事前に正しい知識を!妊娠初期に喘息の吸入

何かと不安ごとが多い妊娠初期、喘息に悩む妊婦さんもいます。
普段常用している喘息の薬を持っていても、妊娠中ともなれば使用して良いものか悩んでしまうところ。
そこで今回は、妊娠初期における喘息の吸入についてまとめてみました。

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 吸入ステロイドの胎児への影響について

  •  

    そもそも喘息などで処方される
    吸入薬(吸入ステロイド)にはどんな特徴があるのでしょう。

  • それでも「妊娠中の喘息の吸入」、有無の表現は難しい!?

  •  

    飲み薬よりも副作用が少ないイメージの吸入薬。
    それでも妊娠中となると、使用の有無の表現は難しいようです!

  • 薬と病気を、常に天秤にかけて、薬の使用を判断しなければなりません。
    喘息治療薬の吸入ステロイドは、気道の局所にだけ作用するように開発された薬ですが、ごく一部は肺胞から吸収されますので、全身的影響が全くないわけではありません。それで、妊婦には慎重に投与すると微妙な表現になっています。
    出典 :妊婦における吸入ステロイドについて教えてください/千葉県
  • 知っておこう!喘息の吸入を我慢しては逆に危険!?

  •  

    喘息を我慢すると、酸素不足になり、胎児に酸素が足らない事態に!
    喘息もちの方は、予め産科と内科の主治医に相談しておきましょう。

  • 胎児のためと、発作を我慢するのは逆効果です。一番避けたいのは、胎児の酸素不足です。喘息の治療薬は飲み薬、吸入薬ともに安全なものが多いのです。 ただし、新しい抗アレルギー剤の様に安全性が不明なものもあります。産科と内科の主治医に相談して治療を決めてもらい、健康な赤ちゃんを上手に生んでください。
    出典 :村山内科クリニックへようこそ - Q&Aのコーナー
  • 喘息の場合は毎日発作が起きるような重症でも、薬を使わずに我慢するのが胎児によいか、という問題です。母親が息苦しかったら、おなかの子供も息苦しいのです。呼吸はしていませんから息苦しいわけではありませんが、明らかに酸素が欠乏している状態です。もしそんなことが起きてしまったら、時期の問題よりも発作を鎮めることが最優先になります。
    出典 :喘息治療薬の妊婦への副作用
  •  

    ただでさえ色んなことが気になる妊娠初期、そんな時期に喘息が起こってしまったらとても不安になってしまいますね。
    そこで、妊娠初期の喘息について皆さんの経験談、どのように対応したのかを教えてもらいましょう。

  • 初期に喘息発作・・。歩いて近くの病院へ行き、途中でもう死ぬかと思った・・・。
    妊娠しているかもしれない事も伝えたら、「それならなおさら発作を治す方が先だ!赤ちゃんに酸素がいかない!」と言われましたよ。
    出典 :妊娠初期ですが喘息発作で眠れません・・・ - 妊娠 - 教えて!goo
  • 私はステロイド剤に抵抗があったので、なかなかちゃんと通って治療するという気になれなかったのですが、妊娠中に背に腹は変えられないと思い、通っている産婦人科と同じ大学病院の呼吸器内科を受診しました。何かあったら産婦人科と連携が取れると思ったのと、通うのが楽だったからです。
    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
  • 私も喘息持ちです。妊娠初期から隣の市の市民病院の産科と呼吸器内科のダブル受診で、妊婦生活を送りました。産科の先生も呼吸器の先生も「母体の健康管理がお腹の赤ちゃんにとって一番大切な事。薬については妊婦でも飲める(使える)ものしか処方しないから安心して」と言われました。
    出典 :喘息持ちの妊娠 不安 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • 正しい知識で喘息を乗り越えよう!

     

    いかがでしたか。
    妊娠初期に喘息が起きたとき、どのように対応したらよいかを事前に知ことが大切!そのためにも、喘息の心配がある方は自分の体と薬の相性も含め、お医者さんに予め相談しておきましょう。