便秘解消効果に注目!?【キャンドルブッシュ】

頑固な便秘にも効果的と言われている
キャンドルブッシュについて
まとめてみました

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • キャンドルブッシュとは

  • 1300年も前から使用されてきた民間薬

    キャンドルブッシュは、インドネシアやマレーシアなど熱帯地方に自生する植物です。現地では1300年も前から日常的に、便秘や皮膚病の薬として使用されてきました。
    日本では、厚生労働省の「食薬区分」で、「食品」として登録されています。
    出典 :便秘解消に効果的なキャンドルブッシュとは? | 美肌マニアの美容情報
  • 別名

     

    ゴールデンキャンドル
    カッシア・アラタ
    クリスマスキャンドル
    ハネセンナ
    と呼ばれています

  • 食物繊維がキャベツの約12倍、ごぼうの6倍も含まれています。ビタミン、ミネラル、ポリフェノールも含まれるため、自然なお通じに近い作用をもたらすとされています。

    とくに「クリソフェノール」というポリフェノールは、下剤作用があるので、便秘解消に効果があります。摂取のしすぎはお腹をくだすので注意が必要です
    出典 :便秘解消に効果的なキャンドルブッシュとは? | 美肌マニアの美容情報
     

    便秘に効果がある事がわかりますね

  • キャンドルブッシュのダイエット効果

  • キャンドルブッシュに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。
    副次効果として高血圧や生活習慣病の予防につながることにはなりますが、脂肪を燃焼させる直接の効果などはありません。

    「ダイエット茶」としてキャンドルブッシュを主成分に市販されているものは、便通を良くしてダイエットにつなげるもの、と考えたほうがよさそう。
    出典 :便秘解消に効果的なキャンドルブッシュとは? | 美肌マニアの美容情報
  • ヨーグルト

     

    これも便秘解消効果と
    ダイエット効果が
    期待されている物ですよね

  • 副作用

  • キャンドルブッシュに含まれているアントラキノン系成分

    キャンドルブッシュに含まれる成分に抗酸化作用のあるフラボノイドの一種(アントラキノン・クリソフェノールなど)が多く含まれており、この成分が、下剤的な効果を促します。



    そもそも、アントラキノン系成分は下剤などの多くの医薬品に使われいる成分です。
    出典 :キャンドルブッシュの副作用|キャンドルブッシュ配合のお茶への疑問
  • アントラキノン。通常の条件下で化学的に極めて安定していて、ちょっとやそっとでは化学反応は起きず、その毒性を打ち消すことはできません。



    よって、キャンドルブッシュそのもの、あるいは多数の漢方やハーブを混ぜただけの便秘茶では、到底、その毒性は消えないのです。



    常用すると約4か月、断片的に摂取してもわずか1年で大腸メラノーシスになってしまうのです。(大腸メラノーシスとは下剤に含まれているメラニン色素が大腸の粘膜に沈着してしまうこと。)



    腸壁にある神経に影響を及ぼし、ただでさえ弱くなっている大腸に更に、拍車がかかってしまうのです。
    出典 :キャンドルブッシュの副作用|キャンドルブッシュ配合のお茶への疑問
  • せっかく効果があると思ったのに

  • 大腸メラノーシス自体はそれほど深刻なものではありません。もっとも恐れるべきことは、自力での排便力が次第に弱まってしまうことです。本来なら、便秘を悪化させないように飲み続けたアントラキノン系下剤が、便秘を悪化させてしまうのです。







    簡単に説明すると、「体が薬に慣れてしまう」あるいは「抵抗力が強くなる」ことが、主な原因です。これは何もキャンドルブッシュに含まれるアントラキノン系成分に限ったことではありません。多くの薬は、常用し、長期間飲み続けると、「体が慣れてしまう」のです。
    出典 :キャンドルブッシュの副作用|キャンドルブッシュ配合のお茶への疑問
  • 結論:キャンドルブッシュ配合の便秘解消茶は便秘に効くの?

     



    いいえ、キャンドルブッシュ配合の便秘茶は便秘解消の根本的な解決とはならないでしょう。

  • キャンドルブッシュ配合のお茶は下剤と割り切って飲むようにしましょう。ただし、常用は禁物です