きちんとした知識で「保湿ケア」行いましょう!まとめ!

保湿ケアをちゃんとしていますか?
しっかりと正しい方法で保湿ケアを行いましょう

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正しい保湿は効果ばっちり!

  • 肌に水分をキープできずに、カサカサになりやすい状態を乾燥肌と呼びます。肌が乾燥すると肌表面の角質層が乱れやすくなり、外部からの刺激に抵抗する力(バリア機能)が下がります。すると化粧品がピリピリとしみたり、肌荒れになったりしやすくなります。これが敏感肌と呼ばれる状態です。乾燥肌が原因になるので、敏感肌と乾燥肌はとても近い関係にあります。
    出典 :正しい保湿は敏感肌のスキンケアへの近道 | スキンケア大学
  • 年齢とともにお肌が衰えていくのは仕方のないこと。でもスキンケア次第でその衰えのスピードを遅らせることが可能なのです。スキンケアの中でも大切なのは、お肌の保湿です。

    肌荒れは乾燥が原因となることが多く、その乾燥を防ぐのは水分と保湿です。しかし、乾燥した肌に化粧水をつけても水分は蒸発してしまい、肌に浸透しません。

    保湿をすることで、肌に化粧水や美容液などの有効成分を浸透させる肌をつくり、肌の機能を回復させることがうるおいのある、みずみずしいお肌をつくっていくのです。
    出典 :日常生活でこれだけはやっておきたい保湿ケア方法 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    保湿ケアはとても必要な事だと言えるでしょう

  • 保湿ケアに必要な知識

  • 外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っています。「表皮」はさらに4層に分かれ、一番外側の「角質層」を皮脂膜が覆うようにして外部からの異物や刺激、乾燥から肌を守っています

    角質層と皮脂膜の働き
    「角質層」の厚みはわずかラップ1枚ほどといわれています。その角質層の中にある「天然保湿成分(NMF)」は水分を保つ働きがあり、角質層内部の潤いを保っています。また、角質細胞と角質細胞の間では「細胞間脂質」が水分を挟み込み、水分を皮膚表面から逃さないように「皮脂膜」が薄いシールとなって覆っています。この「天然保湿成分(NMF)」と「細胞間脂質」そして「皮脂膜」の3つが正常に働くことで、健康でみずみずしい肌を保つことができるのです。

    ターンオーバー(肌の新陳代謝)
    角質層は役目を終えると、やがてアカとなって剥がれ落ち、日々新しい角質層となって生まれ変わります。表皮細胞が角質化して角質層になるまでに約4週間、アカとなって剥がれ落ちるまでに約2週間かかるといわれ、この皮膚の生まれ変わりのサイクルを「ターンオーバー」と呼んでいます
    出典 :保湿ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
  •  

    肌の新陳代謝です。この新陳代謝がスムーズに行われていれば肌は健康な状態を保ちますが、加齢によって細胞活性機能や血液循環機能が低下したり、リンパ液の流れが悪くなると新陳代謝が衰え、ターンオーバーの期間が長くなる傾向にあります。

  • 保湿ケア化粧品も種類がある

  • ●化粧水



    肌の内側まで浸透して保水力を補いみずみずしい素肌を保ちます。洗顔後に使用します。



    ●乳液・クリーム



    素肌の表面に人工の皮脂膜を作り、肌をバリアすることで潤いを保持します。
    化粧水の後に使用します。



    ●美容液



    部位に合わせて潤いを補います。


    出典 :保湿ケアの方法
  • 大事なのは保湿成分を角質層に届けること

    保湿をするとき、とにかく肌に水分をバシャバシャと与えようとしがちです。しかし、大事なのはお肌の水分をキープする部位に、しっかり水分を届けて、水分が蒸発しないようにするのが正しい保湿です。
    出典 :正しい保湿は敏感肌のスキンケアへの近道 | スキンケア大学
  • 基本的な保湿ケアはどうするか

  • 保湿をするタイミングと方法

    敏感肌の人が保湿ケアをするベストなタイミングは、お風呂から上がった直後です。入浴直後はお湯や湯気でしっとりしているように感じますが、無防備な状態。水分をキープできず、お肌からみるみるうちに蒸発していくので、放っておくとすぐに乾燥してしまいます。お風呂から出て、お肌がしっとりとしているうちにクリームやオイルで保湿をしてあげましょう。
    出典 :正しい保湿は敏感肌のスキンケアへの近道 | スキンケア大学
  • 保湿前の洗顔にも注意

    洗顔は熱いお湯は避けましょう。肌が乾燥しやすくなります。ぬるま湯で洗ようにしましょう。また、クレンジングや洗顔料は、肌に刺激の少ないものを選びましょう。

    洗顔の後肌が突っ張る感じがするのは、もしかしたら肌に負担がかかっているかもしれません。それは肌を乾燥させてしまいます。皮脂を落としすぎない、肌に負担の少ない石けんなどがおすすめです。
    出典 :日常生活でこれだけはやっておきたい保湿ケア方法 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    洗顔料もあったものを選ぶのが大切です!

  • 保湿ケアのコツ

    化粧水が浸透していかないなぁ‥と感じる時は、まずふきとり化粧水を使うなどして、化粧水の浸透をさえぎる老化角質を取り除くことが大事です。

    また、最近では、肌のうるおいやハリを保つために必要な成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が、肌に浸透しやすいように工夫された化粧水などもありますので、活用しましょう。

    化粧水が充分に浸透した肌は、美容液などの栄養分も入り込みやすくなります。
    出典 :保湿ケアの方法
  • 肌の状態、気温・湿度などの天候に合わせた保湿ケアが大事です。
    化粧水の使用量は、手のひらに3~4振り程度。
    乳液の使用量は、手のひらに1円玉大くらいの量です。
    クリームの使用量は、手のひらにあずき粒大くらいです。

    清潔な手のひらで、全体に隙間なく塗り、お好みでコットンを使用してもいいでしょう。



    顔に塗る順番は、内側から外側にかけて、頬・ひたい・鼻・口もと・目もとの順で手のひら、
    指の腹を密着させるようにして、こすったり、力を入れてすりこまないように、なじませるように塗ります。



    首は上から下にかけて塗ります。
    出典 :保湿ケアの方法
     

    化粧水はけちる事なくつかいましょうね

  • 肌のうるおいは大切

     

    カサカサする
    光沢が出る
    粉が吹く
    ファンデーションののりがわるい

    これらがあったらきちんと保湿ケアを行いましょうね!