出逢いが重要!良い心療内科の選び方

心療内科の対象疾患は、胃潰瘍、過敏性腸症候群、ぜんそく、頭痛などストレスが原因と考えられる体の病気が専門なのだそうです。
良い病院、良い心療内科医と出逢うことがとても大切になってきます。
良い心療内科の選び方の参考にしてみてくださいね。

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正しい知識で心療内科の選び方がわかる!

  • ストレスと常に隣り合わせの生活の中で、ふだんなら自分なりのストレス解消方法で流せることも、時折どうしても心が折れてしなうこともありますよね。
    いつもとどうも違う自分に気づき、いざ、専門家に相談しようと思っても、初めての場合、どの診療科を選べば良いか戸惑ってしまいますよね。
    そこで基礎知識として選び方をご紹介します。

  • 心の病気に関する診療科は3つある
    出典 :初めての精神科—診療科の選び方 [メンタルヘルス] All About
     

     精神科(=神経科)、心療内科、神経内科

  • 精神科

  • 名称は異なりますが、精神科と神経科の内容は同じです。
    うつ病、パニック障害、統合失調症など心の病気全般が専門です。

  • 心療内科

  • ストレスなど精神的な要因のある体の症状(胃潰瘍、喘息など)が専門です。

  • 神経内科

  • 神経系の病気(体の麻痺、パーキンソン病など)が専門です。

    神経内科はちょっと今回は横に置いておきます。

  • では、心療内科と精神科どちらを選ぶべき?
    選ぶポイントは?
    出典 :心療内科と精神科の違いは?選び方は?実体験付:気になる話題を3分で斜め読み:So-netブログ
     

    だいたい心療内科にまずはかかってみるのがベターのようです。
    インターネットで事前リサーチしてみましょう。

  • 自分の症状に見合った専門領域の医師のところにかかるのがイチバン!

  • 心療内科と言えどもそれぞれ医者によって得意・不得意分野があるようです。

  • 何事も「相性」って大事ですよね。

  • 「相性」があるらしいです。

  • みんなが良い医師だと認めていてもあなたにとって「相性」の良い医師とは限りません。

  • あなたが医師に求めていること

  • 事前に簡単にリストアップしておくと良いかもしれません!

  • やたら薬を処方してくる医者は気をつけた方が良いですよ!

  • できれば投薬治療は避けたいですよね。

  • 最低3回くらいは通ってみること!

  • お見合いと一緒ですね。

    2〜3回は通ってみて、医師に自分の気持ちを伝え、話をして対応をみるしかないかも。

  • 困った時は精神保健福祉センターに問い合わせてみる!
    出典 :東京都立精神保健福祉センター 東京都福祉保健局
     

    電話での問合せもできるみたいですよ。
    いろいろとアドバイスがもらえるかもしれません。