「サンタさん、弟妹をください」【二人目不妊】のお話

晩婚化→高齢出産化で、一人目は産まれたけど第二子がなかなか生まれない「二人目不妊」が増えているそうです。身体的な問題から、出産後の性生活の変化まで、その原因も様々。また、いつごろ産婦人科を受診すればよいのかも悩みどころです。

view464

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二人目がなかなか生まれない・・・「二人目不妊」について

  • 俗に言う「二人目不妊」は流産歴の有無は問わず、一人お子さんがいて、その後次のお子さんがなかなかできない状態をさしますね。
    これは、続発性不妊の一種になります。 前回の出産後に母乳をあげている期間が終了してから不妊期間としてカウントします。
    (3年前に出産して、1年間母乳をあげていたら不妊期間は2年間となりますね。)
    一般的には2年間避妊をせずに普通に夫婦生活を続けていれば 約90%が妊娠すると言われているので、上記不妊期間が2年間ありなかなかに妊娠に恵まれない場合は「二人目不妊」と考えてよいかと思います
    出典 :産婦人科の基礎知識/二人目不妊
  • 「弟・妹が欲しいよ」

     

    25年以上前、私の口癖でした。あの頃のオカン、ごめんなさい

  • 最近の出生率は1.29、つまり1人の女性が産む子どもの数が1.29なので、ほとんどが、ひとりっ子なのですが、多くの人が、子どもは2人ほしいという気持ちをもっているようです。
    「1人目を妊娠するのに何年もかかった人は、1人で十分という人もいますが、たいていの人は健診などのついでに受診しますね。
    また、体外受精をする人も増えてきていて、今や80人に1人が体外受精をしている時代。
    体外受精をして、1人目のときに受精卵を凍結している人は、出産後生理が再開してしばらくすると、“受精卵を移植してください”と言って受診しにきます。そういう意味でも、2人目不妊での受診率は高くなっていると言えます」(はるね先生)。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  • 「二人目不妊」で悩む人の状況は様々

  • 1人でも大変なのに

  • 二人目不妊の原因
    皆さんから挙げられた項目の特徴をまとめてみると、
    1.身体面での心配
    (なかなか授からない、2人を育てる体力・気力があるか)
    2.経済面。教育費は足りるか、会社で戦力外になって雇用は大丈夫か。
    3.ワークライフバランス。第二子育児も夫の関わりは期待できないのか。自分が多忙で心配。
    4.お互いの性生活や関係性
    大きく4つの分野に分けられます。

    出典 :2/3 二人目がなかなかできない…二人目不妊とは [妊娠準備] All About
  • 原因として考えられるのは

  • ・年齢の変化
    ・卵管環境の変化
    ・排卵機能の変化
    ・子宮環境の変化
    ・本来は不妊症
    ・相手が変わった

    出典 :産婦人科の基礎知識/二人目不妊
     

    初産の平均年齢も上がっているので、それに比例しますね

  • 第一子出産後の性生活の変化

  • 第一子妊娠・出産後の性生活の変化に戸惑う方も多いようです。

    妊娠前はお互いセクシーな気持ちで触れ合っていたのに、そのような気持ちにはなかなかなれないことに困っている女性、夫がまったく求めてこなくなって、もう女性として見てもらえないのではと不安になっている女性もいます。

    妊娠・出産を通じて、女性はホルモンバランスが大きく変化します。
    また、お互い「夫・妻」から「父・母」という面も持つようになります。
    体も心も大きく変化する中で、性生活も変化し、子どもを持った男女として次のステージに移行するのは自然なこと。
    何も自分たちを責めたりするようなことではないのです。

    何より、出会った頃の相手との比較や、妊娠前のステージとの比較はナンセンスです。
    人は毎日変わるのですから、同じ人はどこにもいません。
    以前より、気持ちが高くなる低くなるの高低や強弱ではなく、時期別、状況別に柔軟に変われる二人の関係性のほうが、素敵ですね。
    出典 :3/3 二人目がなかなかできない…二人目不妊とは [妊娠準備] All About
  • 今までと違ったコミュニケーションで愛を深め合える時期

  • 男性もまた、愛する妻の体を大切に思い、無理をさせてはならないと以前よりは積極的になれない方は多いようです。
    出産は、最も子宮が働く女性としての仕事。決して産後女性を「女性」として見れなくなったということではないはずです。
    今までは性生活に積極的になれなかったけれど、またしてみたいな、と思い始めたら素直に気持ちを伝えることから始めたカップルは第二子を授かるタイミングを得ています。

    まだ産後の性生活再開が難しそうな場合も、素直にそう相手に伝え、相手に対する気持ちが冷めてしまったわけではないことを明確にすると安心できるもの。
    手をつないで眠ったり、今までとは違うコミュニケーションで愛を深め合える時期でもあります。
    出典 :3/3 二人目がなかなかできない…二人目不妊とは [妊娠準備] All About
     


  • そろそろ2人目が欲しいけど、なかなかできない

  • そろそろ次の子どもが欲しいけれど、なかなかできない・・・。
    と思っていらっしゃる方は多いと思います。
    妊娠の相談のために産婦人科に行くとしたらいつ頃がいいの?と思われている患者さんには、子どもを作ろうと考え始め、妊娠できるような状態であるにもかかわらず、半年から一年ほどたっても妊娠しないような場合は受診してみるといいですよ、とアドバイスしています。

    出典 :ecomom[エコマム] ママこそ美しくすこやかに 第11回 二人目不妊で悩んだら
  • 「二人目不妊」治療の進め方

  • 治療の進め方は、1人目不妊も2人目不妊もだいたい同じです。
    検査もたいてい1回目と同様に、ひと通り行います。
    (中略)
    「第1子の不妊の場合、いつまでたっても妊娠できないと、治療者側もつらい治療になりますが、2人目不妊だと最終的には“1人でいいね”ということになりますね。
    ただし、患者さんにとって欲しい気持ちは、1人目も2人目も同じ。
    あくまでも、2人目が欲しいかどうか、そして夫もほしいかどうか、そして、どこまでがんばるかにかかっています。
    目安としては2年ぐらいですが、患者さんとよく話し合ってプランを立てていきます」(はるね先生)。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  • 子育てしながらの不妊治療は、また違った大変さもあるでしょう

     

    他の患者さんの精神面を考えて、子連れで通院できない病院もあるそう

  • 第一子にとって、歳の離れた弟妹は「宝物」です。それだけは言えます。

     

    元気な赤ちゃんが授かりますように…