健康的に「痩せる」なら「有酸素運動」を取り入れよう!簡単&痩せる「運動」「エクササイズ」はこれ!

食事制限やサプリメントで痩せるのも手軽だけど、筋力を維持しながら健康的に「痩せたい」なら、「有酸素運動」を取り入れて。運動といっても、手軽で持続しやすいものを選びましょう。

view313

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痩せたいなら「有酸素運動」を取り入れて!

  •  

    ジョギングなどはもっともポピュラー

  • 有酸素運動(ゆうさんそうんどう、Aerobic exercise)とは、好気的代謝によって主にエネルギーを得るため長時間継続可能な軽度または中程度の負荷の運動をいう。。 それに対し無酸素運動とは嫌気的代謝によって酸素の供給が逼迫した状態でも一時的にエネルギーを得る高負荷の運動をいう。ただし体内に蓄積した嫌気的代謝の生成物である乳酸は有酸素運動と同じくTCA回路で代謝されるので結果的には同じ代謝である。
    出典 :有酸素運動 - Wikipedia
     

    心肺機能の向上に効果あり。

  • 「有酸素運動」を行うと、どんな効果があるのでしょう?そしてなぜ重要なのでしょうか?

  • ##心肺機能、酸素摂取能力の改善
    ##呼吸筋を発達させ、外呼吸(肺と外部との空気の循環、体内への酸素のとりこみ)をよりスムーズにする。
    ##心筋を発達させ、血液の循環をより効率的にする。また、平常時の心拍数を下げる。
    ##骨格筋中の毛細血管の新生を促す。
    ##冠動脈疾患の危険性の減少
    ##安静時の血圧を低下させる。
    ##血液中のLDLコレステロール、中性脂肪を減少させ、HDLコレステロールを増加させる。
    ##体脂肪を減少させる。
    ##慢性疾患の発症率低下。特に、冠動脈疾患、高血圧、大腸がん、2型糖尿病、骨粗鬆症の発症率を低下させる[5]。
    ##不安や抑うつ感を軽減し、健全感を高める。
    出典 :有酸素運動 - Wikipedia
     

    精神的にも健康に!

  • ダイエットに効果的な「痩せる」有酸素運動とは?

  • ●ウォーキングで有酸素運動!

  •  

    ウォーキング時には適切なフォームも心がけて

  • もっとも多くの人々に愛され続けている、バランスの取れた有酸素運動です。
    手軽さと軽めの強度が特徴です。
    無酸素運動への移行の危険が少ないので年配の方にとっても安全です。
    交通量の少ない場所と時間帯を選ぶ必要があります。
    出典 :有酸素運動の種類
     

    景色の移り変わりも楽しんで。

  • ●ジョギングで有酸素運動

  •  

    最初はゆっくりと。

  • ウォーキングとともに人気のある有酸素運動です。
    走るスピードによって有酸素運動にも無酸素運動にもなります。
    足腰の強化と、スポーツの基礎体力養成にも向いています。
    交通量の少ない場所と時間帯を選ぶ必要があります。
    出典 :有酸素運動の種類
     

    ゆったりとしたスピードでも十分な効果が。

  • ●水泳で身体をいたわりながら有酸素運動

  • 水中ならではの効果が期待できる有酸素運動です。
    水の抵抗が運動負荷となり、効果的な運動ができます。
    足腰に負担をかけない代わりに、上半身の発達に効果があります。
    ただし、施設まで通う必要があります。
    出典 :有酸素運動の種類
     

    膝や腰に悩みのある人は水泳がおすすめ。

  • お家でも簡単にできる!有酸素運動&エクササイズはこれ!

  • 自宅の狭いスペースでも有酸素運動をする方法

     

    ジムなどに行かなくてもできる有酸素運動!

  • 自宅で器具のいらない有酸素運動(体脂肪燃焼フィットネス)大阪

     

    激しすぎない運動でも継続で効果あり

  • フィットネスムービー|エアロ

     

    動きを参考に、好きな音楽で踊って有酸素運動