寒くなると悩ましいのが皮膚の角質・・・正しく【ケア】するにはどうしたらいいのですか~~~!

皮膚の角質【ケア】、冬になると大切な「仕事」となりますね。
【ケア】しないでほったらかしておくと、見た目が悪いのは勿論、女性の場合にはストッキングやソックスがひっかかって破れたりしますよね。
男性だって、かかとは綺麗な方が良いですよね。さあどーする?

view213

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 「角質」はなぜできる?

  •  

    「炎症」起こしてるの?

  • 「乾燥」が皮膚に与える影響

  • 「角質」って悪者?

  • 角質除去という言葉を聞くと、角質層がすべて悪い印象を持ってしまいますが、角質層は外からの有害な刺激を体内に伝えないようにする働きがあります。

    もし皮膚に角質層がないと、紫外線が直接体内に入り込んでしまいますので、人類は健康体ではいられないことだと思います。
    出典 :なぜ角質層ができるの?
     

    ちょっと考え方変えないといけませんね!

  • しかし、「角質」が悪い影響を及ぼしていることも確かなのです!

  • 本来なら体から剥がれ落ちるはずの角質が、毛穴などに詰まり毛穴の出口を塞いだりします。このような毛穴の出口を塞いでいる角質を特に角栓といい、黒ずんで見えることがあります。
    また、古い角質に汚れや皮脂が吸着することによって、皮膚がくすんで見えたりガサガサに見えたりします。
    さらに、古い角質を肌にくっつけたままにしておくと、その角質に汚れがたまったり細菌が発生したりして、悪臭や炎症の原因にもなります。
    出典 :なぜ角質層ができるの?
  • つまり・・・
    古い角質は取り除き、必要な角質は残しておくという方法が美容にも健康にも一番良いというわけですね!
    出典 :なぜ角質層ができるの?
     

    必要な「角質」の見分け方が難しい??

  • かかとの角質【ケア】しましょ!

  • 1.角質がやわらなくなる入浴後にファイル(足裏専用やすり)で取り除く。やり過ぎには注意!
    2.スクラブでマッサージするように足裏全体になじませ、足裏をなめらかな状態に仕上げる。
    3.乾燥していると角質がどんどん硬くなるため、最後にクリームをすり込んで保湿。尿素など角質柔軟作用のあるクリームがオススメ。
    *硬くなったひじ・ひざ・かかとの角質部分を、もっとスベスベにしたいという時は、顔用のピーリングケアを使うのも◎

    出典 :2/2 角質ケアの基本知識と方法 [ボディケア] All About
  • 「角質」を取るための製品の色々

  • ガサガサかかと 角質ポロポロ Pida2 マッサージジェル - YouTube