寝ている時に呼吸がない!?睡眠時無呼吸症候群の原因とは?

気付かないままに放置して、大変な事態を引き起こすこともある「睡眠時無呼吸症候群」。どうしてそんなことが起こるのか、その原因とは?

view266

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠時無呼吸症候群って何?

  • 睡眠時無呼吸症候群(英:Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、人が睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返されるという病気です。

  • 睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気である。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群 - Wikipedia
     

    完全に呼吸が停止しなくても、呼吸が低呼吸になると、SASです。

  •  

    いびきの慢性化は、「無呼吸症候群」を引き起こします。

  • 「睡眠時無呼吸症候群」は、医学的に次のように定義されています。
    睡眠中に無呼吸を繰り返し、その結果、日中に眠くなる、熟睡感がないなどの種々の症状を呈する疾患。
    無呼吸(10秒以上の呼吸停止)をひと晩7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間当たりに5回以上起こす病態。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)はどんな病気?
     

    夜中にいびきをかいていたりするのも、もしかするとその兆候かも?

  • 睡眠時無呼吸症候群が交通事故を引き起こすって本当?

  •  

    気付かないうちに、夜の眠りが妨げられていることも。

  • 2003年2月に山陽新幹線で起こった列車緊急停止事故をご記憶の方も多いでしょう。乗客を乗せた新幹線が、運転士が眠ったまま時速270kmで走りつづけたのです。原因が睡眠時無呼吸症候群(SAS)による居眠りと分かり、社会に大きな衝撃を与えたのでした。
    出典 :SASについて | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    夜間の睡眠の質が悪いことが、こうして昼間の活動に影響を及ぼします。

  • 東京都江東区の首都高速湾岸線で昨年7月、車両運搬車がワンボックスカーに追突し、東京税関職員6人が死傷した事故で、東京地検は29日、自動車運転過失致死傷罪で、運搬車を運転していた賀沢武元運転手(71)を在宅起訴した。

     地検によると、賀沢被告は逮捕直後の調べに「居眠りをしていた」と供述。鑑定留置の結果、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがあると診断され、昨年9月25日に処分保留で釈放されたが、地検は刑事責任を問えると判断した。

    出典 :「睡眠時無呼吸症候群」疑いの元運転手を起訴 首都高6人死傷事故 - MSN産経ニュース
     

    SASの疑いのある人が引き起こす交通事故は後を絶ちません。

  • 睡眠時無呼吸症候群の原因は何?

  • 睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因としては、下記のようなものや傾向があるようです。

    ●肥満による首部分の脂肪の増加
    ●首が太くて短い人
    ●舌の付け根や軟口蓋(鼻と喉の境の部分)の気道への落ち込み
    ●小顎症(顎が小さい)、顎の後退
    ●扁桃肥大
    ●鼻の構造的な問題(鼻すじの彎曲、鼻が低い)

  •  

    気道が確保されないことで起きるのですね。

  • 睡眠時無呼吸は、上気道(空気の通り道)が閉塞することにより起こります。閉塞の原因は、首周りの脂肪の沈着、扁桃肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい(巨舌症)、鼻が曲がっているなどがあげられます。
    出典 :あなたのいびきは睡眠時無呼吸症候群?:SASについて:SASの原因・症状
     

    太っている人に多いのも事実ですね。

  • ●閉塞性睡眠時無呼吸症候群
    睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道を閉塞することが主な原因である。

    ●中枢性睡眠時無呼吸症候群
    脳血管障害・重症心不全などによる呼吸中枢の障害で呼吸運動が消失するのが原因である。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群 - Wikipedia
  • 睡眠時無呼吸症候群をチェック・検査する方法はあるの?

  •  

    セルフチェックで異常を感じたら、お医者様に相談を。

  • 一緒に寝ている人がいる、家族がいる人は、割と気付いてもらえやすい病気ですが、単身者などは気づかないままに病気が進行していることも?
    簡単に自分でセルフチェック&検査をしてみませんか?

  • 睡眠時無呼吸症候群の検査 - YouTube

     

    きちんとした検査の場合、こうした設備のある寝室で寝起きを行います。