妊婦さんの肌ケアの方法~妊娠中の肌の変化

妊娠するといろいろな体の変化が見られますが肌も変化してしまいます。
思春期でもないのににきびができたり、乾燥知らずの肌だったのにカッサカサになったり。。
どうして変化してしまうの?そしてどんなケア方法がいいのでしょうか?

view489

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 妊婦さんの肌

  • 妊娠成立から1~3か月という妊娠初期は、お肌が荒れやすい時期です。今まで愛用していた化粧品が合わなくなってしまったり、急にニキビや吹き出物が現れたり、シミが増えてきたり…と、その症状は様々です。敏感肌のような不安定な状態がしばらく続きますが、徐々に落ち着き、出産後には元のコンディションに戻るケースがほとんどです。この時期は「こういう時期なんだからしょうがない」と、肩の力を抜いて気楽に構えましょう。
    出典 :妊娠期に起きる肌の変化について | スキンケア大学
     

    妊娠時期は肌がとても変わりやすいのです

  •  



    肌の調子がおかしいな。。。

  • どうして肌が変わるの?

  • 肌の変化はホルモンによるものですが、それに加えて肌は、大きくなる体をカバーするために伸び、それによって負担がかかりやすくなります。外見上も、本人の感覚も「妊娠前と何かが違う」と感じやすくなります。肌の下で起こっていることが、はっきりとわかりやすくなるのです。妊娠によって、血液の量は増加します。血液の増加は妊娠中期がピークで、特に顔の血管にも血が集まりやすくなります。皮膚の下にあるさまざまな腺も、、その働きをより強くします。脂を生産する腺はより脂を生産し、色素をつくる腺はより強く働き、汗腺はよりたくさんの汗を流します。妊娠中の肌は、それまでの特徴をさらに強調するようなことになります。くすみがちだった人はよりくすみがひどくなってしまいますし、色素沈着した部分も、ますます色が濃くなってしまいます。
    出典 :妊娠4カ月で知っておきたいこと - gooベビー
     

    ホルモンや血液の増加で肌の変化が起きるのですね

  • 肌荒れの原因は様々ですが、妊娠によるホルモンバランスの乱れや、精神的に不安定になること、つわりにより食事が偏ることが主な原因と考えられます。そしてホルモンバランスの変化により便秘になるケースも多く、むくみや肌荒れの一因となります。また、胎児が育ってくると膀胱が圧迫されて頻尿になり、睡眠不足になりやすく、これもまた肌荒れの一因と考えられます。
    出典 :妊娠期に起きる肌の変化について | スキンケア大学
     

    便秘や睡眠不足などからも肌荒れを起こしやすいのですね

  • 妊娠中の肌トラブルで多いもの

  • よくある症状の一つがかゆみ。妊娠中は汗をかきやすくなるため、かゆみや湿疹が現われやすくなります。その一方で妊娠中のお肌は乾燥しがちなので、乾燥がかゆみを増加させます。常に清潔な肌を保ち、シンプルなスキンケアでしっかりと保湿をすることが大切です。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
     

    乾燥しやすいのに汗もかきやすいのです。
    保湿が大切ですね!!

  •  



    かゆくなっちゃうのは誰でも起こることなのです

  • 妊娠するとシミが目立つようになることがあります。これは妊娠により増加したエストロゲン、プロゲステロンなどがメラノサイトを活性化してメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなるためです。顔のほか、わきの下や乳輪、外陰部などが黒ずんでくるのも同じ理由からです。出産後、月経が始まる頃には薄くなってきますのでそれほど心配する必要はありません。
    出典 :妊娠中の肌のトラブルについて|「妊娠から出産まで」 - はっぴーママ.com
     

    シミが目立つようになってくるのはしかたがないのです

  • 一般に「正中線」と呼ばれる、おへそを中心にお腹の真ん中を上下に伸びる一本の黒い線も、この色素沈着によるものです。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
     

    お腹の上下に伸びる線は気になりますが元に戻りますよ♪

  • 保湿とUVはしっかりと!!

  • ケア方法としては、肌全体が乾燥しやすく表面のバリア機能が弱っているので、UVケアと保湿をおこたらないことが肝心です。妊娠中は肌トラブルが起こってしまっても、原則として飲み薬などの服用はできません。したがって、日頃のベーシックなスキンケアが重要となります。
    出典 :妊娠中に起こるさまざまな肌トラブル | スキンケア大学
     

    保湿をしっかりとね!!

  •  


    乾燥はお肌の大敵!
    保湿に力を入れましょう!!

  • お手軽保湿のしかた

  • 保湿にも最適な時間があります。お風呂で湯船につかっている時、ゆったり癒されている時は、毛穴が開いて、お肌も水蒸気で潤い、条件的にお手入れに最適な時間なんです。
    お風呂に浸かり毛穴の開いた状態で、ローションパックを行います。ローションパックは市販されているフェイシャルシートで充分です。
    潤った角質には成分が浸透しやすいので、効果UP!が期待できます。ただし、お風呂上がりは水分が逃げやすいので、すぐにクリームなどでケアして下さい。それでかんたん保湿は完成です。
    出典 :忙しくても簡単に保湿をしたい、そんなあなたにオススメサプリメント|敏感肌ブランド完全ガイド
     

    赤ちゃんが生まれたらゆっくりお風呂タイムも少々ガマンしなくてはならなくなるかも?
    今こそゆっくりお風呂でリラックスしながら保湿ケアしましょう!

  •  


    高い化粧水でなくても全然OK!
    コットンでも大丈夫ですよ♪

  • 化粧水スプレーボトルを一本持ち込んで使用するだけで、肌を乾燥から守ることができます。
    いったんカラカラに乾いた肌にスキンケアをしても、その有効成分がなかなか肌になじみませんが、こうして「一度たりともカラカラにしない」という状態を守れば大丈夫なんですよ。

    ゆっくりと体を温めたら、次はシャンプー、そして洗顔。
    洗顔が終わったら、すぐにスプレーボトルで化粧水をかけるのがポイントです!

    もう一度湯船につかり、中指と薬指の腹で軽く顔をタッピング。
    顔の血行が促進されて温まり、化粧水のうるおい成分もなじんできます。

    湯船から出たら、次は体を洗います。
    たっぷりの泡で、肌をこすりすぎないようにやさしく洗いましょう。
    洗い終わったら、乾燥が気になるところに化粧水をスプレーし、また軽くタッピングします。

    その後もう一度軽く湯船につかったら、「保湿入浴法」完了!
    浴室から出たらすぐ、顔を拭いてからもう一度化粧水を顔にスプレーし、そこからいつもケアをおこなって下さい。
    出典 :肌を乾燥させないための「保湿入浴法」 | 美肌マニアの美容情報
     

    お風呂で洗顔したら化粧水を!!
    かんたんスプレー!試してみて!!

  •  



    スプレーを持ってお風呂に入ろう!

  •  


    お肌も赤ちゃんもしっかり守って
    ステキなママになりましょう!