鉗子分娩って知っていますか?

出産が近くなると、いろいろ不安になるものです。分娩の方法にも幾つかあり、医師と相談が必要ですが、日本では主流ではありませんが、外国ではこちらの方が多いのが鉗子分娩です。
正確な情報を得ておくことが大事です。

view470

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鉗子分娩とは?

  • 鉗子分娩で使う鉗子という器具は金属製の2枚のへらを組み合わせたはさみのようなもので、これで赤ちゃんの頭を両側からはさんで引き出します。
    今のように帝王切開の技術が発達していなかった頃の日本では緊急時に対応する分娩法としてこの鉗子分娩が盛んに行われていました。

    ただ鉗子の取扱いや操作が難しいため、最近の日本では吸引分娩の方が多く用いられています。でも、鉗子での索引は確実で優れているため、外国では鉗子分娩の方が主流です。
    出典 :鉗子分娩
  • 鉗子分娩の条件

  • ●赤ちゃんが頭位であること
    ●赤ちゃんが十分に下降してきている(赤ちゃんの頭が見えるくらいまで:発露~排臨)
    ●子宮口が全開大またはそれに近い状態であること
    ●破膜(破水)していること
    ●明らかなCPD(児頭骨盤内不均衡)がないこと
    ●すぐに帝王切開に切り替えられる状況であること
    出典 :鉗子分娩
  • 日本では吸引分娩の方が多いです。

  • 多い=もっともすぐれている、ではありません。個人によって状況は違います

  • 吸引分娩は金属製(ハードカップ)又はシリコン製(ソフトカップ)の丸い大きなカップを赤ちゃんの頭に当て、カップ内の空気を抜き、吸引力によって赤ちゃんを引き出します。
    以前は鉗子分娩の方が多く行われていましたが、鉗子より操作が容易で安全性も高いため、最近では吸引分娩の方が多く用いられています。
    でも吸着力には限界があるので索引効果は鉗子分娩より劣ることがあります。

    出典 :吸引分娩
  • それぞれに利点、欠点があります。

  • 各自の状況に応じた分娩方法を医師と相談しましょう。最初から個人の判断で決めつけてしまうのは危険です。

  • 鉗子分娩はこんなときに

    --------------------------------------------------------------------------------

    ●子宮口が全開大またはそれに近い状態であるのに、赤ちゃんが下降せず分娩が進行しない場合
    ●ママの疲労が強く、十分な努責がかけられない場合
    ●微弱陣痛
    ●赤ちゃんの回旋異常
    ●心音の低下など、胎児仮死におちいる可能性がある、またはおちいっている場合

    吸引分娩と同様ですが、鉗子分娩の方が索引力が大きいため高い位置でも可能です。

    出典 :鉗子分娩
  • 吸引分娩はこんなときに

    --------------------------------------------------------------------------------

    ●子宮口が全開大またはそれに近い状態であるのに、赤ちゃんが下降せず分娩が進行しない場合
    ●ママの疲労が強く、十分な努責がかけられない場合
    ●微弱陣痛
    ●赤ちゃんの回旋異常
    ●心音の低下など、胎児仮死におちいる可能性がある、またはおちいっている場合

    鉗子分娩と同様ですが、吸引分娩よりも鉗子分娩の方が索引力が大きいため高い位置でも可能です。
    出典 :吸引分娩
  • 参考までに:様々なQ&Aを集めました。

  • 様々な意見をネットで集めるのも大事ですが、ここでもやはり最終的には医師と相談しましょう!