ビールのおつまみがそのまま!【枝豆ダイエット】

枝豆の効果はダイエットに使えるのです
そんな枝豆の効果をまとめてみました

view510

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 枝豆ダイエットって?

  • 暑い日はやっぱりビールに枝豆が黄金コンビでしょうか。

    私も枝豆大好き、食べ始めたら止まりません。

    そこで80Kcalの枝豆を計量してみました。
    殻付きで120gが80Kcalになります。
    出典 :枝豆のカロリー 食べ過ぎ注意!|モデル体型ダイエット塾:標準体重から食べて痩せる
  •  

    おやつを枝豆に変えるだけでやせられる!?枝豆は脂肪の吸収を抑え、食べ過ぎを防ぐ効果があり、ダイエット効果の高い食材です。枝豆ダイエットとは、食事やおやつに枝豆を取り入れるだけの、食事制限もカロリー制限もない、リーズナブルなダイエット法です。

  • ダイエット方法

  • 枝豆ダイエットとは、枝豆を食事に取り入れたり、おやつの代わりにしたりして、摂取カロリーを抑えながらしっかり栄養を摂取できるダイエット法です。

    枝豆は50g(25さやくらい)で70kcalほどです。間食する習慣のある人は、おやつを枝豆に変えるだけでも摂取カロリーを大幅に減らせます。

    また、食事に取り入れる場合には、枝豆を食べてから他のものを食べるようにすると、食欲が抑えられ、食べすぎを防止できます。
    出典 :【枝豆ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  •  

    横一列の束が10個です。

    3個入っているものが18個。
    2個入っているものが24個。

    18×3+24×2=102 

    ということで  102粒 で80Kcalでした。(なんと暇な!!!)

    豆は中くらいの大きさです。

  • メリット

  • 枝豆は、野菜に含まれるビタミンやミネラル、豆類に含まれるたんぱく質を持ち合わせています。さらに、女性にうれしいイソフラボン、脂肪の吸収を抑制するサポニン、満腹感を得られる食物繊維などが豊富に含まれています。ダイエット効果だけでなく、美肌、便秘解消、ホルモンバランス 整えるなどの効果も期待できます。

    枝豆は夏に収穫されますが、最近は冷凍の枝豆がいつでも安く手に入ります。冷凍の枝豆ならば、ゆでる手間もなく簡単に食べられるので、安くて手軽であるところも魅力ですね。
    出典 :【枝豆ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • デメリット

  • 栄養豊富で、低カロリーな枝豆ですが、食べすぎは良くありません。「枝豆を食べだすと、つい止まらなくなってしまう」という人は多いのではないでしょうか。
    枝豆の食べすぎは、たんぱく質の過剰摂取の原因となってしまいます。枝豆には痛風の原因であるプリン体が多く含まれているので、尿酸値の高めの人は特に注意が必要です。1日に食べる枝豆の量を決め、食べすぎを防ぐと良いでしょう。
    塩を振る場合には、塩分の取りすぎにも注意が必要です。

    また、「枝豆を食べると、ついビールが飲みたくなってしまう」というのもデメリットかもしれませんね!?
    出典 :【枝豆ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 1日のイソフラボンの摂取量の理想

  • 1日のイソフラボンの摂取量の理想は 40~50mgです。

     


    この量は 豆腐・・・150g(半丁)
    きな粉・・・20g
    納豆・・・60g(1パックと半分)

    1日の内に上記のもの1種類だけで十分な量なのです。それ以上摂取しても体外に排出されます。不要なんですね。

    そしてカロリーはありますので必要以上に食べるともちろん体脂肪になります。

  • 食品安全委員会新開発食品専門調査会

  • 食品安全委員会新開発食品専門調査会では、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」において、特定保健用食品としての、大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算)としています。

    サプリメントを日常的に服用している方はご注意ください。

     特定保健用食品以外の個別の「健康食品」については評価を行っておりませんが、この考え方をご参考に過剰な摂取とならないようにご注意下さい。
     
    出典 :枝豆のカロリー 食べ過ぎ注意!|モデル体型ダイエット塾:標準体重から食べて痩せる
  • 過ぎたるは及ばざるがごとし