夢遊病の原因をさぐる

夢遊病は睡眠障害の一つで睡眠時遊行症、夢中遊行とも言われます。
この異常行動は、レム睡眠時に夢が行動となってしまうもので、深刻な結果を引き起こすこともあります。
どのような原因で起きるのか、その対策はあるのかさぐってみました。

view1323

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠障害のなかで、めったに聞かない症状として、睡眠時遊行症というものがあります。「夢遊病」と言い換えると、聞かれた経験を持たれている方が比較的多いかも知れません。
    出典 :睡眠時遊行症について :睡眠障害の種類と症状
  • とても深いノンレム睡眠の時に現れ、入眠してから1時間前後に認められます。夢遊病という名前の通り、寝たまま行動する症状です。
    出典 :睡眠時遊行症について :睡眠障害の種類と症状
  • 個人差はありますが、数分から30分程度持続することもわかっています。
    出典 :夢遊病とは
  • 徘徊した後は自分一人で寝床に戻るので、とても不思議な現象であると言えるでしょう。
    出典 :夢遊病.net
  • 脳が通常の活動をしていないために、通常のやりとりは成り立ちません。また、朝起きたときには、患者は夜間の自分の行動を覚えていないことが大きな特徴です。
    出典 :夢遊病とは
  • 夢遊病が引き起こされる原因の一つとして、精神的な問題を抱えていることが挙げられます。
    出典 :夢遊病の原因
  • 大人になってから夢遊病が引き起こされるようになったという方は、無意識に感じている欲求不満や、心の葛藤が寝ている最中に出てしまうのです。
    出典 :夢遊病の原因
  • 子供の場合は脳の発達段階が原因で夢遊病が引き起こされると考えられています。
    出典 :夢遊病の原因
  • 夢遊病はてんかんといった他の病気が原因で引き起こされることがあります。
    出典 :睡眠時遊行症について :睡眠障害の種類と症状
  • 睡眠時遊行症のエピソードにおいて、睡眠中の体動に引き続いて寝床から起きあがり、軽い前傾姿勢で歩き回ります。

    時に、逃走するように走り始めることもあります。

    エピソード中は開眼しており、ドアや窓を開けたり、的確に障害物を避けたり、階段を上ったりと比較的複雑な行動をとることがあります。

    転倒などの身体的な損傷が起こることもありますが、頻度は高くありません。
    出典 :健康ネット | 健康・体力アップ|健康・体力づくりのための知識|睡眠
  • 一般的に睡眠時遊行症と呼ばれている夢遊病は、5歳から12歳の子供に多く見られます。
    出典 :夢遊病と子供
  • 約10%から15%の子供が夢遊病の経験があると言われていますが、これは脳が未発達のために起こる現象ですので、特に心配はいりません。
    出典 :夢遊病と子供
  • 脳が成長し、大人になるにつれて、自然と夢遊病の症状は治まっていくでしょう。
    出典 :夢遊病と子供
  • 基本的には心配する必要はないのですが、てんかんなどの他の疾患による場合もあるので注意が必要です。

    問題は、幼稚園や小学校の外泊時に、事故を起こさないよう注意する必要があります。
    出典 :睡眠時遊行症について :睡眠障害の種類と症状
  • 子供が引き起こす夢遊病の原因とは異なり、大人は精神的なストレスが原因で夢遊病が引き起こされてしまいます。
    出典 :夢遊病と大人
  • 人に危害を加えることはないので、そこまで心配する必要はありませんが、睡眠障害の可能性は大いにあるのです。

    睡眠障害とは不眠症といったように、睡眠に纏わる様々な障害のことを指し、立派な病気であると言えます。

    そのため、心療内科などで専門医の診断を受けた方が良いでしょう。
    出典 :夢遊病と大人
  • アメリカでの調査結果なのですが、この国では何と850万人以上の夢遊病患者がいらっしゃいます。

    この中の3,6%が1年間に数回の夢遊病の経験があり、1%が1ヶ月に2回以上の経験をしているのです。

    このデータは全て成人のものとなっているので、大人でも夢遊病が引きこされることがあるとお分かり頂けたかと思われます。
    出典 :夢遊病と大人
  • 年齢や性別に関係なく、誰でも夢遊病が引き起こされる可能性はあるのですが、「毎日の睡眠が7時間以下」「睡眠時無呼吸症候群を引き起こしている」「うつ病になっている」といった方に多い傾向があります。

    アメリカの調査結果では、毎日の睡眠時間が7時間を切っているという方は夢遊病の傾向があり、睡眠時無呼吸症候群の方は約4倍、うつ病の方は約3倍にまで跳ね上がるのです。
    出典 :夢遊病と大人
  •  

    こんな行動を取ることはないと思いますが・・・

  • 「特に用がないのに深夜に外をぶらつく」「無意識に階段を上って物置部屋で寝ている」といった行動は、夢遊病の可能性が非常に高いと言えます。
    出典 :夢遊病と老人
  • 老人が引き起こす夢遊病は大人が引き起こす夢遊病のように、ストレスが溜まっていることが原因です。
    出典 :夢遊病と老人
  • 20代や30代の成人であれば、夜中に無意識に歩き回ったとしても、感覚器官は働いているので、そこまで大きな事故に発展するケースはないでしょう。

    しかし、老人の場合は違います。いくら感覚器官が働いていたとしても、思うように自分の身体を動かせない方がいらっしゃるので、思わぬ事故を招いてしまう可能性があるのです。
    出典 :夢遊病と老人
  • 物忘れが激しくなったり考える力が低下する認知症の患者が夢遊病を引き起こすこともあります。

    認知症の方には、夜間せん妄という症状が引き起こされることがあるのですが、これは夢遊病とは少し違うのですが、深夜に幻覚や錯覚が見られ、大声で叫んだり人を呼んだりしてしまうのです。

    この症状が起こると介護をする側も睡眠時に起こされてストレスが溜まってしまうので、認知症外来に行った方が良いでしょう。
    出典 :夢遊病と老人
  • 行動が30分以内であるかどうか
    出典 :夢遊病のチェック
  • 無表情である
    出典 :夢遊病のチェック
  • 記憶がない
    出典 :夢遊病のチェック
  • 人に危害を加えない
    出典 :夢遊病のチェック
  • 夢遊病(睡眠時遊行症)そのものに効く薬はない。

  • こどもの場合は、脳の発達過程での現象なので自然に消滅する事が多い。

  • 大人の場合は、多くはストレスが原因と考えられるので、その解消、改善が必要。

  •    今の世の中は、大人だけでなくこどもだってストレスフルな生活をしていますから、もちろんこどもに
       もストレスが原因ということもあります。

  • 普段からストレス解消、リラックスする方法を工夫、実行する。

  • 原因疾患が考えられる場合は、その疾患の治療が必要

  •    ・うつ病
       ・睡眠時無呼吸症候群
       ・不眠
       ・てんかん

       などなど

  • こどもや高齢者に対しては、事故、けがを負わないような注意、配慮が必要。

  • 発生の15分~30分前くらいに覚醒させる。