敏感肌の為のスキンケア

敏感肌とは肌がどういう状態をいうのでしょうか。その原因やケアの方法をまとめました。

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 敏感肌とは?

  • 実は、医学的に「敏感肌」という病名はありません。強い洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れたり、赤みが出たりするなど普通の人より反応しやすい肌を一般に「敏感肌」と呼んでいるようです。血液検査をしても、「敏感肌」であると判断できる数値が出てくるわけでもないのが実際のところです。

  • どんな状態なら敏感肌なの?

  • ・人間関係や仕事など、ストレスでニキビができる。
    ・月経前は肌の調子が悪くなる。
    ・季節の変わり目には肌が荒れる。
    ・髪の毛や洋服が肌にあたって、かゆくなる。
    ・化粧品を変えると肌にしみたり、赤くなる。

  • 髪が触れるだけでも荒れるんです

  • 正しくお手入することが大事

  • 肌に水分をキープできずに、カサカサになりやすい状態を乾燥肌と呼びます。肌が乾燥すると肌表面の角質層が乱れやすくなり、外部からの刺激に抵抗する力(バリア機能)が下がります。すると化粧品がピリピリとしみたり、肌荒れになったりしやすくなります。これが敏感肌と呼ばれる状態です。乾燥肌が原因になるので、敏感肌と乾燥肌はとても近い関係にあります。

    つまり、敏感肌にとって最も重要なケア方法は保湿ということになります。しかし敏感肌の方に多いのが「保湿してもすぐ乾燥する…」という悩み。これは、水分を与えた後、正しく保湿ができていない可能性が高いです。
    出典 :正しい保湿は敏感肌のスキンケアへの近道 | スキンケア大学
  • メークはつけるより、落とすことを大切に!

  • 【すひょん美容速報】洗顔編 ①メイク落としは、敏感肌のための泡タイプ♡ マッサージなどは絶対せず、メイクが落ちる程度に洗う。※メイク落としでマッサージをすると、逆に毛穴に色素沈着してしまうので、要注意!!!軽くサラッとメイク落としをして、すすぎはしっかりしましょう!
  • モデルRienaの肌に優しいメイク 第2回ベース編

  • 自分のお肌に合うものに出会うまでは辛抱

  • この成分が入っていないから大丈夫だと思って使っても、合わないこともあります。そんなとき「買ったけど合わなかった…」を繰り返すのはツライところですが、お肌を改善するためにも諦めてはいけません。

  • 毎日使うものだから、安全・安心できるものを!潤いのあるしっとりしなやかな肌を保つために有用な成分だけを配合したこの保湿化粧品は敏感肌【http://t.co/iSBm7TbZdK】の方も安心してお使いいただけます♪