マタママさん、妊娠中期の頭痛で困ってませんか?

マタママさん、頭痛・・・大丈夫ですか?
妊娠中期に頭痛で悩まされる方は多いんだそうです。

原因と対策、まとめてみましたので参考に。

view549

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期の頭痛の原因は?

  •  

    妊娠中期に発症する頭痛は、緊張性頭痛という、肩こりや腰痛が原因のものが多くなります。妊娠経過で大きくなった乳房の重さで、肩が張る、おなかをかばうために、体のバランスを崩して腰痛になり、それが背中や肩まで達して、頭痛を引き起こすというわけです。

    引用)http://akasugu.fcart.jp/ninshin/cyuuki/syoujyou/dutsuu/

  • なるほど!体の変化が頭痛の原因ってことですね。

  • 妊娠初期~中期にかけて頭痛を訴える方は少なくありません。妊娠したとたんに多量の女性ホルモンが出るため、ちょうど月経前の頭痛と同じような感じで頭が重く感じられる事があります。
    出典 :妊娠初期~中期のトラブル~頭痛~ - 横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~
     

    女性ホルモンも影響?してるみたいですね。

  • 妊娠中は軽減することが多い

     

    妊娠中期と後期の6ヵ月、エストロゲンをはじめ、女性ホルモンの分泌量が高めで安定するため、一般に片頭痛は起こりにくくなりますが、ときには片頭痛が起こる場合があります。もし片頭痛が起こってしまった場合には、こめかみを冷やす、早めに横になる、光や騒音をシャットアウトするなど、まず薬以外の方法を試してみましょう。それでも我慢できない場合には、母体への影響を考慮して、薬が処方されることもあります。

    引用)http://zutsu.jp/healthcare/migrane/hormone/

  • 「安定期」なので頭痛はおきにくいようですが、やはり稀には・・・。

  • ホルモンの変化によって偏頭痛が起こっている場合も。偏頭痛のメカニズムは、脳血管が何らかの理由で拡がり、拡がった血管によって神経が圧迫されたり引っ張られることで痛みが起こるもの。偏頭痛の場合は、ズキズキする部位を濡れタオルなどで冷やし、暗い部屋で横になって休むと、拡がった血管が収縮し、頭痛が緩和すると言われています。また、普段からコーヒーを飲んでいる人は、少量のコーヒーを飲むと症状が緩和することも。これは、カフェインの血管収縮作用で、拡がりかけた脳血管を収縮させるからです。過剰摂取を続けると妊娠の継続に影響があるとされるカフェインですが、1日コーヒー1~2杯程度なら妊婦さんでも問題ないとされています。
    出典 :妊娠中期頭痛 赤すぐ|妊娠中期の頭痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    少しのカフェインなら大丈夫だそうですよ!

  •  








     「頭痛薬」は飲んでも大丈夫?

  • 妊娠中であっても、アセトアミノフェンなどの痛み止めを使用することが可能です。アセトアミノフェンは使用経験が長く、これまで妊婦さんにアセトアミノフェンを投与して、胎児に悪影響があった事例は報告されていません。しかし、長期大量投与では母体に影響を与えかねなく、また同じ痛み止めとはいっても、アスピリンなどの痛み止めは胎児に影響がありますので、痛み止めを服用する際には安易に市販の痛み止めを服用することは避け、必ず産婦人科医に相談しましょう。
    出典 :妊娠中の薬の服用|横浜市神奈川区の妊婦健診 産婦人科 | 的野ウィメンズクリニック
     

    大丈夫なようですが、種類によっては影響も。

  • 頭痛にならないために

  • ・肩、首のマッサージをする

    ・普段の睡眠は適度に。少なすぎるのも、寝すぎるのも頭痛を引き起こす原因になります。しかし、頭痛がひどいときには、無理 をせず横になりましょう。

    ・ストレス解消のために自分なりのリラックスタイムをつくりましょう。

    ・普段から姿勢を正しくするように心がけましょう。猫背でいると、血流が悪くなり頭痛を引き起こします。
    出典 :妊娠中の頭痛の原因とその対策法 | にんぷぶっく
     

    ストレスも原因になるそうです。注意してくださいね!

  • 赤ちゃんのためにも安易に薬に頼らず、
    普段の生活習慣に気配りを!