日本では10万人以上と推定されているパーキンソン病について

マイケルJフォックスさんが罹ったことでも有名になったパーキンソン病についてまとめました

view293

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パーキンソン病の診断手順

    パーキンソン病かどうかの診断を受けるには、神経内科医の受診をお勧めします。診察では、パーキンソン病の症状があるかどうかを調べます。
    まず、患者さんから年齢、症状、経過などのお話を伺い、神経内科的な診察にて症状を確認します。この段階で、ほぼパーキンソン病かどうか診断することができます。ただし、似たような症状を現わすほかの病気と区別するため、CTやMRIなどの画像検査を行います。血液・尿検査などで診断の決め手になる異常が出ることはありません。

    出典 :パーキンソン病の診断手順|パーキンソン病の診断|パーキンソン病 サポートネット
     

    まずは、しっかりとした診断を受けましょう。

  •  

    フォックスは、2000年にTVシリーズ「スピン・シティ」を降板して以来、妻トレイシー・ポランと共に4人の子育てをしながら闘病生活を続けている。また、マイケル・J・フォックス・パーキンソン病研究財団の活動にも積極的で、これまでに同財団として1億4000万ドル(約133億円)の資金をパーキンソン病研究のために提供している。

  • この病気は遺伝するのですか
    通常遺伝はしませんが、若年発症の一部は、家族性に起きます。

    出典 :難病情報センター | パーキンソン病関連疾患(3)パーキンソン病(公費対象)
     

    遺伝性ではないようです。

  • 近年、新薬や脳深部刺激など新しい治療法の開発により、パーキンソン病の経過は著しく改善し、生命的には、ほぼ天寿を全うできるようになりました。薬を服用しながら就業しているひともたくさん居ます。しかし、少しずつ症状が進んでいく場合も少なくありません。薬に対する反応は患者さんごとに異なりますし、副作用のために十分な薬が服用できないこともあります。パーキンソン病自体は命にかかわる病気ではありません。しかし転倒して骨折したり、誤嚥性の肺炎を起こしたりして寝たきりになることがあります。このような合併症を起こさないように気をつけましょう。
    出典 :難病情報センター | パーキンソン病関連疾患(3)パーキンソン病(公費対象)
     

    治療薬も日々進化を遂げています。

  • 体を動かしているときは、一定のリズムでスムーズな運動が出来ます。パーキンソン病の患者さんは、このリズムが不規則に変化してしまうために、歩いている途中で小走りになったり、急に動けなくなってしまうことがあります。

    音楽療法は、音楽のリズムにあわせて体を動かすことで脳に一定のリズムを与え、体を動きやすくすることなどを目的としています。また、音楽にあわせて歌ったり演奏したりすることで、精神的にもリフレッシュすることができます。

    出典 :音楽療法 - パーキンソン病のリハビリ - Parkinson's Disease パーキンソン病よろず相談所
     

    音楽療法というのが、あるんですね。

  • パーキンソン病だからといって生活を変える必要はありません。パーキンソン病であることを意識しすぎず、できるだけ今までどおりの生活を送りましょう。
    体が動かしにくいと、外出もおっくうになりがちですが、家の中に閉じこもって体を動かさずにいると、筋肉や関節がかたくなり、ますます体が動かなくなってしまいます。積極的に外出することで生活にメリハリがつき、心が前向きになって、運動能力が低下するのを防ぐことができます。

    出典 :日常生活のコツ - パーキンソン病のリハビリ - Parkinson's Disease パーキンソン病よろず相談所
     

    あまり、病気であることで生活を制限しすぎない方がよいそうです。

  • ストレスは症状を悪化させます。ストレスをためず、前向きな気持ちを保ちましょう。 気持ちが落ち込んだとき、意欲ややる気がないときは、医師に相談するとよいでしょう。

    パーキンソン病治療は、患者さんご自身だけでなく家族や職場の方の理解も大切です。病気をよく理解し、自分の症状をよく知ってうまくコントロールしましょう。

    出典 :パーキンソン病のリハビリ - Parkinson's Disease パーキンソン病よろず相談所
     

    パーキンソン病に関わらず、ストレスは様々は症状を悪化させます。

  • 生活上の注意 

    病気と気長におつきあいすることが大切です。できるだけ今までの生活を続けるようにし、病気についてよく知りましょう。わからない点、不安な点は主治医と相談するようにしてください。薬は自分で勝手に調節せず、必ず主治医と相談の上飲みましょう。またラジオ体操や散歩など、軽く体をほぐす習慣をつけるといいでしょう。転びやすくなるので、段差をなくしたり、手すりをつけたり、環境の整備も大事です。
    出典 :パーキンソン病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    お医者様と相談しながら、心地よい生活のリズムをつくりましょう。

  • 予後 
    現時点で病気を根治する治療法は残念ながらありません。しかし、薬をきめ細かく調整することによって、多少の不便さはあっても、症状を軽減することが可能となっています。症状の程度を表すのにホーエン&ヤールの重症度分類があり、I~V度の5段階で、Iが軽症、Vが重症となります。パーキンソン病は、厚生労働省の特定疾患(難病)に認定され、日常生活に不便を覚える時期(III度)から、援助を受けられるようになります。また介護保険で特定疾病に認定されています。
    出典 :パーキンソン病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    完治まではいかなくても症状の軽減が期待できるそうですよ。

  •  パーキンソン病は、脳の黒質という場所の神経細胞が減り、そこで作られるドパミンが減少するために起こります。ドパミンは、脳からの運動を円滑に行うようにとの指令を身体に伝える神経伝達物質です。この命令がうまく伝わらなくなるので、パーキンソン症状と呼ばれる運動の障害を生じます。この病気がなぜ起きるのかはまだわかっていません。パーキンソン病のほとんどは遺伝と関係がありません。パーキンソン病は、若年でも発症しますが、多くは中高年で発症し、患者さんは1,000人に1人ぐらいにみられます。
    出典 :パーキンソン病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    原因ははっきりと解明されていないそうです。

  • 運動症状が主なパーキンソン病では、様々な運動療法がリハビリテーションとして行われており、病状の安定や緩和、日常生活の向上において大切な治療と位置づけられています。ストレッチ運動などは、毎日の習慣として取り組んでいる方も多く、病状に合わせたより専門的なトレーニングと合わせて、症状の軽減や苦痛の緩和に有益な治療となっています。

    出典 :パーキンソン病 治療法
     

    病院にはストレッチなどを教えてくれるリハビリの専門家がいます。専門家やお医者様と相談しながら、進めるとよいですね。

  • パーキンソン病の治療は、原因である不足したドーパミンを補う事で症状を緩和する薬物治療が最も重要です。飲み薬として直接補充する事ができる様になっています。また、神経細胞の連絡の仕組みの中でドーパミンの作用が解明されてきた結果、ドーパミンの働きを補助する点が解ってきて、この働きを補助する点に作用する複数のくすりが使用できる様になっています。効果の異なるクスリを組み合わせてより効果的な治療を行うなど、きめ細かい対応が行われています。ただ、どのクスリを選ぶのか、どのくらいの量のクスリを服用するのか、については、それぞれの患者さんの症状、年齢などを考慮して判断しており、病状に合わせた適切な治療を行うためには、定期的な診察が必要です。

    出典 :パーキンソン病 治療法
  •  

    「匂い」の低下も注目されています。ふつう「匂いがわかりにくくなる」と訴える人は少ないのですが、「食事がおいしくない」や「味がにぶった」と訴えるお年寄がいます。お年寄りは匂いの問題を、食事がおいしくないとか、味がにぶったとして感じ表現するようです。


  • パーキンソン病 こんな症状も…

     

    パーキンソン病の発症は、手のふるえや歩きにくさなど、主に運動に関係した症状で見つかることが知られています。
    最近、これら運動に異常が現れるかなり前から、便秘を訴えていた人が多かったことがわかってきました。もちろん便秘がちなひとすべてが、パーキンソン病になるわけではないのですが、50歳代から70歳ぐらいまでの男性で、その後パーキンソン病になる人は3~4倍といった報告もあります。


  • 主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。
    出典 :パーキンソン病とは?
     

    治療や薬の進化を期待したいところです。

  • 片側の症状から始まり、他の部分へ進行する特徴があります。その他に、便秘や立ちくらみ(起立性低血圧)などの自律神経症状、睡眠障害、気持ちがふさぎこむ(抑うつ)などの精神症状が認められます。具体的には、じっとしている時に片側の手や足がふるえる(安静時振戦)、表情が乏しく抑揚の無い声になる、関節が硬く引っ掛かりを持つ(歯車様固縮)、立ち姿が少し前屈みで歩き方が小刻みである、歩く際に手を振らない、歩き始めや途中ですくむと次の一歩がなかなか出ない、すくんでも音や線をまたぐなどをきっかけに良くなる、身体がどちらかに傾く、字が小さくなる、等が運動症状として代表的です。精神症状には、気持ちの落ち込み、意欲、自発性の低下、夜間の不眠、認知の問題が知られています。自律神経症状には、よだれが多くなる、顔が脂ぎってくる、トイレが近くなる、汗が多くなる、インポテンツ、手足のむくみ、などの訴えが挙げられます。また、身体の痛みが起こる事もあります。