カップ

    出典

  • 作り方
    1.オクラは薄切りにし、納豆は包丁で細かく叩きます。山芋はすりおろします。シソは、細かく刻みます。
    2.器にご飯を盛り、上に青じそを散らし、イカをのせ、山芋をかけてオクラ、納豆を盛り付け、最後にうずら卵を割ってのせます。
    3.お醤油を好みでかけていただきます。
    *スルスルと喉越しが良いので、玄米ご飯等よく噛まなければならないご飯は止めた方が良いでしょう。
    出典 :疲労回復+美容にネバネバ丼 [食と健康] All About
     

    おいしそうですね。食欲が落ちる夏場にいいそうです。

  • ねばねばが料理以外にも・・・。

  • 植物性ヒアルロン酸の最強保湿力「オクラパック」を紹介しますね
    「オクラパック」
    ☆材料☆
     ・新鮮なオクラ..........2~3本
     ・塩................少々
    ☆作り方☆
     ・オクラに塩をまぶし、両手で挟んでこすり合わせ、オクラの表面の
      繊毛をとる。
     ・オクラをさっと水洗いして縦半分に切り、中の種を取り除く。
     ・鍋に湯を沸騰させ、オクラをさっとゆがいてザルニあげる。
     ・キッチンペーパーで水分を軽く拭き取って、すり鉢でオクラが完全につぶれて粘りが出るまで、よくすりつぶす。
    ☆使用方法☆
     ・顔全体に塗って5~10分おいて拭き取り、ぬるま湯で洗い流してください。

    オクラは粘り気が強いので、ヨーグルト大さじ1杯程度を混ぜ合わせてもいいですよ。美白効果も高まります
    出典 :スキンケアで美肌=素肌美人 保湿ばっちりのオクラパック
     

    やっぱり、やっている人がいるんですね。