乳がんの手術。切除それとも温存?どう違うの?

女性のがんではとってもポピュラーな「乳がん」。手術となると、乳房を「切除」するのか「温存」するのかが悩みどころですよね。また、最近では乳がんを予防する「「予防的乳房切除」の手術も、アンジェリーナ・ジョリーが受けて話題です。そんな「乳がん」の手術についてまとめました。

view466

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳がんは、女性なら気にしなくてはいけない病気

  • ピンクリボン運動などで、乳がんに対する啓もう活動が盛んになっています。とっても身近な「乳がん」という問題、そして「手術」は、もはや他人事ではありません。

  •  

    ピンクリボンは世界規模での「乳がん」に対する啓もうのしるし。

  • 現在、日本人女性の乳がん患者は急増しています。1996年には、がんにかかる女性全体の中で、乳がんになる人は胃がんを抜いて第1位になりました。2005年には乳がんと診断された患者数は5万人を超え、女性が一生の間に乳がんになる確率は16人に一人とされています。しかも、死亡数も年々増えているのです。
    出典 :乳がんの基礎知識 - ピンクリボン運動 | コニカミノルタ
     

    現在はもっと患者数が増えていることが想像できますね。

  • 乳がんの手術ってどんなもの?

  • 乳がんの手術方法は、乳房全体を外科手術によって取り除く「乳房切除術」と、しこりを含めた乳房の一部だけを切除してふくらみを残す「乳房温存術」の2つに大別することができます。

    また医学的にはそれぞれの手術法は、手術のとき切除する範囲などにより、さらにいくつかの種類に分類されています。

  • 乳房切除術ってどんな手術?

  •  

    転移や再発のリスクを下げられます。

  • その名前の通り、乳がんの部位だけでなく、乳房全体を切除する手術法です。

    胸の筋肉(大胸筋と小胸筋)は、どちらも残す方法(Auchincloss法)と、小胸筋のみを切除する方法(Patey法)があります。大胸筋と小胸筋の両方を切除する方法(Halsted法)は現在ではほとんど行われなくなっています。

  • 乳房温存術ってどんな手術?

  • ●乳房扇状部分切除術

    腫瘍を含む領域の乳房を、ケーキをカットするように扇状に切除します。乳房の変形を小さくするために、残った乳腺の切り端(断端)は寄せ合って縫い合わせます(縫合)。

  •  

    術後の見た目のこともあり、温存術を選択する人も。

  • ●乳房円状部分切除術

    腫瘍の周囲に正常乳腺をつけて円状に切除します。乳腺の欠損した部分は、直接縫合するか、周囲の脂肪組織などを使って充填することもあります。

  • 最近は、乳房の再建手術、その技術の向上もあり、転移や再発を予防するうえでも、乳房切除を選択する人も多いようです。

  • 乳がん手術で、乳腺の一部だけを切除する「乳房温存術」を選ぶ患者の割合が減少傾向に転じた。日本乳癌(にゅうがん)学会の調べでわかった。人工乳房の普及などで、全摘しても乳房をきれいに再建できるようになったことが背景にある。
    出典 :朝日新聞デジタル:乳房温存、減る傾向に 乳がん手術、再建の技術向上で - 社会
     

    女性ならどうしても術後の形状が気になりますね。

  • 乳がんで乳房をとった人向けに、シリコーン製の人工乳房をオーダーメードで作る職人がいる。「ブレストケア・アーティスト」。日本人工乳房協会(名古屋市)が認定する技能者だ。

     約30人が所属する池山メディカルジャパン(名古屋市)は国内最大手のメーカー。2006年1月に人工乳房事業を始め、注文数は今年、3千人を突破した。拠点の一つが熊本県合志市にある
    出典 :朝日新聞の医療サイト apital
     

    人工乳房をつくる職人さんが乳がん患者の社会復帰を支えています。

  • 予防のために手術を受けるという選択も

  • ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが、乳がんを予防するために、切除手術に踏み切ったことは、世界中で大々的に報道されました。
    遺伝的要素などから、かかる確率が高い人は、こうした「予防」目的での手術もあるのですね。

  •  

    予防切除後、初の公の場に姿をみせたアンジー。

  • それによると、母を56歳の若さで卵巣がんにより亡くしている彼女は、遺伝子検査でがん抑制遺伝子のひとつに変異が見つかり、将来、乳がんになるリスクが87%、卵巣がんのリスクは50%という診断を受けたのだそうです。そこで彼女は、発症前ながら予防のために両乳房を切除するという選択をしました。

     治療は2月2日から始まり、4月27日までのおよそ3か月の間に3回に及ぶ手術を受け、乳房の中身をそっくり切り取り、中に詰め物を入れる再建手術が行われたとのこと。手術後、乳がんのリスクは5%まで低下。アンジーは、手術でバストに小さな傷は残ったものの、子どもたちと長い人生を一緒に過ごすためであること、自身の決断に満足しており、女性として何かを失ったとは思わないと断言しています。
    出典 :乳房の予防切除で世界に反響 アンジェリーナ・ジョリー : セレブ☆スタイル : ビューティー : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    再建手術後、公の場にも堂々とあらわれて、人々を勇気づけましたね。

  • 乳腺切除手術を公表してから初の公の場となったジョリーはレッドカーペットでメディアの質問に応じ、自身の公表によって女性の健康をめぐる議論の幅が広まりうれしかったと述べた。また、「人々からの温かい支援にとても感動している」とも明かした。
    出典 :乳腺切除のアンジェリーナ・ジョリー、公表後初めて公の場に 写真38枚 国際ニュース : AFPBB News
     

    これでより一層、乳がんに対する意識が高まりましたね。