ちょっぴり怖い「夢遊病」チェック

「夢遊病」は、自分1人ではなかなか気づくことができません。
朝起きて、記憶にないようなことが増えてきたら要注意かもしれません。

view2383

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「夢遊病」とは?

  • 夢遊病は正式名称、睡眠時遊行症とちょっと
    楽しげな病名ですが意外と怖い。
    夢遊病の症状を発症してしまう多くは幼稚園~中学校くらいまでの子供に
    見られましたが近年では大人も少なくありません。
    出典 :ちょっと怖い夢遊病の症状!!
  • 子供の場合の夢遊病は、原因が脳の成長段階におけることがほとんであるため
    自然に治まっていくと言われています。

  • 夢遊病の症状

  • 夢遊病では意識がない状態で起き上がり、歩く、食事をする、
    テレビをつけるなど日常の行動をとります。
    また、意識はないのですが、誰かに話しかけたり
    こちらが話しかけると応答することもあります。
    しかし、通常の会話には至りません。
    出典 :知っていれば怖くない!大人の夢遊病の原因と4つの対処法 | iGotit
  • 夢を見たり寝言を言ったりするときの睡眠は、「レム睡眠」と言って
    浅い眠りになるのに対し、夢遊病は「ノンレム睡眠」という深い眠りの時に
    起こるのが特徴です。

  • 夢遊病の原因

  • 夢遊病の原因として大きく挙げられるのは

    ・精神的ストレス
    ・脳の発達段階によるもの
    ・てんかんなど他の病気が関係している

    主に、この3つです。

  • 夢遊病の怖いところ

  • そして、もう一つの大きな特徴として本人に記憶が全く無い
    ということが挙げられます。
    これは、夢遊病が無意識の間に起こることが原因です。
    一人暮らしの方の場合、朝起きたら別の部屋で寝ていた、記憶にない怪我を
    していたなどの症状があれば、大人の夢遊病の可能性があります。
    出典 :知っていれば怖くない!大人の夢遊病の原因と4つの対処法 | iGotit
  • 夢遊病の対策

  • 環境の変化によるストレス・心身の疲れ・何らかの痛みといったように、
    不安となるものを取り除いていくことで、夢遊病の症状は改善されます。
    ご家族がいるという方は、そのことをしっかりと打ち明けて、
    不安を取り除くことが大切です。
    出典 :夢遊病の治療・対策
  • 1、落ち着いて見守る

     

    夢遊病を発見すると、驚きのあまり無理やり起こそうとしてしまいがちですが
    かえって異常行動が増えることもあるので逆効果です。
    まずは、落ち着いて行動を見守るのが先決です。

  • 2、家じゅうの環境をチェックする

     

    無意識に歩き回っても危険がないように
    家じゅうの環境をチェックする必要があります。
    危険なものが落ちていないか確認しましょう。

  • 3、症状がでる少し前に起こす

     

    夢遊病の症状は眠ってから1~3時間くらいの間に起こります。
    個人差もあるので、どれぐらいの間隔なのかをみて
    症状が現われる15分~30分ぐらい前に起こすようにすることで
    改善される場合があります。

  • 4、ストレスを解消する

     

    何がストレスになっているのかを見極めて
    上手に解消することが必要です。

  • 朝起きた時に、寝る場所が変わっていたり
    何かを食べた跡が残っているのに覚えていない・・・。
    夢遊病をはじめて知った時は、驚きと怖さを感じるかも
    しれません。
    ただ、精神的なことが原因になることがほとんどなので
    自身の心からのSOSとして、ゆっくり自分と向き合うことが
    改善の第一歩となるでしょう。