「おねしょ(夜尿症)」の原因って何? 遺伝もその一因…!?

おねしょは5歳くらいまで自然の現象で、してしまうんだって!遺伝も一因と考えられているから驚き!

view527

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おねしょ

     

    昼間は失敗しないのに、毎晩のようにおねしょ! でも、3~4歳ごろまでのおねしょは、してあたりまえ。「うちの子だけ?」ではありません。
    出典:http://www.kao.co.jp/merries/babycare/onesho/01.html

  • 尿意の自覚は2~3歳までに可能になり、4歳頃になると夜間睡眠中でも排尿の抑制ができるようになります。そのため夜尿は乳児期まではすべての子どもにみられますが、2~3歳頃より急激に減少し、小学校就学時には約10~15%程度となり、中学校入学時には1~2%となります。
    出典 :おねしょ(夜尿症) 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 少し古いデータですが、1980年の幼児健康度調査報告では、夜尿のある子どもは
    2~3歳 51%
    3~4歳 34.8%
    4~5歳 25.1%
    5~6歳 18.9%
    です。
    出典 :夜尿症(おねしょ)の原因・対策・治療法 [子供の病気] All About
  • この中で、毎日夜尿が見られる子どもは
    2~3歳 13.9%
    3~4歳 5.8%
    4~5歳 3.3%
    5~6歳 2.6%
    です。上のデータからも分かるように、たまに夜尿をしてしまう子供は多く、小学校上がるぐらいまでは夜尿があっても心配はありません。6歳でもたまに夜尿をしてしまう子が6人に1人いるわけです。
    出典 :夜尿症(おねしょ)の原因・対策・治療法 [子供の病気] All About
  • 5歳くらいまでのおねしょは心配いらないらしい!

  • 5歳ごろまでのおねしょは、抗利尿ホルモン※1の分泌が十分でないことや、膀胱容量が小さいなどの生理的理由が原因で、いわば自然の現象です。ホルモンの分泌が軌道にのる時期には個人差も大きく、4~5歳まで毎晩おねしょをしている子もいます。それでも、いつかは必ず自然にしなくなるときが訪れます。
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おねしょ対策 おねしょの基礎知識
  • そんなに焦らなくても良いようですね。

  • その原因は?

  • 個人差があって当然。

     

    おねしょは、睡眠中に作られるおしっこの量と、おしっこをためておく膀胱の大きさのバランスがとれていないために、夜間に尿があふれてしまう現象です。夜間のおしっこの量を決めるのは、「抗利尿ホルモン※1」。膀胱の大きさは発達に関係していますが、個人差があります。
    出典:http://www.kao.co.jp/merries/babycare/onesho/01.html

  • 夜尿症の多くは病的なものではありません。大きな問題はなく、機能的なことだと考えられます。子供の場合、自律神経と尿を抑えるホルモン(抗利尿ホルモン)のバランスが悪いために起こりやすいです。睡眠のリズムや精神的な要素も原因となりえます。
    出典 :夜尿症(おねしょ)の原因・対策・治療法 [子供の病気] All About
  • (遺伝による可能性)

  • 夜尿症のある小児の背景の特徴としては、遺伝的素因が強いことがあげられます。夜尿症のある小児の家族を調べると、両親のどちらかに夜尿症があった割合は約70%といわれ、兄弟姉妹にも夜尿のみられる頻度が高い傾向にあります。また夜尿症のある小児の既往歴の中では、膀胱炎などの泌尿器疾患の頻度が高い傾向にあります。
    出典 :おねしょ(夜尿症) 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • (夜尿症を伴う病的な原因)

  • てんかんや発達障害、多動症、脊髄の病気など
    膀胱炎などの尿路感染症や腎炎など
    糖尿病や利尿を抑えるホルモンの異常である尿崩症など
    包茎や外陰部の湿疹など
    出典 :夜尿症(おねしょ)の原因・対策・治療法 [子供の病気] All About
  • 病的な原因で起こっている場合は、上記の病気が潜んでいる可能性が。