高熱・咳・痰・胸が痛むなどの症状が出たら肺炎という病気の疑いありです

肺炎とは、主に細菌やウイルスが肺に感染して炎症を起こす病気です。がん、心臓病、脳卒中に続いて、日本人の死亡原因の第4位です。高齢者や慢性の病気を持っている方などは、とくに肺炎にかかりやすく治りにくい傾向があるので、予防や早めの治療が重要です。治療は抗菌薬などを使います。

view1140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺炎とは

  • 細菌やウイルスなどの病気を起こす微生物(病原微生物)が肺に入り感染し、肺が炎症を起こしている状態を「肺炎」といいます※。

    ※肺炎の原因には、微生物以外にも、化学物質の刺激やアレルギー反応によるものなどがありますが、一般に、単に「肺炎」といった場合は、微生物による肺炎を指すため、本コンテンツでは、微生物による肺炎を「肺炎」として解説しています。

    病原微生物の多くは空気と一緒に身体の中へ入ってきます。普通は、人間の身体に備わっているさまざまな防御機能が働いて、これを排除します。しかし、何らかの原因で体力や抵抗力が落ちていて、病原微生物の感染力の方が上回ると、肺炎になるのです。

    肺炎は、がん、心臓病、脳卒中に続いて、日本人の死亡原因の第4位になっている病気です。高齢者や慢性の病気を持っている方などは、とくに肺炎にかかりやすく治りにくい傾向があるので、予防や早めの治療が重要です。
    出典 :アステラス製薬なるほど
     

    抵抗力を落とさないように健全な生活を心掛けましょう。

  • 肺炎とは

  • 細菌やウイルスなどの病気を起こす微生物(病原微生物)が肺に入り感染し、肺が炎症を起こしている状態を「肺炎」といいます※。

    ※肺炎の原因には、微生物以外にも、化学物質の刺激やアレルギー反応によるものなどがありますが、一般に、単に「肺炎」といった場合は、微生物による肺炎を指すため、本コンテンツでは、微生物による肺炎を「肺炎」として解説しています。

    病原微生物の多くは空気と一緒に身体の中へ入ってきます。普通は、人間の身体に備わっているさまざまな防御機能が働いて、これを排除します。しかし、何らかの原因で体力や抵抗力が落ちていて、病原微生物の感染力の方が上回ると、肺炎になるのです。

    肺炎は、がん、心臓病、脳卒中に続いて、日本人の死亡原因の第4位になっている病気です。高齢者や慢性の病気を持っている方などは、とくに肺炎にかかりやすく治りにくい傾向があるので、予防や早めの治療が重要です。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|肺炎
  • 肺炎が起こる原因

  • 呼吸器の防御機能低下や病気、ストレスのために免疫力が落ちているときなどに、
    病原微生物に感染すると肺炎が起こりやすくなります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|肺炎 病気の基礎知識
  • 呼吸器

     

    鼻から肺までを呼吸器といいますが、
    鼻からウイルスや細菌が入ってきた場合、
    普段ならば毛や粘膜・咳などで、
    追い出すのですが、ストレスや体力低下などで、
    追い出せなかった場合、
    肺までウイルス・細菌が入ってきて、
    肺炎になってしまうのです。

  • 症状・検査

  • 高熱
    38度以上の高熱が出ます。ただし、高齢者の肺炎の場合は、熱が出ないこともあります。

    咳・痰
    激しい咳が出ます。非定型肺炎の場合は、痰を伴わない乾いた咳が長く続くことが多く、細菌性肺炎の場合は、黄色や緑色を帯びた痰を伴う湿った咳が出ることがあります。病原微生物の種類や炎症の場所によって異なるので、適切な治療を受けるためにも、痰の色や粘性などは医師に伝えましょう。

    胸が苦しい(呼吸困難)
    血液の中の成分や細胞内液が染み出て肺胞の中に水がたまり、胸が苦しくなることがあります。重症になると、血液の中の酸素が不足して、顔や唇が紫色になるチアノーゼが現れることもあります。

    胸が痛む(胸痛)
    炎症が肺を包んでいる「胸膜」にまで及ぶと、胸が痛くなることがあります。

    その他の症状
    食欲不振、倦怠感や悪寒、筋肉痛、関節痛、頭痛などの症状が出ることがあります。また、呼吸数や脈が早くなります。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|肺炎 病気の基礎知識
  • 検査いろいろ

     

    問診や聴診などの診察の他に、次のような検査を行って、肺炎であるかどうかを診断します。また、原因となっている病原微生物が何であるかを特定するために、痰や尿を調べることがあります。

    【肺炎であるかどうかを調べる検査】
    ・画像検査
    ・血液検査

    【原因となっている病原微生物を調べる検査】
    ・喀痰検査
    ・迅速検査

  • 治療の必要性

  • 治療が遅れると、重症化し命にかかわることもあります。
    肺炎が疑われる時は、早めに病院・診療所を受診して治療を受けることが重要です。
    特にご年配の方は亡くなる原因になりやすいので、ご注意を。

  • 慢性病持ち

  • 風邪・インフルエンザ・慢性病持ちはマズイ

     

    風邪やインフルエンザをこじらせると、
    肺炎になる恐れがあります。
    また呼吸器・内臓・脳などの
    慢性の病気でも肺炎を引き起こすことがあるので、
    気を付けましょう。

  • 治療は?

  • 病原微生物を死滅させる抗菌薬が中心です。
    肺炎の治療は、以前は、入院して注射薬で治療することが原則でしたが、最近は優れた経口抗菌薬が用いられるようになったため、患者さんの状態によっては外来で飲み薬を中心とした治療も行えるようになってきました。
    その他、さまざまな症状をやわらげるために、咳を鎮める鎮咳薬(ちんがいやく)、熱を下げる解熱薬、痰を出しやすくする去痰薬、息苦しさや咳をやわらげる気管支拡張薬などが、症状に応じて処方されます。

    体力・抵抗力を高めるためにも、保温して安静にしましょう。
    また、熱や食欲不振による脱水症状を防ぐため、水分を十分に補給し、栄養もしっかりとるようにしましょう
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|肺炎 病気の基礎知識
  • 普段心掛けること

  • 体力・抵抗力を落とさないようにしましょう。
    食事管理・運動・ストレス解消など。

  • 治療はいつ終わる?

  • 体調が良くなっても、菌が死滅するまでは
    お薬はきちんと飲みましょう。
    ぶり返さないように、
    医師がいいと言うまでは飲みましょう。