【コレステロール値はできるだけ下げればいい?】貴方はコレステロールについてどれだけ知っていますか?

ダイエットに対敵となるコレステロール。ところが、実際、コレステロールってなにかを聞かれると説明できますか?実は、コレステロールが私たちの身体に必要なものだ知っていましたか?コレステロールについて学んでいきましょう。

view498

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コレステロール

  • コレステロール

  • コレステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。分子式は C27H46O と表される。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。

    名称は1784年に研究者が胆石からコレステロールの固体を初めて同定した際、ギリシア語の chole-(胆汁)と stereos(固体)から名付けられた。加えて化学構造がアルコール体であるため、化学命名接尾辞 "-ol" が付けられる。

    いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体を示し、コレステロール分子自体を指すものではない。善玉と悪玉の違いは複合体を作るリポタンパク質の違いであり、これにより血管内での振る舞いが変わることに由来する。これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。

    コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる。

    また、液晶の原材料など工業原料としても利用される。
    出典 :コレステロール - Wikipedia
     

    コレステロールには善玉と悪玉と呼ばれるものがあります。

  • コレステロール① - YouTube

     

    コレストロールについて学びましょう。

  • コレステロールはなくてはならないものです。

  • 【鍛治信太郎】善玉コレステロール(HDL)は健康にいい善人。悪玉コレステロール(LDL)を減らしてHDLを増やせば動脈硬化が減る――。こんなコレステロールの常識が最近怪しくなってきた。HDLにもさして善行をしないただの人や、中には悪人もいるらしい。HDLは量だけでなく質も大事なようだ。

     何かと評判の悪いコレステロール。実は、細胞膜やビタミン、ホルモンなどをつくるうえでなくてはならない。食べ物にも含まれるが、主に肝臓でつくられ、体の隅々に運ばれる。この運び役がLDL。コレステロールをたんぱく質や脂で包んだものだ。
    出典 :朝日新聞デジタル:善玉の中に裏切り者 崩れるコレステロールの常識 - テック&サイエンス
     

    コレステロールは何かと悪者にされますが、実は身体にはなくてはならないものです。

  • 悪玉コレステロールは悪じゃない - YouTube

     

    コレステロールについて。

  • コレステロールが少なすぎ!医者に無理しすぎと怒られました(笑) - YouTube

     

    コレステロールが少なすぎても実は駄目なんです。

  • コレステロールの正体を解明せよ - YouTube

     

    コレステロールとは一体何なのでしょう。

  • 高コレステロールの治療

  • ダイエットの天敵、コレステロール

  • コレステロールが身体に必要な物だと説明しましたが、取り過ぎるとやはり、肥満の原因になってしまいます。

  • No.1109『コレステロール値、結局下げなくて良いの?』 - YouTube

     

    コレステロール値は下げたほうが良いのでしょうか?

  • コレステロールは適度にとることが大事