もしかして逆流性食道炎かも・・?

最近、声が枯れたり、喉が痛かったり、咳が止まらなかったり、胸焼けが気になったりしませんか? もし食後や起床時にこのような症状が強いなら、胃液が逆流する「胃食道逆流症・逆流性食道炎」の可能性があります。

  • mix 更新日:2013/12/17

view321

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 逆流性食道炎とは?

  • 胃酸などが食道に逆流して炎症を引き起こす症状を「胃食道逆流症・逆流性食道炎」と言います。近年、生活習慣の悪化やストレスの増加により増えている症状です。

    出典 :[逆流性食道炎・GERD]
  •  



    最近は、子どもでもストレス抱えていますよね・・。


  • CMで見たことあるな・・この病気。




  • 喉や食道に、違和感はありませんか?

  • 以下のチェック項目で、あなたに当てはまるものはありませんか?

    □ <声> かすれる・滑りが悪い・高い声が出にくい
    □ <喉> 何かが詰まったり、引っかかったりした感じ
    □ <喉> ちくちくした感じ・イガイガした感じ・痛い
    □ <飲み込み> 物が飲み込みにくい・物を飲み込む時に痛い
    □ <胸焼け> 胸やけ・胸が痛い
    □ <咳> 咳が続く
    □ <その他> 嘔吐しそうになる。
    □ <その他> 口の中が酸っぱかったり・苦いことがある。

    このような症状が見られると胃食道逆流症・逆流性食道炎の可能性があります。


    出典 :声枯れ・胸焼けはご用心!「胃食道逆流症」 [逆流性食道炎・GERD]
  •  


     特に、食後や起床時に起こる場合は要注意です。

  • 逆流性食道炎の疑いがある人は、食後に横になってみると症状が出やすいようです。




  • 原因は・・?

  • 胃には、食物を溜めて置く役割と、胃液中の胃酸で飲み込んだ食物中の細菌を殺す役割があります。

    胃自体は粘液で守られているので大丈夫ですが、もし胃液が食道に逆流してしまうと、粘液で保護されていない食道は溶けてしまいます。逆流を防いでいる通常の機能がふとしたことで低下すると、胃液の逆流が起こってしまうのです。

    胃液で溶けると食道の動きは悪くなり、場合によっては食道自体が狭くなってしまうこともあります。ですから胸焼けが起きたり、物が飲み込みにくくなったりするのです。

    口の中が酸っぱく感じるのは、胃液の逆流が原因です。もし苦く感じるとしたら、十二指腸から苦味がある胆汁が胃に逆流し、それがさらに胃から口まで逆流したためと考えられます。



    出典 :声枯れ・胸焼けはご用心!「胃食道逆流症」 [逆流性食道炎・GERD]
  •  



      胃液の逆流が胸焼けを起こします。

  • 胃液の逆流で食道が溶けるなんて、ちょっとコワイかも・・。




  • 治療法と予防法


  • ● 薬物治療が有効です。

    胃食道逆流症において薬物治療をするのが診断にも役立ちます。胃酸の分泌を抑える薬を服薬します。胃食道逆流症の症状が強くなるのは胃液の逆流が多い時で、食後に症状が強くなります。また食事量が多いと胃液の分泌量も多くなるので症状が強くなります。
    薬の服薬を開始してから食後の症状が軽くなった場合は、胃食道逆流症の可能性が高いと診断されるのです。


    ● 高い枕で症状を軽減出来ます。

    座ったり立ったりしている時は、重力が働くので胃液の逆流が起きにくいのです。ところが横になると重力が働かないので胃液の逆流が起こりやすくなります。そのため起床時の症状は強くなります。
    高い枕を使用すると頚から上への逆流が少なくなります。起床時の声枯れ・咳・喉の症状を軽くするには有効です。


    出典 :「胃食道逆流症・逆流性食道炎]
  •  





     横になったときに胸やけが起こりやすい場合は、背中に座布団や薄い布団を敷いて、上半身を20~30度上向きにしておくと、胃酸の食道への逆流を防ぎやすくなります。

  • 胸やけや声枯れも軽視出来ませんね。