【痛み】のメカニズム考えたことありますか?「痛い!」と感じてもその【痛み】の仕組み?は考えないよね!

【痛み】は身体の外部や内部からの刺激によって損傷した細胞から発痛物質が生成され、それが神経を刺激し脳に伝えられることで感じるものです。
だから【痛み】は「身体に良くない変調をきたした」という脳からのサインであり重要な役割を果たしていると言えるのです。
【痛み】を放置していてはいけないという事ですね!

view573

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【痛み】のメカニズムってどうなってるの?

  • 慢性の原因不明の痛み:動画3回目 痛みの発生メカニズム - YouTube

     

    【痛み】は原因によって色々な痛みがあります。
    身体で発生した発痛物質が、それぞれの部位から末梢神経を通り、脊髄神経によって脳に伝えられる、というメカニズムはみな同じです。

  • 【痛み】の特徴

  •  

    ・侵害受容性疼痛
    ・神経因性疼痛
    ・心因性疼痛
    などに分けられる。

  • 侵害受容性疼痛
    体の組織に害を及ぼすような強い刺激(侵害刺激)が加えられると、 体の組織に分布した、こうした刺激(圧力、化学物質、熱な に反応する神経繊維が興奮して電気信号を脊髄、脳へ向 けて伝達することによって感じる痛み(いわゆる普通の「痛み」)

    出典 :痛みについて
  • 神経因性疼痛
    神経繊維、脊髄など神経組織そのものが傷害された時に起き る痛み。
    しびれが切れた時に似た、何とも言いようのない電気の走る ようなシビレ痛みなど、様々な表現がなされる。痛みの感じ る場所は、傷害されている場所から離れたところになること が多い。
     

    出典 :痛みについて
  • 心因性疼痛
    神経から伝達される電気信号とは無関係な痛みとなる。 痛みは、通常解剖学的な神経の走行・分布とは一致しない。
    (つまりは気持ちで作ってしまう痛みだったり、鬱的な気分が原因する痛みを指します。)
    出典 :痛みについて
     

    神経に関係のない痛みがあるのですね・・・・
    気持ちで作ってしまう・・・という事ですがなぜいたむのでしょう?

  • 【痛み】・・・慢性痛

  • 知ってました?すぐ治る人と慢性痛になる人の違い 【3分動画】 東大阪市ひがし整骨院 - YouTube

     

    つまり、「痛い」と思った時にその痛みの原因を知り、早く治療をしないと慢性化する・・という事なのですね。

  • 【痛み】・・・急性痛・・慢性痛との違いは?

  • 天気・気温・気圧と「痛み」の関係