【妊娠初期】お腹がなんだかチクチク?注意したい「妊娠初期のお腹の張り」

お腹のあたりがなんだかチクチク…それって「お腹の張り」かも?妊娠初期のお腹の張りは、子宮が大きくなる為、お腹に痛みを感じることがあります。お腹の張りは妊婦の誰もが経験するもの。流産、早産につながるサインの可能性もありますので、対処法や原因を知っておきましょう!

  • MUMMY 更新日:2014/12/05

view103801

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも「お腹が張る」って?

  • 妊娠してるとお腹が張るのは当然なんです!

     

    妊娠中の体の摂理として、お腹が張るのは当然のことと言えば当然のこと。
    ただし、妊娠初期は、意外とそのお腹の張りに気がつかずに行動してしまい、切迫流産になってしまう・・・なんてことも良くある話しです。
    ですから、お腹がちょっと重いな、と感じたら、それがお腹の張りかもしれませんから、少し休憩を取るようにするだけでも改善されますよ。

  • 初めての妊娠であれば、今まで全然経験のないことばかり。その中には「お腹の張り」もあるでしょう。自分の中であお腹が張っていると自覚していないと、それがずっと続き、最終的には出血までしていると、切迫流産にもなりかねません。「お腹が張る」という自覚は、なかなか調べていても難しいとは思いますが、なんとなくでも良いので理解してみましょう。

  • 子宮は筋肉でできています。普段は子宮はゆるんでいますが、動いたり何らかの刺激で、筋肉が緊張すると、「キュッ」とかたくなることがあります。これを医学的には子宮収縮といって、一般的には「お腹の張り」といっています。
    出典 :お腹の張り [妊娠後期] All About
     

    妊娠後期では出産に備えて自然の摂理なんです。
    ただし、妊娠初期や中期のお腹の張りはその頻度や程度によって異なりますが、気をつけて行動していかなければなりません。

  • 子宮の大きさは通 常約50mlの容積ですが、妊娠して出産に至るまでに約4リットルもの容積になります。これは鶏の卵大から大きなスイカに変化していくようなもの。妊娠子宮そのものの増大と子宮を包んでいる膜が膨らんでいくときの突っ張り感が、張りとなって感じられるのです。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
     

    子宮は赤ちゃんとともにじょじょに大きくなる。その時に収縮して痛みや張りを感じるんですね~。当然のことと言えば、当然のことで、大きくなるにつれてそういった感覚が多くなります。だからこそ、徐々に張りも増えてくるんですが、それがなかなか気がつかなかったりします。

  • おなかの張りや痛みは程度の差はあるものの、妊娠中誰でもが何らかの形で感じるものです。心配ない場合がほとんどですが、切迫流産・早産の危険信号の場合もありますから注意が必要です。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
     

    お腹の張りは自然現象です。ただし、妊娠初期は、お腹の張りと共に出血などをしてしまうと、切迫流産・切迫早産になる可能性も出てきてしまいます。
    そうならないためにも、お腹が張ったかな?と思ったら、横になってしばらく休むことをおススメします。

  • 妊婦にとって「お腹の張り」は誰もが経験するもの!

     

    初産の場合は特に「お腹が張ってる」というのがわかりづらいと思います。(私は助産師さんに「すっごい張ってるよ!」と言われて気づいたほど…)

    後半になるほど張りを感じやすくなり、中期以降だとお腹がコチコチになることもあるので「これが張りか!」とわかるようになるはずです。

  • 妊娠初期のお腹の張りは、ちょっと原因が違うらしい

  • 妊娠後期になるにつれて、大きくなってきた子宮が収縮することで、お腹の筋肉も一緒に動くことによって、張りを多く経験することになります。臨月になり、正産期に入れば、お腹の張りを起こさせるように、歩いたり、階段を上り下りしたり、と出産に備えて、敢えてお腹が張るような行動を摂る場合もあります。
    ただし、これはあくまでも「妊娠から出産に備えて行う行為」です。

    妊娠初期の場合、このお腹の張りがあると、小さい命が最悪流産してしまう可能性も・・・!?

  • 妊娠初期にお腹が張る主な原因は、妊娠によって子宮が大きくなり始めたため。下腹部が重いと感じたり、軽い生理痛のような痛みを伴います。
    出典 :PART1 知っておこう! お腹の張り基礎知識 - gooベビー
     

    自分自身の体も、新しい生命がお腹に宿ったことで、色々と変化しているんです。
    ですから、そのお腹の張りも当然と言えば当然なんです。

  • 子宮を支えているいくつかの靱帯や子宮広間膜も引っ張られるため痛みを感じることがあります。このような違和感や痛みは妊娠全期間を通してありますが、妊娠初期がいちばん多いでしょう。ちょうど月経痛のような痛みが続くこともあります。そんな場合でも、出血がなくて、超音波検査での胎児の心拍動が確認できればまず問題ありません。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
     

    受精卵が染色体異常でない場合には、お腹の張りだけで流産することはなかなかありません。いくつかの要因があるはずです。
    ただし、赤ちゃんも生きようとして頑張っている間に、カチコチのベッドでは居心地悪いですよね。
    ですから、お腹が張ったら、ふかふかのベッドにしてあげるためにも、横になってみると意外とお腹の張りも落ち着いたりしますよ。

  • お腹が張ったらどうすればいい?

  • お腹が張るのは当然の摂理だと分かりました。
    けれども、妊娠後期で正産期で「どんどん動きなさい」と先生に言われるまでは、やはりお腹の張りは気をつけたいもの。
    そこで、お腹が張ったらどうしたら良いのかをまとめます。

  • イタタ・・・とお腹の張りには?

     

    ある程度のお腹の張りは仕方のないもの。出産が近づくにつれて、お腹は張るものです。
    ただし、妊娠初期でのお腹の張りには気をつけなければなりません。
    お腹が張ったな?と思ったら、どういう風にすれば良いでしょうか。

  • お腹が張ったら、ソファなどに横になり安静にして様子を見ることが第一! 足を伸ばして、お腹を圧迫しないように寝る姿勢をとるのがベストですが、外出先などで横になれない場合は、イスやベンチに座りましょう。
    出典 :PART1 知っておこう! お腹の張り基礎知識 - gooベビー
  • そのときはしゃがみ込まなければいられないほどでも、少し休めば治まるようであれば、たいていは心配いりません。
    出典 :お腹の張り [妊娠後期] All About
  • 特に注意してほしいことは、妊娠後期に突然おなかがカチカチにかたくなり、痛みがだんだん激しくなる場合です。ごくまれにしかおこりませんが、「常位 胎盤早期剥離」といって、お産の前に子宮の中で胎盤がはがれてしまう病気の可能性があります。早急に診察を受けてください。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26