その胸の痛みは肋間神経痛かも・・・痛むのは、左・右どっち???

胸に痛みがあると、心臓になにが!!と思いがち。心臓の病気以外でも胸痛は起きます。心臓の病気以外で左・右どちらにも胸痛がおきる可能性がある、肋間神経痛についてまとめてみました。

view331605

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 肋間神経痛とは・・・

  • 胸が痛く、その痛みが胸の片側で起こる場合は肋間神経痛の可能性があります。
    出典 :胸が痛い 肋間神経痛 | 胸の痛み ナビ
     

    左・右どちらの場合もあります。右の場合はあまり心臓と結びつけて考えませんが、左だとつい心臓を心配してしまいますね。
    でも、あまりの痛みに胸のどちら側が痛いかもわからない!って時もあると思います。

  • 胸に痛い時にはいろいろと心配になるものです。胸は体の中でもとりわけ重要な場所ですし、左胸には心臓があります。もしや命にかかわる病気にかかっているのでは…と不安に駆られがちです。
    出典 :右胸 左胸 痛い時
  • 私も実際に肋間神経痛になったことがありますが、この世のものと思えない痛みでした。
    朝食中に突然背中から胸にかけてに刺すような痛みが走り、息も出来ずによだれ垂らしながら苦しみました。
    横に居た妻や子供も、私のあまりの痛がり方になにをしていいいかわからなかったようで放置されてました。w
    このまま倒れるんじゃないかと思いましたが、2,3分後には多少の痛みを感じるもののある程度普通の状態に戻ってました。

    妻が、「大丈夫?」って聞いてきたのは、ある程度普通の状態に戻ってからでしたねw

  • 心臓や肺の病気以外にも

     

    考えられる原因として、肋間神経痛があります。
    肋間神経痛?聞きなれない名前ですよね。

  • 肋間神経ってどこにあるのでしょうか?

     

    肋骨と肋骨の間に神経が走ってるんですね。
    肋間神経という言葉が示す通りですね。

  • 肋間神経痛の症状は、肋間神経が走っている脊髄から肋骨に沿って痛みが起こります。
    出典 :肋間神経痛【症状と治療】
     

    病名ではなく症状のことを指すらしいですね。
    私も病院で診断してもらいましたが、「肋間神経痛ですね!」って軽く言われた記憶がありますw

  • 肋間神経痛の特徴は?

  • 肋骨の間を走り、胸から腹部から腰の上部に延びる肋間神経に沿って痛むのが肋間神経痛です。背中から胸にかけて体の周囲を回るように電気が走るような鋭い痛みが襲います。痛みの発作はごく短時間で瞬間的なこともありますが、繰り返すこともあり、特に呼吸に合わせて痛みを訴えることが多くあります。肋骨に沿って痛みが走りますが、左右どちらの側にしか起こらないのが特徴。
    出典 :胸の痛みの原因と症状 - 肋間神経痛┃【痛散湯】漢方の再春館製薬所
     

    身体をねじったり、深呼吸や、咳をした時に痛みが強くなることがあるようです。
    実際に痛みが走るときは、痛みが鋭すぎて何が起きているのかわからないくらいです。

  • 考えられる原因は・・・

  • ● 外傷、病気によるもの

    椎間板ヘルニア、事故による圧迫、骨粗鬆症による
    骨折、神経疾患など
    出典 :肋間神経痛の痛みをとる 原因 症状 治療法
  • ウイルス感染によるもの。

     

    帯状疱疹などが引き起こす場合があります。

  • その他

     

    大部分の肋間神経痛ははっきりした原因がわかっていません。
    過度のストレスや、ビタミン不足が関係していると考えられています。

  • 肋間神経痛と間違いやすい病気

  • ①気胸

     

    肋間神経痛と同じような胸の痛みがあります。
    特にタバコを日常的に吸っている場合などは、ついつい肺の心配をしてしまいますよね。

     気胸は、胸の痛みに加えて、咳や呼吸困難を伴います。
    また、気胸の場合、症状が進むと逆に痛みが軽減するため、そのまま放置してしまうということがあるようです。非常に経度な場合、自然治癒を待つこともある程なので放置しても気付かなかったということがあるのかもしれませんね。

  • 痛むところを軽く押してみた場合、肋間神経痛の場合は、強く痛む場合が多く、気胸の場合は痛まない場合が多いです。

  • ②狭心症・心筋梗塞

     

    気胸以外にも、狭心症や心筋梗塞といった病気の可能性もあります。
    この2つは激しい、胸の痛みに加え、息苦しさが加わります。

     狭心症や血管が狭くなることで心臓に送られる血液が少なくなり、激しい痛みが走りますが割と短時間で収まるようです。
     一方、心筋梗塞や血管が詰まってしまい心臓に送られる血液が劇的に減る。または送られなくなることで心筋が死んでしまう状態です。この状態では、冷や汗や吐き気、恐怖感を伴う耐え難い痛みが30分以上続くようです。

     肋間神経痛は激痛でも、痛み自体はすぐにおさまるのが特徴です。痛みが5分以上続くようなら、狭心症、心筋梗塞の疑いがでてきます。
    冷や汗や吐き気を感じた場合は、すぐに病院に連絡するようにしてください。

  •  

    心配し過ぎる必要はないですが、素人判断は危険でもあります。

    肋間神経痛であれば、大事に至ることは少ないですが
    気胸、狭心症や心筋梗塞などの可能性もあるので絶対に素人判断はやめましょう。

    気になる症状がでたら、早めに受診しましょう。

  • 肋間神経痛と診断された場合の治療方法としては、
    ・鎮痛剤(痛み止め)を服用する
    ・患部に湿布を塗布する

    が一般的で痛みが長引く場合は、局所麻酔を使用した神経ブロックなどを実施することもあります。

    また、針治療や低周波治療などで症状が良化することもあるようです。