アルツハイマー病の実態と体験談

アルツハイマー病とは認知症における中核となる病気です
今の日本での高齢化社会におけるこの病気の
体験談と対処法をまとめてみました

view446

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、アルツハイマー病とは

  • アルツハイマーとは、認知症の原因の中心核にくる病気で、その症状を簡単にいうと、記憶力や物事を判断する能力が衰えていき、日常生活にまでも支障をきたすようになってしまうというものです。
    出典 :アルツハイマーの基礎知識
     

    ご飯を食べた事を忘れて
    もう一度ご飯を作り食べてしまう
    という事が起きてきます

  • [物忘れ]と『アルツハイマー型認知症』の違い

  • アルツハイマー型認知症の症状を自覚する人の多くは、「もの忘れ」で気づきます。しかしながら、アルツハイマー型認知症の特徴は新しいことから忘れていくという点で、ここが、加齢による「もの忘れ」と大きく異なる点です。
    出典 :アルツハイマーの基礎知識
     

    実際のところ認知症は
    「忘れる」
    のではなく
    ≪覚えられなくなる≫
    のですよ

  • アルツハイマー型認知症
    ・直前に起きたことが思い出せない。覚えられない。
    ・ヒントをあげても思い出せない。
    ・日常生活に支障をきたす。
    出典 :アルツハイマーの基礎知識
     

    服を脱ぐことを忘れてしまう
    トイレに行くことを忘れてしまう
    そんな時もあるのです

  • 加齢によるもの忘れ
    ・「ど忘れ」をすることがあるが、あとで思い出す。
    ・ヒントを出されれば思い出す。
    ・日常生活を送るには問題ない。
    出典 :アルツハイマーの基礎知識
     

    『あーっそうそう!そうだった』
    こんな事ならまだ平気だと言えるでしょう

  • アルツハイマーの症状は2種類


  • アルツハイマーの症状には、「中核症状」と「周辺症状」の二つの症状があります。

    「中核症状」とは、脳細胞の減少にともなう、病気の本質的な症状であり、アルツハイマー病患者に必ず見られる症状です。この中核症状は、病気の進行とともに悪化していきます。

    主な中核症状としては、「記憶障害」や時間や季節感覚、方向感覚、人間関係等の認識が欠如する「見当識障害」、簡単は計算ができなくなるといった「理解・判断力の障害」、計画立てて物事をおこなうのが困難になる「実行力障害」などがあげられます。


    「周辺症状」とは、中核症状を受けて現れる症状のことを指します。例えば、アルツハイマー患者が自分で財布をしまったのを忘れ、周囲の人に財布を盗まれたと騒ぐようなとき、財布をしまったのを忘れるという中核症状を受けて、盗まれたという妄想が生じ、この妄想が周辺症状ということになります。
    出典 :アルツハイマーの症状
     

    中核症状よりも、周辺症状の方に困っている人も
    意外といるのではないでしょうか

  • 代表的な周辺症状は

    幻想・妄想・徘徊・興奮・暴力・不潔行為・せん妄・不安・焦燥・鬱状態

    不潔行為に関してですが、想像を超える範囲で起きる事だってあります
    ・便をこねる・タンスにしまう
    ・食べる・投げる
    等もあります

  •  

    性格・環境・人間関係等
    複雑に絡み合って現れるので
    『個人差がとても激しいもの』
    になります
    周辺症状は中核症状とは違い、病気の進行と
    伴って消えていくことが多いです

  • 具体的な治療法

  • アルツハイマー病の症状を完治させる治療法は、現在の医療ではまだありません。
    しかしながら、病気の進行を遅らせ、普通の日常生活に近い生活を送れる期間をできるだけ引き延ばすことに、アルツハイマー病の治療の意義があります。

    治療法には、薬物治療と、非薬物治療があります。
    出典 :アルツハイマーの治療法
     

    完全に止める
    完全に治る
    これは現代医学では不可能な事です
    脳の委縮が始まれば、もう止める事は出来ないと
    考えても良いでしょう
    進行を遅くする事が最善策となります

  • アルツハイマー病は、早期の発見、早期治療が重要になってきます。早期発見・早期治療により、患者や周りの家族に余裕が生まれ、アルツハイマー病にしっかり向き合うことができるようになり、症状が進行するにつれて増大する、患者はもちろん家族の負担も軽減することができるのです。

    また、アルツハイマー型認知症の治療薬アリセプトは早期に使い始めれば始めるほど効果的だと言われています。
    出典 :アルツハイマーの治療法
     

    早期の発見に対してですが
    家族は気付かない事がほとんどです
    理由は
    『受け入れる事が出来ないから』
    と言われています

  • 体験談

  • ある日昼食の用意をしようと思い、夫に「今何時?」と聞いた時「6時前5分」と答えました。「何言ってんの、今からお昼にしようと思ってんのよ」と笑いとばし、そのときの夫の表情など見る事もしませんでした。それから数日して、お茶の時間にしようと思い「何時?」と聞いた時、2時半を「6時10分」と答えたのです。私はハッとしました。
    出典 :アルツハイマー病の夫と
     

    見当識障害の一種です

  • 「カレーはどうやって作るんやった?」-この言葉が、祖母のアルツハイマー型認知症の始まりでした。

    そのうち文字が書けなくなり、小学生の文字練習帳を使って毎晩のように字を書く練習をするようになりました。それでも進行が進み、ひどくなる一方。突然、裸足で家から飛び出すなど、そんな祖母の病気の悪化ぶりを見ていてとても辛かったです。
    出典 :認知症体験談|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    物忘れではないのが、わかりますね

  • 例えば息子が風邪で夜中嘔吐してしまいそれを翌朝義母は私が毒物を飲ませた、殺人未遂だなど大発狂していました。

    私と顔を合わせる度人間的批判の言葉が酷く結構ズタズタな気分になります…。
    また、ほんの一部ですがあんたが生きてると気持ちが悪い!さっさと死んでこい等と…毎日こんな感じで発狂され何年も続き胃が痛くて気が狂いそうになります。
    出典 :アルツハイマーについて教えて下さい。義母が初期のアルツハイマーで毎日訳の分からない言動が続... - Yahoo!知恵袋
     

    何とも言えないのですが
    攻撃的一面が家族に出てしまうのも、一つの症例です

  • 若年性アルツハイマー型認知症患者は、自宅介護ができなくなったら、その後の選択肢はなんですか?日本の現状を教えて下さい。先が見えず毎日辛いです。
    出典 :親がアルツハイマー(お悩み掲示板@ミクル)
     

    若年性だと、身体はまだしっかりしている方が多いので
    大暴れするという事があり、このような悩みが出る事もあります

  •  

    いかがでしたか?
    一部ですが体験談も引用してみました
    アルツハイマー病とは中々手ごわいと思います

    しかし、現在では脳の変化が糖尿病に酷似している事が
    わかっています、今後の研究次第では
    新しい治療法が見つかるかもしれません
    お先真っ暗な事はないのです