【ストレス】が「不妊」の原因となることがある。「不妊」による【ストレス】との悪循環を断たなくては!

不妊の原因として、【ストレス】が大きく関わっていることを知っていますか?
身体の生殖機能は【ストレス】に大きな影響を受けるそうです。
脳下垂体が【ストレス】に反応して生殖器官に影響を及ぼし、生殖ホルモンの分泌を妨げる事になるからだそうです。
「不妊」を悩むこともストレスになるのです!

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【ストレス】が「不妊」の原因となるメカニズム

  •  

    この悪循環を断つには【ストレス】を取り除かなければなりませんね。

  • A・ストレス発生→「脳→視床下部→下垂体」の回路を使って処理・対応
    B・「視床下部→下垂体」は生殖ホルモンの分泌にも関連している
    C・ストレスによって、生殖機能が低下してしまう
    というメカニズムです。
    不妊の状態が長引くと、妊娠を切望するあまり、さらに強いストレスを抱え込むでしょう。双方が悪い循環を作り上げてしまいます。
    出典 :ストレスと不妊の関係とは? | 不妊治療まるわかり
  • 「不妊治療」をする前に心の状態を冷静にチェックしてみて・・

  • 1)夜、眠れない
    2)眠りが浅く、すぐ目が覚めたり、早朝に目が覚めてしまう
    3)拒食や過食がある
    4)一年中、冷え性である
    5)肩こりや頭痛がひどい
    6)時々、不安になったり、呼吸が苦しくなったりする

    このような方はなんらかの原因で体が危険信号を出しており、体は自分の体を守るために様々な反応をしております。このような場合、妊娠に深く関係している内分泌系にも大きな影響があり、妊娠しにくい状況となっています。また免疫系にも作用して精子や受精卵を異物として攻撃しやすくなるともいわれております。
    出典 :脱ストレスで妊娠できる?! [不妊症] All About
     

    このような事は普段よくある事で見逃しがちですが、妊娠をに臨んでおられる場合には意識することが大切です。

  • 「不妊治療」で心がアンバランスになることがある・・

  • 不妊治療で多いのがこのパターンです。不妊治療自体が心の負担になってそれが体に悪影響を与えるわけです。不妊治療のストレスはその治療をしたものにしかわからないという面もあり、環境的に見ると周りの人間が無意識に傷つけている場合が多いということ、個人の性格で見ると頭が良くて真面目で不妊治療に固執する人が多い事が特徴的であると専門のドクターはおっしゃられています。
    出典 :2/2 脱ストレスで妊娠できる?! [不妊症] All About
  • 脱【ストレス】の為には・・・気持ちの持ち方も・・・

  • 自分で自分の状態を把握できずにストレスを溜め込んでいるのはよくあることで、それを客観的に理解できれば対処できるものだと思います。

    自分の体と心に素直に向き合いながら不妊解消のための治療や生活環境の変革を行うことが不妊治療だけでなく今後の生活に大いに役立つものだと思います。
    人生の糧としてうまく体と心をコントロールしていく意識を持つことが大事なのではないでしょうか。
    出典 :2/2 脱ストレスで妊娠できる?! [不妊症] All About
     

    なかなか難しい事ではありますが、「不妊」の悩みで苦労すると人間的にも成長するのではないかしら・・・

  • 治療で【ストレス】を解消する方法もありますが・・・

  • 運動や趣味で【ストレス】解消!・・・一度自分をリセットしてみては・・・