ねんね期のふれあい遊び【まとめ】

こんな遊びがあるよーって
言うのをまとめてみました
参考にしてくださいね

view357

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • この時期の赤ちゃんができること

  • 赤ちゃんの目はまだ焦点が定まらないころ。おうちのかたの顔がよく見えるのは、ママがおっぱいをあげているときの赤ちゃんとの距離と考えるとよいでしょう。
    おうちのかたからの働きかけが、赤ちゃんの感覚を育てます。
    出典 :ねんね期のふれあい遊び|おやこでHAPPY♪ おむつがえ
     

    しっかり出来る事はしておきましょう
    スキンシップですよ!スキンシップ!

  • 握手遊び

  •  

    あおむけ姿勢の赤ちゃんの両手にママの親指を握らせ、胸の前で合わせたり、開いたりの軽い体操もどうぞ。 ママの顔はちょうど赤ちゃんの視野に入って、赤ちゃんが喜びの笑い声をたててくれるのもすぐですよ。待ちどおしいね。

  • ギュっギュっ遊び

  • 遊び方

     

    赤ちゃんにおうちのかたの親指をつかんでもらいます。



    おうちのかたは赤ちゃんの手全体を包み込むように握って。



    「♪おててをギュッギュッ♪」と言いながら軽いリズムをつけて赤ちゃんの手を握る力を優しくゆるめたり締めたり。

  • てくてくおさんぽ

  • 遊び方

     

    赤ちゃんを仰向けに寝かせます。



    2本の指を交互に、赤ちゃんの体の上を歩くように動かしましょう。



    「てくてく」「てとてと」と語りかけながらゆっくりリズムをつけましょう。

  • 動物の鳴き声

  • 遊び方

     

    赤ちゃんを抱っこして顔を近づけましょう。



    「ワンさん、ワンワン」「ネコさん、ニャーニャー」など、身近な動物の鳴き声をまねして聞かせてあげましょう。

  • ねんねで ばあ

  • 赤ちゃんと遊びながら産後エクササイズーねんね期3

  • 骨盤の位置を調整しながら骨盤まわりの筋肉を鍛えます。
    開脚前屈の姿勢ですが、脚は曲げてもOK。重要なのは骨盤が立っているかどうかです。腕に体重をかけすぎないように、両手は補助として上体を支える程度に。
    お腹を引き上げ、骨盤が立っていることを意識して、おしりのお肉を引き締めながら行いましょう。
    出典 :ねんねで ばあ|ねんね期の遊び|【赤ちゃんと遊びながら産後エクササイズ】ベネッセ子育てインフォ
  • ママは最高のおもちゃ

  • 赤ちゃんがいちばん大好きなのは人間の顔というのは、多くの実験で証明されています。
    とりわけママの顔が大好き。 ウックン、オゥン、赤ちゃんの短い発声が聞こえてきたら(クーイング)、オーム返しや 「お話ししてるのね」 「そう、ごきげんなの」 など、と受け答えするママの顔の表情は赤ちゃんの最高の刺激源であり安心源です。 ママが赤ちゃんに語りかける声は、少しトーンが高く、マザリーズ(母親語)といって、赤ちゃんにはとても聞き取りやすい音。 ママのマザリーズは、最高の音楽つきおもちゃです、タダだしね。
    出典 :ねんね期の赤ちゃんの遊び|ベビータウン
     

    一番大切な事です
    物を与えるだけではなく
    しっかりと愛情を注いであげてくださいね