現代の日本人の約25%は花粉症!

花粉症は25%程度の日本人がなっている病気です
この割合はもう他人事ではありませんよ
知識をしっかりもっておきましょう

view262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉症とはなに?

  •  

    目やにがでたり、目が充血したり
    鼻水がでたりと
    色々な症状のでる花粉症っていったい何?

  • 現在、日本人の約25%(*)が花粉症だといわれています。では、花粉症とはいったいどんな病気なのでしょうか。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。アレルギー性鼻炎は、原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。
    出典 :花粉症とは|花粉症ナビ
     

    スギ花粉という言葉は良く耳にすることばかもしれませんね

  • 季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)



    原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。
    日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと報告されています。

    主なアレルゲン
    スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカンバなど。

    症状
    鼻の三大症状だけでなく、目の症状(かゆみ、涙、充血など)を伴う場合が多く、その他にのどのかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じなどの症状が現れることがあります。
    (さらに、シラカンバ、ハンノキ、イネ科花粉症などの人が、ある果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなり、腫れたりする「口腔アレルギー症候群」という症状もあります。)
    出典 :花粉症とは|花粉症ナビ
  • ○スギ花粉について
    スギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%を占めています。このためか花粉症の患者さんの約70%はスギ花粉が原因です。しかし花粉量には地域差があり、森林面積に対する比率では九州、東北、四国で高くなっています。北海道にはスギ花粉飛散は極めて少なく、沖縄にはスギが全く生息しません。関東・東海地方ではスギ花粉症患者が多く見られます。ヒノキ科花粉症も見られますが、スギの人工林がより多いのでスギ花粉が多く飛散します。関西ではスギとヒノキ科の植林面積はほぼ等しいですが、今のところヒノキ科は幼齢林が多く、東日本よりヒノキ飛散の割合が多いと考えられています。

    スギをはじめとする風によって花粉を運ぶ植物(風媒花)は虫などが花粉を運ぶ植物(虫媒花)よりも多量の花粉をつくり、花粉が遠くまで運ばれるので花粉症の原因になりやすいと考えられています。原因となる花粉の種類は多く、日本ではこれまでに50種類以上の原因花粉が報告されています。 このような花粉症を引き起こす風媒花には、樹木ではスギやヒノキの他にシラカンバ、ハンノキ、ケヤキ、コナラ、ブナ、オオバヤシャブシなどがあります。草本ではカモガヤなどのイネ科の花粉症が多くなってきていますが、他にブタクサ、ヨモギなどキク科の植物があげられます。主な花粉の飛散時期つまり症状が出現する時期はスギ、ヒノキなどの樹木では春が中心ですが、イネ科の場合は初夏に、キク科の場合は真夏から秋口に飛散します。

    世界的な温暖化の影響でスギ花粉飛散数も増加が予想されます。気象庁によるシュミレーションでは関東のスギ林密度も増加する傾向にあります。

    出典 :はじめに ~花粉症の疫学と治療そしてセルフケア~|厚生労働省
     

    スギ花粉は厚生労働省からもしっかり注意喚起がでていますよ!


  • 通年性アレルギー性鼻炎



    アレルゲンが一年中あるので、症状も一年中あります。

    主なアレルゲン
    ダニ・家の中のちり(ハウスダストなど)・ゴキブリなどの昆虫、ペットの毛・フケなど。

    症状
    喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。


    .
    最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、
    ほぼ一年中くしゃみ・鼻水・鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。
    出典 :花粉症とは|花粉症ナビ
  • 目の症状

  • 花粉症になると鼻の症状だけでなく目にもつらい症状が現れる場合があります。
    これは花粉が目につくことで、花粉を除こうと免疫反応が起こることが原因で、「目のかゆみ」「充血」「涙が出る」の三大症状をはじめ、さまざまな症状が現れます。
    目のかゆみ

    目のかゆみは、目の症状の中で最も多くの人が悩まされている症状で、目やまぶたなどに炎症が起きてかゆみが生じます。強くかいたり、こすったりすると結膜や角膜を傷つけてしまい、もっとつらい病気になる可能性があるので気をつけましょう。
    充血

    目の表面に花粉がつくことで結膜炎を起こしている状態。白目の血管が膨張して赤くみえます。
    涙が出る

    涙を流すことで目に入った花粉を洗い流そうとするため、涙が多く出たり、涙目になります。
    出典 :目の症状|花粉症ナビ
  •  

    他にも
    ・目が腫れぼったい
    ・目やにが出る
    ・目がゴロゴロする
    ・かすむ
    ・まぶしい
    ・痛い
    といった症状もあります

  • 鼻の症状

  • 花粉症になると鼻につらい症状が現れます。
    これは花粉が鼻の粘膜につくことで、花粉を除こうと免疫反応が起こることが原因で、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」の三大症状が現れます
    くしゃみ

    くしゃみは花粉症のほとんどの人が悩まされている症状で、鼻の粘膜についた花粉を除こうとするために生じます。花粉症のくしゃみは連続して起こり、回数も多いのが特徴です。

    鼻水

    くしゃみと同じように鼻水も鼻の粘膜についた花粉を除こうとするために生じます。花粉症の鼻水は、風邪の鼻水のようにねっとりしたものではなく、涙と成分がほとんど同じで、無色で粘り気がなくサラサラしているのが特徴です。

    鼻づまり

    鼻の粘膜に花粉がつくことで免疫を介して炎症反応が起こり、鼻の中の血管が拡張することで鼻づまりが生じます。鼻づまりは睡眠を妨げたり、口呼吸によるのどの乾燥などの二次的な悪影響を及ぼすこともあります
    出典 :鼻の症状|花粉症ナビ
  •  

    鼻出血がおこる事もあります!

    気を付けて!

  • 治療方法

  • 薬物療法
    「初期療法」で楽に乗りきりましょう
    初期療法とは、花粉飛散開始日前から抗アレルギー点眼薬をつけはじめる治療法で、こうすることで、花粉飛散ピーク時の目の症状を軽くしたり、症状が出ている期間を短くすることができます。
    治療は主に、アレルギー症状を起こす物質を体内で出るのを抑えるもの(ケミカルメディエーター遊離抑制作用)や、その物質の作用を抑える(抗ヒスタミン作用)抗アレルギー点眼薬を用います。抗アレルギー点眼薬には、この両方の作用を併せ持つものもあります。点眼薬は決められた量(1~2滴)で眼の中に十分行きわたります。また、使いすぎは目のためによくありませんので、決められた回数を使うようにしましょう。
    出典 :目の治療|花粉症ナビ
     

    目の治療はこれでOK

    初期療法のメリット
    ● 症状の出現を遅らせることができます
    ● 飛散量の多い時期の症状を軽くできます
    ● 併用する薬の量や使用回数を少なくできます
    があります

  • 薬物療法

    「初期療法」で楽に乗りきりましょう
    花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。しかし、軽いうちに薬を使いはじめると、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。
    花粉の飛びはじめる2週間くらい前から症状を抑える薬(抗アレルギー薬)の使用をはじめる治療で、これを『初期療法』と呼んでいます。特に、毎年の症状が中等症以上になる方で、楽にシーズンを乗りきりたいと考えている方におすすめです。
    出典 :鼻の治療|花粉症ナビ
     

    鼻の治療も薬物療法があるのです!

  • ○花粉症のセルフケア
    ご自分でできるセルフケアとしては外出時にマスク、めがねをして、原因の花粉を少しでも体の中に入れないようにする努力が必要です。花粉症用のマスクでは花粉が約1/6、花粉症用のめがねでは1/4程度に減少することが分かっています。また花粉情報に注意し、花粉飛散が多いときには無駄な外出は避けるようにしてください。家にいる場合でも、花粉飛散の多いときには窓の開け閉めに注意をしましょう。もし、外出する場合にはけばけばした花粉のつきやすいコートを着ることは避けましょう。外出から帰ってきてもすぐに顔を洗い、うがいをすることをお勧めします。全く症状をなくすことは不可能ですが、少しでも症状を軽くすることができると考えます。鼻粘膜の状態を良くするように、悪化の因子であるストレス、睡眠不足、飲みすぎなどを抑えることが必要です。軽い運動などは花粉防御をしたうえでは推奨されると思われます。セルフケアと医師、薬剤師による治療を含め、花粉症の季節を快適に過ごせるよう努力してみてください。
    出典 :はじめに ~花粉症の疫学と治療そしてセルフケア~|厚生労働省
  • いかがでしたか?
    花粉症と一口に言っても色々あります。
    症状がでたら早めに受診しましょう

    つらい花粉症とはおさらばですよ!