主婦の皆様必見!骨盤体操!!

骨格のゆがみをとるために必ず行ってほしいのが「基本の体操」。そして「ゆがみタイプ別の体操」は、それぞれの骨盤のゆがみのタイプに応じて組み合わせてください。

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 猫背の女性は、太る?!

  • 猫背によってどれだけ私たちの体に恐ろしいことが起こるか知っておきましょう。

     

    いすに深く寄りかかったり、前傾姿勢になり、猫背になったり。こういった悪い姿勢は、体に悪影響を及ぼすだけでなく、メンタルなどいろんな部分に悪影響を及ぼします。

  • なぜ猫背になると不健康だったり、太る原因になったりするのか?というと、首周りや脇の下のリンパの流れを滞らせてしまうからです。リンパの流れが悪くなると老廃物が体の外に出て行きにくくなり、代謝が悪くなってきますよね?特に脇の下にはリンパ節が密集していますので、そこが滞ることで全身のリンパが滞り、むくみや冷えの原因にもなります。
    出典 :こんなに怖い!猫背が与える悪影響と猫背を治すカンタン矯正方法 | らふらく^^
     

    体型以外の体の不調の原因に猫背は、体型だけでなく、偏頭痛、耳鳴り、目のかすみなど健康面にも悪影響を与えるようです。また、首の後ろには自立神経が通っていますから、圧迫をうけると健康面にさまざまな支障をきたします。

  • 座る仕事が多い女性

  • 長時間のデスクワークで座りっぱなしの女性は注意が必要です。

     

    首と肩甲骨付近には、”褐色脂肪細胞”という、エネルギーを燃やす細胞が密集しています。エネルギーが余った時や体が寒さを感じる時に、脂肪を燃やして熱を出し、全身に温めた血液を送り出します。

  • 骨盤力とは、「整った骨盤+柔軟性のある股関節」。安産をするためには、このふたつが欠かせません。エクササイズで、お産に向けた体づくりを始めませんか?
    出典 :骨盤力UPエクササイズ - gooベビー
     

    骨盤のゆがみを治す方法として、腰に両手をあてて回す運動が一番ポピュラーなものではないでしょうか。足を肩幅くらいに開き、両手を腰にあてます。そのままフラフープを回すようにして、腰を水平に回しましょう。両足をしっかり前に向けたまま、なるべく膝を曲げずに行うのがポイントです。

  • 体は使わなければ硬くなる!

  • 骨盤ストレッチで歪みが直ると食欲中枢への神経伝達がスムーズになり、食べすぎを防止する?!

     

    骨盤ストレッチでゆがみが直ると脊髄を通る各神経の働きがスムーズになり、これが新陳代謝を活発にしてむくみを解消させることもできます。

  • 女性の方は、妊娠をすると思いがけない体調の変化にとまどってしまうことがあります。妊婦は、骨盤が広がりやすくなっていますし、胎児の重みで腰痛などの症状に悩んでいる方が増えています。安定期に入ったら、担当医に相談をして、体調に合わせて適度な運動をすることで、体が柔軟になるため、安産になりやすくなります。
    出典 :妊婦 骨盤 ストレッチで注意するポイント
     

    家事をしている時は、骨盤ベルトなどを着用するようにすると体を動かすのが楽になります。妊婦さんで、初めての出産の方は不安なことが多いと思いますが、体に無理のない程度にストレッチをすると、血流が改善されてきますし、気分転換になります。骨盤の位置が正しくなることで、体の不調を改善出来ます。

  • 骨盤ストレッチは毎朝しよう!!

  • 「やらねば」ではなく、「楽しく続ける」が大切です!!

     

    骨盤ストレッチは朝と寝る前が効果的だそうです。筋肉が柔軟になることにより、血流がよくなり、代謝がよくなります。

  • 骨盤がゆがむと、内臓が下がることで、ぽっこりお腹になったり、血液やリンパの流れが悪くなることで、基礎代謝が悪くなったり・・・と、下半身太りの原因となります。骨盤が正常な位置に戻ることで、筋肉のバランスがよくなる、基礎代謝がアップする、脂肪がつきにくくなるなどのダイエット効果が得られます。
    出典 :豊橋市 骨盤ストレッチ整体 | 豊橋市西岩田の整骨院、ゆたかバランス整骨院
     

    便秘も解消します!骨盤がゆがむと内臓が下がり、骨盤内にある大腸が圧迫されます。骨盤を正しい位置に戻すことで、腸の働きがよくなり、便秘解消にもつながるのです。また、骨盤がゆがむと、筋肉のバランスも崩れます。筋肉が硬くなることで、血行が悪くなり、肩こりや腰痛を引き起こします。肩こりが悪化すると、さらに頭痛や吐き気などにつながるのです。

  • 安産を生み出す骨盤ストレッチ!!

  • 安産のための骨盤ダイエット!

     

    「筋肉の量」と「体の柔らかさ」で安産は決まる。

  • 妊婦の安産を決定づけるものとして、「筋肉の量」と「体の柔らかさ」がある。体に筋肉の量が多ければ、それだけ体温が高く、胎児を排出させるパワーを持っているということなのである。体が柔らかければ、それだけ子宮口や産道が開きやすくなるし、体力も出やすくなるのだ。筋肉量と柔軟性がミックスしてこそ、妊婦がその持てるパワーを充分に発揮できるようになるからだ。
    出典 :骨盤ストレッチ ~安産を生み出す骨盤ストレッチ~: ★★開運マルモリ面白書評倶楽部!★★
     

    女性の体に筋肉量が多く、体が柔らかいと安産になる確率が高くなります。女性も26歳を過ぎると徐々に筋肉量が落ち始め、体から柔軟性が失われていきます。26歳から早産や難産が徐々に増加し始め、30代後半にもなれば、早産や難産の発生率が高い数値をマークしていきます。