食べ過ぎたら運動でカロリーをリセット!

美味しいものを目の前につい食べ過ぎた!さてどうする?食べ過ぎたら運動してカロリーリセットにトライ。

view4843

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食べ過ぎた翌日は食事の量を控えめにするか、運動することで挽回する!

  • 食べすぎたら早く消費しよう

     

    脂肪で脂っこいものや、炭水化物で甘いものを食べ過ぎてしまい、血液中の脂肪や炭水化物が満タンになり、それが血液中にある間に消費されないと体脂肪として蓄積されます。血液中にエネルギー源である脂肪や炭水化物があるうちに消費しないと脂肪になってしまうのです!

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/195460/

  • エクササイズのベストタイミング

     

    消化して血液中に脂肪や炭水化物が満たされ始めるのが食後1時間~2時間後。
    この前に運動をしても消化されていないものが胃に溜まっているので思うように運動できません。そこでお勧めの運動タイミングは
    1.食後1時間~2時間後
    2.当日中
    3.翌日
    となります。

    出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/195460/

  • ご紹介するスポーツは標準体重で500kcal以上、体重100kgオーバーの人が行うと1,000kcal以上も消費ができるというスポーツばかりを集めています。
    出典 :食べすぎをリセット!1時間で500kcal以上消費できるスポーツ | 美容ブログ [女性の美学]
  • 1. 水泳
    2. 自転車こぎとエリプティカルトレーナー 
    3. ダウンヒルまたはクロスカントリースキー
    4. バスケットボール(フルコート)
    5. ロッククライミング
    6. サッカー(競技)
    7. ランニング
    8. 縄跳び
    9. アイススケート
    10. ビンヤサヨガ
    出典 :食べすぎをリセット!1時間で500kcal以上消費できるスポーツ | 美容ブログ [女性の美学]
  • 運動を続ければ体のエネルギー代謝は改善する

     

     体重60kgの人が普通の速さでウォーキングを1時間行った場合、消費されるカロリーは約200kcal。運動中にエネルギー源として使われる糖と脂肪の割合は、運動の強度によって変化し、強度が低いと脂肪を使う割合が増え、強度が高いと糖を使う割合が増えるという。

    出典:http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2013/003295.php

  • 一般的な食事では3~4時間で消化吸収されますから、食べすぎた場合は、もう少し長い時間がかかる可能性があります。イメージとしては胃の中の食べ物を感じない状態が良いでしょう。夕ごはんを食べすぎた時は夜中に運動をするわけにはいかないので、翌日、翌々日くらいでとりすぎた分を消費したり、いつもより食事を控えたり、低カロリーのものを選ぶようにして調整するよう心がけましょう。
    出典 :フィットネスサポート | iTIPNESS
  • 一番体脂肪が消費されるのは空腹時と言われています。とはいえ、空腹状態で運動をすると集中力に欠け、効果的に運動することができないばかりでなく、ケガや事故の原因になるので避けましょう。
    出典 :フィットネスサポート | iTIPNESS
  • 朝から筋トレが効果的!

  • 朝から筋トレ?と思われるかもしれませんが、朝は代謝がいい時間帯。

     

    モーニング筋トレで筋肉を刺激し、さらに代謝アップさせれば、その効果は午後まで持続します。つまり、普通に行動していても体脂肪が通常よりも燃えやすく、カロリー消費しやすい状態に! さらに通勤時にエレベーターを階段に変えてみる、一駅歩いてみるなど工夫とやる気次第で、効果は絶大。

    出典:http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00000842

  • 食べたことをなかったことに!万能エクササイズ!

  • 1.足は腰幅に開く。この時、お腹を腰の方に引き寄せ、 背筋を伸ばし、姿勢を整える。

     

    出典:http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00000842

  • 2.息を吐きながら、右肘と左膝(出来れば、膝外側)をタッチ。 ギューっとお腹を縮めるように意識して。

     

    出典:http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00000842

  • 3.ゆっくり元の位置に戻る。左肘と左膝(出来れば、膝外側)をタッチ。

     

    ゆっくり元の位置に。この動作を左右15回づつを目安に。
    動作中は反動を使わず、ゆっくり動作する事がポイント。

    出典:http://magazine.gow.asia/life/column_details.php?column_uid=00000842

  • いかがでしたか?でもまあ、食べ過ぎないで腹八分にするように心がけましょう~☆