インフルエンザが流行する前にしておくべきこと。

毎年毎年、流行するインフルエンザ。今年こそ、無縁の生活をするためにしておくべきことはなんでしょうか~

view437

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • わかっているようでわからない~インフルエンザについて・・・

  • そもそもインフルエンザとものすごく重い風邪ってちがうの~???

  • ちがいます。
    インフルエンザウイルスに感染して罹るのがインフルエンザ。
    伝染性が非常に強くて重症化しやすいので、重症の風邪とも別物です。

  • ちなみに風邪とは・・・

  • 「かぜ」とは、鼻・のど・気管などの呼吸器にさまざまな病原体が感染して起こる急性の病気の総称で、正確には「かぜ症候群」と言います。「急性鼻炎」「急性咽頭炎」「急性扁桃炎」「気管・気管支炎」などを含んでいます。病原体のほとんどは、ライノウイルス、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、または子どもに多いRSウイルスなどのウイルスです。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|インフルエンザ
  •  つまり、風邪症候群とインフルエンザとではそもそもウイルスが違うのですね。

  • 次にインフルエンザの特徴をみてみましょう。

  • 潜伏期間 … 1~3日
    感染経路 … おもに飛沫感染(※)
    発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る
    症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状 など
    療養期間 … 一週間程度
    ※飛沫とは、くしゃみや咳(せき)などで唾液や鼻水が小さな水滴となって飛び散ること。
    出典 :インフルエンザ~症状と種類、予防まで~
  • 急激に高熱が出たら、要注意ですね。

  • よく聞く、A型とかB型とかって一体・・・?

  • ウイルスのタイプによってA・B・C型あり。

     

    A型・B型はよく聞きますが、C型はあまり聞きませんね。
    これはC型はほとんどの人が幼児の頃に感染し、症状も軽く、免疫も長持ちするため、流行することがほとんどないからです。
    対して、最も流行しやすいのはA型。これは、ヒト以外の媒体を通して、ウイルスが常に新しく変化するからです。2009年に大流行した新型インフルエンザもこれで、記憶に新しいですね。
    B型はヒトからヒトへの感染しか確認されていないため、ウイルスが変化することもなく、A型ほど流行しないといわれています。

  • 治療法は・・・

  • 最もよく耳にするのが

     

    タミフル。

  • 実は「タミフル」は商品名なので、正しい薬の名前は「オセルタミビル」
    「バンドエイド」と言ってしまうけれど、正しくは絆創膏、みたいなことですね。

  • リレンザ

     

    吸引式です。

  • 予防法

  • 予防接種も有効だけれど、まずは普段の生活から予防したいものですね。

  • 風邪とインフルエンザは違いますが・・・

     

    予防接種以外の予防法は基本的に風邪と同じといわれています。

  • ①うがい・手洗いの徹底
    ウイルス飛沫感染・ウイルスの付着したものに触れての感染(接触感染)を防ぎましょう。
    ②バランスのとれた食事とたっぷりの睡眠
    ③部屋の乾燥に注意。
    乾燥する時期に流行するインフルエンザ。加湿器などを上手に使って乾燥を防ぎましょう。
    ④なるべく人混みに行かない。
    これはなかなか難しいですが・・・接触する人の数が増えればそれだけ感染のリスクも増えます。
    絶対インフルエンザに罹りたくない!という時はなるべく人混みを避けたいものです。

  • 元気に~

     

    インフルエンザに打ち勝ちましょう~