寒い時期にピッタリのダイエットとは?

以前は寒いと痩せにくいと言われていましたが、現在では寒い方が痩せやすいと言われています。今回は寒い時期にやってほしいダイエットをまとめてみました。

view552

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温浴ダイエット

    温浴ダイエット最大のポイントは、無理をせずじっくりとぬる目のお湯に長く浸かることです。入り方では寝湯がベストですが、できない場合は半身浴でも構いません。40度のお湯に20分、38度であれば30分入ってみてください。個人差はありますが、だいたい70~100kcal消費することができます。これは25分間ウォーキングしたのと同じ値になるのです。

     即効性を求めて、熱いお湯に我慢しながら入る方もいらっしゃるようですが、これでは心臓に負担をかけているだけで、健康的な入浴法とはいえません。よく温泉で熱い湯に浸かったあと、グッタリした経験はありませんか? その時は「日ごろの疲れが出たんだ」と思うかもしれませんが、それはまったくの錯覚。ただ湯疲れしてしまっただけなのです。

     温浴することは心も体もリラックスできることが最大の魅力なのですから、体には負担をかけず、自分のペースで入ることをオススメします。
    出典 :自宅で温浴ダイエット - gooダイエット
     

    ウォーキングをしたのと同程度カロリーが消費するのですね。

  •  

    長湯し過ぎてのぼせないようにしましょう。

  • 「お鍋ダイエット」

    運動が嫌いで何をやっても三日坊主で終わってしまう女性にとって、食べて痩せる「お鍋ダイエット」は、まさに最適なダイエット法! あの倖田來未さんも、出産後、お鍋ダイエットで16kgも痩せたのだとか。

    ■何鍋がダイエットに向いてるの?

    当然のことながら、お肉よりも野菜や魚を中心とした鍋がダイエットには向いています。一番のオススメは、湯豆腐や牡蠣鍋など、低カロリーのお鍋。また、体が温まり代謝を高め、脂肪燃焼を手伝ってくれるキムチ鍋もダイエット向きのお鍋なんです。

    ちなみに、絶対NGなのがすき焼き! 牛肉や砂糖を使っているため、食べ終わったあと逆に太ってしまうなんてことも...。


    ■お肉って使ってもいいの?

    鶏肉だとササミやムネ肉。豚肉や牛肉であれば肩やモモ部分が低カロリーです。反対に、鳥の皮や豚バラ、肉団子などは、高カロリーなので具材として使わないよう注意したいですね。


    ■たれをつけて食べても大丈夫?

    つけるのであれば、ゴマだれよりもポン酢がオススメ! というのも、ポン酢が大さじ1杯で約9kcalなのに対して、ゴマだれは約33kcalもあるのです。ゴマだれを使うのであれば、つける量に気をつけて食べる工夫が必要です。


    ■〆の麺やご飯はどうするべき?

    鍋のだしは、油が溶けてかなり高カロリーになっているので、基本的にダイエット中は厳禁です! でも〆がないお鍋なんて、楽しくないですよね(笑)。どうしても食べるのであれば、茶碗半分にするなど量を減らす努力を!


    高カロリーのものを使わないようにするだけで、とくに難しい決まりもなく、簡単にできてしまう「お鍋ダイエット」。これからの寒い季節にぴったりのダイエット法なので、ぜひチャレンジしてみてください!
    出典 :寒い時期に最適! おいしく食べてホントに痩せる「お鍋ダイエット」 | Glitty(グリッティ)
     

    温かくなってその上痩せられるのは嬉しいですね。

  •  

    わかっていると思いますが、食べ過ぎると逆効果です。

  • ホット・サワーダイエット

    実際にお酢を飲む健康法がつづいている人はどのくらいいるでしょうか? 体にいいと聞いて飲み始めたけど、すっぱいばかりで、思ったほど効果がなく、めんどうになってやめてしまった、という人も多いと思います。
    そんな人に、試してみていただきたいのが、ホット・サワー(お湯割り酢)です。お湯割り酢とは文字どおり、お酢をお湯で割って飲む健康法です。いままでのお酢を飲む健康法と大きく違うのは、「お酢をあたためて飲む」ということ。
    なぜ、あたためて飲むのかというと、じつはお酢には、体を冷やす性質があるからです。冷え症の人で、基礎代謝をアップさせたいからといって、冷たいお酢のドリンクをゴクゴク飲む人がいますが、これはまちがった健康法なのです。

    当院では、冷え症の患者さんにお湯割り酢を飲んだあと、しばらく横になってもらい、体温の変化を調べたことがあります。その結果、お湯割り酢を飲んで、1時間半後に末梢血管の血流がよくなり、深部体温(体の中の内臓の温度)が上がっていることがわかりました。
    本来なら、寝ているだけで体温が上がることはありえません。それも、あたたかいドリンクを飲んだ直後ならともかく、飲んで1時間以上もたったあとのことです。
    これは明らかにあたためたお酢を飲むことで、エネルギーの代謝がアップしたと考えられます。
    出典 :ホット・サワーダイエット - gooダイエット
     

    私はすっぱいの苦手ですからこれはパスですかねえ。

  •  

    温める方が効果があるのですね。

  • 冬の運動不足解消ダンベルエクササイズ

    ダンベルという負荷を使うことで、筋トレ効果で筋力をつけ、それによってメリハリのあるボディラインがつくられ、
    ゆっくりと呼吸に合わせる有酸素運動効果で体脂肪が落ちる。
    +「アミノ酸飲料」
    筋トレ中に摂取することで、筋肉の損傷を少なくし、筋力低下を抑制
    運動後の摂取で、筋トレによって傷ついた筋肉を修復



    背中側にある褐色脂肪細胞を刺激することで代謝を上げ、脂肪燃焼するエクササイズ



    ①ダンベルを両手に持ち、椅子やソファに座ります。

    ②小ボール、もしくはクッションを太ももに乗せ、上体を前に倒します。

       ③ゆっくりと息を吐きながら、両手を肩の高さまで引き上げます。
     
      ④ゆっくりと息を吸いながら両手を床に戻します。

    反動を使わず、ゆっくり8回×2セットを目安に動作しましょう

    出典 :冬のダイエット
     

    これを8回の2セットするのはかなりきついです。

  •  

    ダンベルは自分合った重さのものを使ってください。

  • 私のお薦めは自転車です。
    乗ってみて初めてわかりましたが、氷点下にでもならない限り、
    すごく暑いです。速く走れば消費カロリーもかなり高く、
    好きなだけガツガツたべているにも関わらず、
    一時期ガリガリになって周りに心配されてしまいました。
    出典 :寒い時期のダイエットについて…回答お願いします。こんばんは。中学生の女子です。... - Yahoo!知恵袋
     

    夏は暑くなりすぎて危険ですけど、冬なら最適ですね。

  •  

    出来る範囲でやりましょう。継続することが大事です。

  • やっぱりジョギングとかウォーキングとかは良いと思います。

    私は夕方ウォーキングしてます。

    ウォーキングする前はちょっと準備体操して体をあたためます。

    んでウォーキングしていくと途中から汗かきます。

    冬でも最後の方は汗かいて、寒いとは思いません。

    それにお風呂上がり・寝る前のストレッチも良いと思います。
    出典 :寒い時期のダイエット運動はみなさん何をしていますか?夏前までは夜にジョギング... - Yahoo!知恵袋
     

    運動系のダイエットは冬の方が良いですね。

  •  

    汗をかいたらすぐにふきましょう。風邪にかかっては元も子もありません。

  • 野菜スープダイエット

    野菜スープダイエットをやりました。 好きな野菜を沢山と鶏ささみを入れたスープを1週間 食事にします。何回食べてもOK.1週間で2キロ落ちて リバウンドもありませんでした。 痩せるからといって1週間以上続けるのは危険で す!!
    出典 :スープダイエット|ダイエット方法体験談・クチコミ広場|ダイエットナビ | CLUB Panasonic
     

    長期間は止めた方が良いのですね。

  •  

    美味しくて温まりますね。

  • ロングブレスダイエット

    呼吸法を変えるだけで痩せる、といま話題の「ロングブレスダイエット」。

    美木良介さんが考案した強く長い呼吸を繰り返す呼吸法により、内臓のまわりのインナーマッスルや腰痛の脊柱起立筋を鍛え、代謝をアップさせてシェイプアップやダイエットにつなげるというものです。

    今年5月18日に放送された『金スマ』(TBS系)によると、このダイエット法でなんと勝間和代さんがマイナス7kg、TBSアナウンサーの升田尚宏さんがマイナス12kg、金スマのディレクターさんにいたってはマイナス17kgの減量に成功したんだとか。

    劇的に効果を実感できるというこのダイエット法、口コミでもじわじわと評判を集めています。さっそく、そのやり方をご紹介しましょう!
     

    基本の呼吸法は以下の2つ。

    《その1》
    1. お尻にえくぼができるくらい下腹部に力を入れてまっすぐ立つ
    2. 足を前後にずらし重心は後ろに残し体に負荷をかけ前足から頭まで一直線になるような体勢をとる
    3. 3秒で鼻から息を吸って腕を回す
    4. 7秒で口から一気に息を吐き出す※長い呼吸を意識する、7秒中、前半3秒で息を吐き切り、残り4秒はお腹が震えるぐらいキープ、10秒×6回=1分行う

    《その2》
    1. お尻にえくぼができるくらい下腹部に力を入れてまっすぐ立つ
    2. お腹をへこませながら3秒で鼻から息を吸う
    3. 7秒で一気に口から息を吐き出す、息を吐く時もお腹はへこませたままで10秒×6回=1分行う


    美木さんのアドバイスによると、ポイントとなるのは

    ・呼吸の強さ
    ・上体は前後にそらさずまっすぐにすること
    ・息を吐くとき全身に力を入れる
    ・息を吸うときも吐くときもおなかをへこませる

    という点だそう。
    出典 :じわじわくる! 口コミで話題のロングブレスダイエットのやり方(動画あり) | Glitty(グリッティ)
     

    このダイエットも熱くなりますので冬にお勧めです。

  • 美木良介が教える健康エクササイズ 「ロングブレス」で体を変える! - YouTube

     

    お腹を凹ませて息を出すだけですけど、すぐに熱くなります。