もしかしたら私も・・・?!パニック障害についてまとめ!

誰でもなる危険性のある病気である、パニック障害についてまとめてみました

view293

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • パニック障害ってどんな病気?

  • パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。
     この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。
     初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。
     パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
     

    普通に生活している人でもいつかかかることがあるかもしれない障害ですね

  • 症状

  • パニック障害の最初の症状は、突然の動悸や呼吸困難、発汗、めまいなどの身体症状とともに強い不安や恐怖感を伴うパニック発作です。
     パニック発作自体は、多くの場合20~30分くらいでおさまりますが、何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしようという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれるようになります。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
     

    何度も繰り返すことによって新たな症状を引き起こしてしまうのですね

  • 予期不安は、逃げ場のないような場所でのパニック発作や、発作を他人や大勢の人に見られることの恥ずかしさといった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所や、過去に発作を起こした場所を避ける行動をとるようになります。これが、「広場恐怖(外出恐怖)」といわれます。
     「パニック発作」と「予期不安」、「広場恐怖」はパニック障害の3大症状といわれる特徴的な症状であり、この3つの症状は、悪循環となってパニック障害をさらに悪化させます。パニック障害が悪化すると、人前に出るのを嫌って閉じこもるようになり、正常な社会生活が維持できなくなります。さらに悪化すると、うつ病を併発することもあります。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
  • 場合によってはうつ病を併発してしまってさらに症状が重くなってしまう事もあるそうです

  • 検査について

  • パニック障害の疑いのある人は、心療内科や精神科の受診をお勧めします。
     パニック発作と似た発作を起こす病気は他にも「過呼吸(過換気症候群)」や「甲状腺疾患」などがあり、これらの病気がないことを調べるために血液検査、心電図検査、レントゲン検査などを行います。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
  • パニック障害の治療はどんなことをするの?

  •  パニック障害の治療には、主に脳内神経伝達物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスを改善する薬物療法が行われます。
     使用される薬剤には、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」「抗不安薬」「三環型抗うつ薬」などがあります。
     その他、心理療法もあります。
    出典 :パニック障害ってどんな病気?
  • パニック障害の治療中はお酒などのアルコールは厳禁です。早く治すためにも必ずお医者さんの指示を守るようにしましょうね

  • 最後に

  • いかがでしたか?心当たりのある方は一度検査を受けてみるといいかもしれません