【二重顎やたるみの原因になっていた・・・】首猫背を治す方法

首が肩より前に出てしまう『首猫背』。ただ格好悪く見えるだけではなく、なんと二重顎やたるみの原因になっていることも!簡単にできる解消法をご紹介します♪

  • choco 更新日:2013/12/25

view1601

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 首猫背とは・・・

  • 首から頭が極端に肩の前に出ているタイプ。壁に背中をつけると、極端に顎が上がります。
    出典 :歪みのチェック
  • 原因は首の位置!

  • パソコン作業やスマホに没頭したり、ボクシングやバレエなどで、アゴを引いた状態を続けるとなりやすい。
    出典 :猫背は首枕では治らない 原因は骨盤の後傾
  • ディスプレイに限らず、小さいくて見にくいもの見るときには、目を近づけなければなりません。そのとき体全体を前に持っていけばよいのですが、椅子に座っていたり、見ることに集中しすぎたりしてすると、目がついている頭だけを前に持っていくことになります。

    仕事や勉強、趣味などでその姿勢が長く続くと、常にその状態となる首猫背になりやすいと言えます。
    出典 :首猫背の原因
  • 首猫背は、体調面そして精神面でも色々な悪影響が出てくる

  • ○美容面では、顔に影響が大きく出る

     

    他の人からこのように↓↓見られてしまう > <

  • ・おでこが前に出っ張っている(瓜実顔)

    ・後頭部が平ら(絶壁)

    ・えらが張っている(横から見ると四角顔)

    ・顎が長い(しゃくれ顎 or 猿顔)

    ・二重顎(下顎がたるんでいる)
    出典 :首猫背の影響
  • 簡単にできる解消法♪

  • まずは正しい姿勢を知ることからスタート♪

  • 1.首だけを動かして真下を見て、うなじを伸ばします。
    2.うなじの伸びを保ったまま、下半身を動かさず頭頂を真上に戻します
    3.上手くできない方は、肩甲骨の間辺りをそらす感覚でやると上手くいきます
    4.正しくできていると、首の後ろが太くなるので、鏡で確認してみましょう
    出典 :首猫背の矯正
     

    続いてこの姿勢を維持するための筋トレ↓↓

  • ○首の呼吸筋のストレッチ

  • 首の回りの筋肉や肋骨に付いている筋肉は、普通のストレッチで十分に緩められる。

    右手の掌を、左耳の上あたりに付けて、息を軽く吐きながら、5秒~10秒かけて、頭をゆっくりと右側に倒してゆく。

    出典 :首の呼吸筋と、胸鎖乳突筋のストレッチ
  • 仕事や家事のすきま時間で出来る「首トレ」

  • ①壁に背中を付けて、自然に立ちます。

    ②そのまま、後頭部を壁に付けます。

    ③①②を10回繰り返しましょう。

    頭を支える力が強くなるので首猫背の改善にもつながりますし、姿勢が良くなれば、肩こりや頭痛に悩まされることもなくなります。
    出典 :首トレで猫背解消!マイナスオーラを吹っ飛ばそう!|姿勢の達人Lesson5|武田まり子
  • ○イスを使う3分ストレッチ

  • どこでも簡単に3分でできるストレッチを紹介します。イスに腰掛けて肩の力を抜き、背筋を伸ばした状態で行ってください(イスがない場合は床に座って行ってもいいです)。
    出典 :首猫背を治す(簡単ストレッチ)
     

    こちらのサイトで3STEPで詳しく紹介されています♪ぜひお試しください